ご夫婦でも財産はわけて管理したほうが相続の時に困らなくてすむ。

Pocket

今日は少しばかり寒い沖縄です。
お客様にいただいたタートルネックのセーターを着て、クラムチャウダースープを飲んでいると北国にいるような感覚です。
明日は立春ですが、一年でも寒い時期ですね。
僕は好きな季節です。
暑いのよりは寒いほうが好きな沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

預貯金口座を分けておく

昨日かいたブログが好評でした。
金融機関の預貯金口座が凍結された場合の解約方法です。

知ってますか?故人の金融機関が凍結された時の解約方法とは?

ご夫婦でどちらか一方の口座に偏っていると困ったことも起きますからね。
多くは、夫の口座にほぼ固めてしまうということがあるかもしれませんが、旦那さんが亡くなり、口座が凍結されると奥様の生活に支障が出てくることもあるかもしれません。
預貯金口座がわかれていれば、当面の生活費などで困ることはないかもしれなきですね。
できれば、ご夫婦でしっかり財産を分けて管理することも必要だと思います。

婚姻期間中に作った財産は夫婦の共有財産

離婚のときなどに、財産分与で問題になることがありますが、婚姻期間中に築いた財産は原則として夫婦の共有財産になります。
例えば、家を建てるにあたって土地を購入し、新築の住宅を建てて夫名義にしていたとしても、万が一離婚となったら、財産分与の対象ともなります。
それ以外に、夫の口座に積み立てた預貯金などもそうです。

例外的に、独身期間中に築いた財産や相続した財産などは除外されます。

結婚したから全ての財産をどちらかにまとめるというのは、相続の時にも支障が出る可能性があるので、夫婦といえども分けて管理してみてはどうでしょうか?

こんなことをいうと、奥様から離婚を突きつけられる旦那さんが増えそうな気もしますが、それは仲良くやってください。

今日のJAZZ

全世界で1,000万枚以上売れているジャズ・アルバムがあります。
トランペッターのマイルス・デイヴィスの『Kind of Blue』(カインド・オブ・ブルー)。
一曲目に収録されている《So What》はマイルスの口癖「だからどうだっていうんだ?」をそのまま曲にしたもの。
ジョン・コルトレーン(テナー・サックス)、キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)、ビル・エヴァンス(ピアノ)、ウィントン・ケリー(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)やジミー・コブ(ドラム)といったそうそうたるメンバーが加わっているアルバムは聴きごたえ抜群です。
静かな調和を生み出すマイルスのセクステットは、JAZZ初心者にも聴いてもらいたいですね。

【相続セミナー・説明会情報】

「円満かつ円滑な相続の準備 ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮題)

【開催概要】

◇開催年月日: 平成30年2月27日(火)
◇時間:午前10:00 ~ 11:45  ◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名  ※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話 098-861-3953
◇メール お問合せフォーム 題名に「2/27セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階 小会議室
那覇市松尾1-6-1 駐車場有(セミナー参加者無料)

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 でのジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
電 話 098-861-3953
F A X  098-862-8641
メール お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です