今年の目標は「健康第一」でした。努力が必要でしたが達成できました。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

今年を振り返る

2020年も大晦日を迎えました。
残すところあと8時間弱です。

波之上宮

波之上宮拝殿。今年も見守っていただいたことへの御礼に伺いました。

今年は世界中に激震が走ることがありました。
今もまだなお続く新型コロナウイルスの脅威です。

昨年の大晦日に、2020年の年の瀬がこんな状況になっていると予想した人はいなかったでしょう。

中国武漢に端を発した新型コロナウイルス感染拡大に世界が閉ざされてしまいました。
多くの方が感染し、重症化し、死亡に至る人もかなりの数に上ります。

日本でもクルーズ船での感染があり、クローズアップされて徐々に日本中に広がっていき、今も感染者が増え続けています。

当初はその正体がわからず、インフルエンザまたはただの風程度だと考えている人も多かったようですが、タレントの志村けんさんや女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスに感染し、短期間で亡くなってしまう悲報を受け、日本中がそのウイルスの恐ろしさに気が付いたのではないでしょうか。

三密(密閉・密集・密接)を避け、マスクを着用し、手洗いやうがいを徹底することが叫ばれ、多くの人が真剣取り組んでいます。

密閉された空間でのコンサート、ライブ、イベント、多人数での会食や長時間の飲食などを控えるような緊急事態宣言も発せられ、都道府県をまたぐ移動も自粛が叫ばれ、海外渡航も難しい状況で、生活様式や行動がガラッと変わった年でした。

沖縄は観光業や外食産業に支えられている部分が多く、多くの人が打撃を受けました。
僕自身は、自宅兼事務所から歩いて行ける観光の中心地でもある国際通りを通るたびに歩く人の少なさや多くのお店が閉店している状況に愕然とする思いでした。

僕の仕事も少しばかり影響を受けましたが、深刻な状況ではありません。

また、日本国民の多くが待ち望んでいた2020東京オリンピックも延期となり、日本中が落胆したのではないでしょうか。

しかし、そんな中でも新たな生活様式や行動様式に慣れようと工夫し、感染対策を図りながら経済を回していこうという試みも進められています。
政府の対応には不満も大いにありますし、困窮者を救う方策をもっとすべきだと考えられています。

そんな2020年でしたが、振り返ってみると年の初め元旦に目標を立てていました。
ブログにも書いています。

2020年の目標はシンプルに!

ということは2020年の目標は健康第一!
どんなことに対応するにも心身ともに元気でなければいけません。
2020年は健康に気を付けて、適度な運動をしていきたいと思います。
(2020年1月1日ブログより抜粋)

「健康第一」が目標だったんですね。
というのも2019年の大晦日からお正月3が日は、長男の住む京都市へ家族全員で旅行し過ごしたのですが、僕は風邪をひいて寝込んでいたのです。

ですから、今年は健康第一でいたいと思っていたんですね。
どんなに知識があって経験があっても思うように体が動かなければ、パフォーマンスが悪くなりますからね。

そういう風に考えると健康が大事だと改めて考えていたのです。

今年は新型コロナウイルスの感染が広がる中、感染予防やステイホームを心掛け、少し運動をして抵抗力を上げて健康にかなり気を使いました。
お陰で、風邪もひくことなく一年を過ごすことができました。

今は、医療機関も大変な状況で一時も気が抜けない状況にあり、医師、看護師、薬剤師や医療関係者がかなりのストレスにさらされながら、多くの命を救おうと奮闘されています。

僕らは体調管理、健康第一であることで、医療関係者の皆さんの労に報いることができるのではないかとも考えるのです。

今年の目標はシンプルでしたが、達成には努力のいることでした。
大晦日を迎え、その目標を達成できたことは喜ばしいことです。

皆さんも、お体には気を付けて年末年始をお過ごしください。

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

行政書士ジャジー総合法務事務所 看板の前でジャジー 20201231

行政書士ジャジー総合法務事務所の看板の前でジャジー。 2020年大晦日。

今日のJAZZ

大晦日ということで厳かなジャズを紹介したいと思いますが、思いついたのが、トランぺッター、マイルス・デイヴィスの名盤中の名盤『Kind of Blue』です。
モダンジャズの代名詞といってもいいのではないでしょうか。
世界中で1,000万枚以上をセールスし、未だに売れ続けているアルバムです。
一曲目の《So What》の静謐なイントロからもう引き込まれてしまいます。
ジャズを聴くならこのアルバムからお勧めします。
大晦日の大事な時間を過ごすB.G.M.としても最適ではないでしょうか。
今年もこのコーナーをお読みいただいた皆さん、ありがとうございました。
来年もいいジャズを紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮題)

開催日時:令和3年1月27日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細が決まりましたら当ブログで告知いたします。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください