相続人がスッキリとゴール・テープを切るためにあってほしい遺言書。


JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えも書いていますよ。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら嬉しいです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

遺産の分け方はどのようにして決まる?

誰かが亡くなると、相続が開始します。
相続の開始と共に被相続人(故人)の財産(正・負の財産)は、相続人(遺族のうち相続する権利のある者)が包括的に承継します。

遺産は、遺言書があれば、被相続人の死亡と同時に効力が発生し、遺言書に記載されている通りに相続することになります。

遺言書がない場合には、相続人全員で遺産の分け方について話し合いをして、誰が、どの財産を、どれだけ相続するかを決めます。
この話し合いを遺産分割協議と言いますが、相続人全員が合意しなくてはならないので、これがなかなか難しい。

というのも、家族と言えどもお金の分け方を腹を割って、率直に、後腐れなく話し合うのはなかなか大変なのです。
相続人は皆、それぞれの事情があり、お金を必要としていたり、相続に関する考え方を持っているからです。
遺産分割協議の困難については、次のブログが参考になります。

相続人間で遺産分割協議が整わない場合には、家庭裁判所に調停・審判の申し立てをすることになります。

相続手続きを陸上競技に例えると

相続を陸上競技に例え、遺言書がある場合を100M走としましょう。
あっという間に走り切ります。
運動不足でも健康な50代の成人男性なら15秒もあれば走り切れるのではないでしょうか。

ちなみに僕は学生時代に陸上競技の短距離と走り高跳びをしていて、100Mのベスト記録は11”2です。
今は少なくとも15秒はかかるでしょうね(笑)

奥武山陸上競技場。アンツーカー(土)トラック。

奥武山陸上競技場。アンツーカー(土)トラック。

話を戻すと、遺言書があれば100M走るで済むが、遺言書がない相続人全員での遺産分割協議については、110Mハードル、200M、400M、400Mハードル、800M、1500M、3000M、3000M障害物競争、5000M、10000M、20000M、ハーフマラソン、フルマラソン、ウルトラマラソンはてはトライアスロンと続くかもしれません。

場合によっては、ポールを持たされて、6mの高さのバーを棒高跳びで飛び越えるのと同じような感覚になりますが、無理ですよね。

そして、子供の代で解決できない相続は駅伝のようにタスキを孫たちにつなぐことになりますが、自らすすんで参加する駅伝競走とは違い、相続においては走るのが嫌でも走らされてしまうのです。

ランナー

遺産分割協議がうまくいかなければ、家庭裁判所での調停・審判です。
相続人の皆さんの意向通りにはいかないこともあるでしょう。

フルマラソンに例えれば、「もう時間制限なので、バスに乗って帰ってください。」または「これ以上走るのは危険なので、走るのをやめてください。」と人の手を借りることになり、ゴール地点に行けますが、スッキリしない、達成感のない、そして納得できないこととなるかもしれません。

ゴールする人

家族が余計な相続問題や争いに巻き込まれないように、準備をしてくださいね。
相続における準備とは、遺言書を書くことです。

遺言書を作成することで、多くのケースで、円満かつ円滑な相続が実現できるのではないかと思います。

家族が気持ちよくゴールできるように、準備してあげてくださいね。
財産を遺す人はその準備が必要で、言うなれば名監督となってほしいのです。

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

今日のJAZZ

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《‘Round Midnight》をB.G.M.にブログを書いています。
マイルスのバラードの中でも人気の高い演奏で、トランペットが静かに歌ってますね。
マイルスの初のレギューラー・バンドによる演奏で、ジョン・コルトレーン(サックス)、レッド・ガーランド(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)とフィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラム)のクインテットです。
いや、凄いメンバーだし、いい演奏です。心地いい。

相続セミナー・説明会情報

自主開催相続セミナー

オンライン限定セミナー「円満かつ円滑な相続を実現する遺言書セミナー ~幸せな相続の準備~」(仮題)

開催日時:令和4年9月28日(火) AM10:00~11:20(80分)
開催場所:オンライン(Zoom)
定員:30名
参加費:2,000円(税込)

詳細はおって当サイトにアップします。

お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所

お電話でのお申込み↓
☎098-861-3953

受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日OK)

メールでのお申込み↓
お申込みボタン

 


※件名に「9/28相続セミナー参加希望」とご記載ください。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。


The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください