【気分で聴くジャズ6選】その時の気分でジャズを聴くと想い出深くなるかも。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

気分次第のジャズ

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)収録 20200914

おもろまちアップルタウン2階のFMレキオスタジオにて収録。

午前中はラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の収録でした。
事情があってオープニング曲がいつもと違います。
事情とは・・・ラジオを聴いてください!(笑)
いるもと違う曲とはいえ、急遽オープニングに選んだ曲は、思い出深い曲を選曲していました。
スマホのアプリ(こちらをクリック)でも聴けますよ。お楽しみに!

 

人には思い出に残る、印象に残る音楽があると思いますよね。
僕にもあります。
古くでいうと小学生の頃の思い出の曲は寺尾聰さんの《ルビーの指輪》です。
日曜日に少年野球の帰りに監督の車で送ってもらっていたのですが、車の中でかかっていた曲で妙に印象に残っていました。

少年野球時代「松尾カープ」開南小学校

少年野球時代「松尾カープ」背番号3。開南小学校。

とても人気のある曲でしたよね。
年を取ってから僕の容姿が寺尾聡さんに似ているといわれるようになったのは、偶然ではないでしょう(笑)
最近は俳優さんとしてTVで見かけることが多いかな。

今でも《ルビーの指輪》を聴きたくなることがありますが、最近は、ジャズにはまってますので、ジャズを聴くことが多いのですが、急に聴きたくなる曲がありますね。

このブログでも毎日、ジャズを紹介していますが、自分が聴きたくなった演奏を紹介していることも多いですね。
気分次第で聴いてますが、自分の好きなジャズの傾向も出てくるように思います。
ただ、初心者ですから選択の幅は狭い(笑)
だから、ネットやYoutubeなどでのお勧めのジャズを聴くことも多い。

僕は1950年代、60年代当たりのジャズが好きで、バラード系が好みです。
まだ、詳しくはないのでジャズ・ジャイアンツ、有名なミュージシャンの演奏を聴く傾向にあります。

なんにせよ、気分次第でジャズを楽しんでますが、いいジャズがたくさんあるので、聴くのには困らないですね。
気分次第で聴いたジャズでも思い出深いものをあります。
それこそ、人生を変えるジャズだったのかもしれない。
その話は、長くなりそうなので、またの機会に・・・

誰もがそんな音楽があるかもしれないですね。

人生が変わる55のジャズ名盤入門

人生が変わる55のジャズ名盤入門

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもその時の気分次第で、いいジャズを選曲してました。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ソニー・クラーク《Cool Struttin’》

昨晩、久しぶりにピアニスト、ソニー・クラークの《Cool Struttin’》を聴きました。
いい演奏ですよね。
アルバム・ジャケットが印象的ですが、演奏もいい。

デイブ・ブルーベック《Take Five》

久しぶりに聴きたくなったのが、ピアニスト、デイブ・ブルーベックの《Take Five》です。
ジャズの名演の一つですね。
日本ではとある栄養ドリンクのCMに使われていたようで、多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。
僕のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)のオープニングでも1年ほど流させてもらってました。
バンド・メンバーのサックス奏者ポール・デズモンドの作曲です。

ウェス・モンゴメリー《California Dreaming》

9月に入り沖縄の陽射しも少し和らいできました。
そんなにじりじりとした暑さはない。
爽やかな暑さといった感じかな。
そんな風に思ってたら聴きたくなったのが、ギタリスト、ウェス・モンゴメリーの《California Dreaming》です。
爽やかな演奏で、気持ちがいいです。

ジョン・コルトレーン&スタン・ゲッツ《Autumn in New York》

まだ、暑い日が続きますが沖縄も陽射しは和らいできました。
沖縄は10月終わりごろまで暑い日が続きクーラーが必要で、秋はないような感じがします。
僕の好きなニューヨークは涼しくなってきていることでしょう。
新型コロナウイルスがなければ、久しぶりに秋のニューヨークを旅したいと考えていたのですが、無理そうですね。
気分だけでもニューヨークの秋を感じようとジョン・コルトレーンとスタン・ゲッツの二人のサックス奏者が共演する《Autumn in New York》を聴いています。
セントラルパークを散歩しながら聴きたいですね。

ジョン・コルトレーン《Theme For Ernie》

プレゼントに頂いたTシャツはサックス奏者ジョン・コルトレーンの初期の傑作として評価の高いアルバム『SOULTRANE』のジャケット・デザインを模したものでした。
クールでとてもカッコいいTシャツです。
アルバムの中から《Theme For Ernie》を聴いています。
綺麗なバラードです。
コルトレーンのサックスも優しい。

シンダ・ウィリアムズ《Harlem Blues》

なんだか急に聴きたくなったのが、シンダ・ウィリアムズの《Harlem Blues》です。
とても色っぽい歌声でムーディー。
スパイク・リー監督の「モ・ベタ・ブルース」で歌われた曲です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年9月29日(火) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください