【クラシック×ジャズ6選】ジャズ以外にもクラシックなどいい音楽を聴き完成を磨きたいと思います。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

完成を磨く

先週の水曜日に約半年間学んできたエクスマ学院の最終講がありました。
当初は伊豆で合宿の予定でしたが、このご時世なのでリモートで開催されました。

エクスマ学院の目的は、「リベラル・アーツ」(自由になる技)すなわち教養を身に付けることでした。
藤村先生は、エクスマ学院で経営者がビジネスにも通じる教養を身に付けてもらいたい、そしてその身に付け方を知ってもらいたかったと思っています。

その最終講で藤村先生からお話があったのが「クラシック音楽」でした。
クラシックについて、最低限これだけ知っていれば今後興味がわくこともあるのではないかという、ことでしたが、藤村先生はジャズの次にクラシックが好きだということで、改めてその知識の深さと教養に驚かされました。

クラシック音楽は「18世紀から19世紀のヨーロッパの音楽のことで、大まかにはバロック、古典派、ロマン派に分けられる」ということすらも初めて知りました。
面目ない話です。

エクスマ学院 第6講 藤村正宏先生「クラシック音楽とは」

エクスマ学院 第6講 藤村正宏先生「クラシック音楽とは」

ただ、クラシックの音楽家は、バッハ、ベートーベン、シューベルト、ワーグナー、ドビュッシー、サティやラフマニノフなどの有名どころは名前を知ってましたし、曲もいくつかは聞き覚えのあるものです。

僕もジャズを勉強する中で、クラッシックを多大な影響を与えていることは分かっていましたが、なんとなくクラシックは手を出していなかった。
マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスもクラシックからヒントを得て曲を作っていたようです。

マイルスは自宅ではクラシックしか聞いていなかったそうですしね。

多くのジャズメンが最初からジャズを始めるのではなく、クラシックから始めたことが多いようですね。
音楽理論を学ぶのにもクラシックは欠かせないでしょう。

僕も先週水曜日からはクラシックとジャズを交互に聴いていますが、クラシックでも静かな演奏が好きですね。
これからもジャズだけでなく、クラシックや他のジャンルも聴きながら完成を磨きたいと思います。

マイルスも言っているように「音楽をジャンル分けするなんて意味がない。いい音楽があるだけだろ。」ということを頭の片隅において、勉強し、音楽に親しみたいと思います。

ジャズアルバム 左マイルス・デイヴィス 右ビル・エヴァンス 上ベストヒット

ジャズアルバム
左マイルス・デイヴィス
右ビル・エヴァンス
上ベストヒット

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
先週の水曜日(1/13)にクラシック音楽についてまなぐ機会があったので、クラシックに縁があるまたは影響を受けた演奏を意識して聴いていましたね。
振り返ってみてもいい演奏ばかりです。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

オスカー・ピーターソン《Girl Talk》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Girl Talk》を紹介します。
小気味いい音色が心地よいですね。
ゆったりした中にも強弱があり、感情がこもっているように聴こえます。
聴いていて飽きないし、自然と体が揺れだします。

ビル・エヴァンス《It Might As Well Be Spring》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《It Might As Well Be Spring》を紹介します。
一言でいえば綺麗な演奏です。
二言目には言葉はなく、ため息が出ます。
エヴァンスの演奏をあれやこれや説明するような野暮なことはせずに、とにかく聴いてくださいよ、といいたい曲ですね。
こんな紹介文でいいのかと思いつつ、真剣にそんな風に思う演奏です。

マイルス・デイヴィス《So What》

昨日(1/13)、師匠藤村正宏先生からクラシック音楽の話を聞いた中で、見覚えのある名前がありました。
フランスの作曲家クロード・トビュッシーです。
名前が印象的だったので、覚えていましたが、トランぺッター、マイルス・デイヴィスの代表作『Kind of Blue』に収録されている《So What》はドビュッシーの前奏曲集第一巻に収録されている《Voiles》(ヴェール)がベースとなっているそうです。
マイルスは自宅ではジャズではなく、クラシック音楽をよく聴いていたそうです。
マイルスの音楽はクラシックからも多くのヒントを得ていたようですね。

ビル・エヴァンス『Bill Evans Trio with Symphony Orchestra』

師匠藤村正宏先生からクラシック音楽の話を聞いてからクラシックも聴いています。
ただ、ここで紹介するのはジャズ。
ジャズとクラシックの関りを探していたら、ピアニスト、ビル・エヴァンスがオーケストラと共演したアルバム『Bill Evans Trio with Symphony Orchestra』があることが分かりました。
ジャズとクラシックが融合し、素敵なセッションが繰り広げられています。
その中でも、クラシック音楽の大家バッハの《Siciliano》をモチーフにした《Valse》はとても綺麗な演奏でした。
エヴァンスはクラシックも参考にして作曲、演奏していたようですから、おのずとマッチしますよね。

ビル・エヴァンス《Beautiful Love》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Beautiful Love》をB.G.M.にブログを書き上げました。
クラシック音楽に親しんだエヴァンスの演奏は、美しく、繊細で、優しいものでした。
この演奏をそんな感じがします。

山中千尋《乙女の祈り》

日本人ジャズ・ピアニスト、山中千尋さんがポーランドの作曲家テクラ・バダジェフスカの《乙女の祈り》をジャズ・アレンジしていました。
ショート・ヴァージョンですが、山中さんのスピード感溢れる演奏でクラシックが聴ける。
ジャズの面白さですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年1月27日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください