【気分次第のジャズ6選】あえて気分とは逆のジャズを聴いてみる。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

あえて気持ちとは逆の雰囲気を選曲する

僕がジャズを聴くのは癒しのためが一番ですが、非日常に浸りたい時にはジャズ・クラブに足を運んだりします。

特にバラードなどを聴くと気持ちが落ち着きますね。
また、気分を上げたい時にはアップテンポの演奏を聴きます。

ジャズクラブで、落ち着いたバラードを聴きながら飲むジントニックも美味い。

ジャズ&ジントニック

ジャズ&ジントニック

一方で、ジャズを選曲する時には、自分の気持ちとは逆を選曲することもあります。

どういうことかというと、気持ちが落ち込んでいるときにはアップテンポな元気の出る曲を選ぶ。
スウィンギーなジャズを選ぶ。

なんだか気持ちが高揚しているときには、バラード系を聴く。
気持ちを落ち着かせるためです。

なかなかやる気にならないけど、ここ一番で、頑張らなければ!と思った時にはホットな演奏を聴いたりする。

音楽は人の気持ちに寄り添い、時に力を与え、時にマイナスの方向に進むことがあるかもしれません。
音楽にはよい力と危険な力があると思う。

特に落ち込んでいるときに、自分の体験にあったような歌詞のある曲を聴いていると、危険なこともあると思う。
最近は芸能人のショッキングなニュースが続いていて、死の直前に音楽を聴いていたかもしれない、どんな音楽を聴いていたのだろうか、と考えてしまいます。

もちろん、歌や音楽に責任はないと思うけど、選曲する時には気分とは逆の選曲をしてみることもいいのではないでしょうか。
気持ちが弱っているようなあまりにも落ち込んだり、寂しい時には明るい元気な曲を聴いてほしいと思います。

ポートレイト・イン・ジャズ Kind of Blue ジントニック

ポートレイト・イン・ジャズ Kind of Blue ジントニック

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です
振り返ってみると前半はバラード系で後半はミドルまたはアップテンポの演奏を聴いてますね。
僕の気分はその逆だったのかな。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

チェット・ベイカー《Alone Together》

悲し気な演奏の代表格と言えばトランペット奏者チェット・ベイカーでしょうか。
その哀愁を帯びた音色は元気な人でも寂しくなる(笑)
ということでチェットの《Alone Together》を聴いています。
寂し気満載っですが、いい演奏に変わりはないです。

チェット・ベイカー《Almost blue》

昨日(9/22)に引き続き物悲し気な代表格トランぺッター、チェット・ベイカーの《Almost blue》を紹介します。
生き方がそのまま出ているような演奏ですね。
昨年はチェットの人生を描いた映画を2本ほど観ましたが、多くの愛してくれる人がいたのに悲しき人生を送っていた。
人の気持ちの闇は他人には計り知れないですね。

ビル・エヴァンス《Nardis》

AmazonEchoに「アレクサ、ジャズをかけて!」と声を掛けたら一曲目に流れてきたのが、ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Nardis》でした。
アレクサのセンスに関心しつつ聴いてますが、落ち着いたいい演奏ですね。
エヴァンスもこの曲が好きで、生涯を通して何度も演奏していたそうです。
本人のお気に入りなのだから間違いないですね。

ハンク・ジョーンズ《Beautiful Love》

ピアニスト、ハンク・ジョーンズの《Beautiful Love》をB.G.M.にブログを書いています。
変幻自在な演奏で、非の打ち所がないピアニストと評されています。
僕には細かいことはわかりませんが、美しさと力強さを備えているハンク・ジョーンズの演奏が好きですね。

ハービー・ハンコック《Cantaloupe Island》

マイルス・デイヴィスのバンドでも活躍し、今もなお活動を続けるピアニスト、ハービー・ハンコックの《Cantaloupe Island》を聴いています。
ジャズのスタンダードとなった曲ですが、クールでシャープな演奏です。
メンバーも知ってる顔ばかり。すごい演奏です。

コールマン・ホーキンス《Honeysuckle Rose》

サックス奏者コールマン・ホーキンスの《Honeysuckle Rose》を聴いています。
スウィンギーな賑やかな演奏です。
昔のダンスホールで流れていたような演奏です。
これもジャズなんですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年9月29日(火) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください