【ご機嫌なジャズ6選】音楽の話題は人を明るくしてくれる。音楽には力がある。


JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えも書いていますよ。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら嬉しいです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

音楽には力がある

昨日、相続関係のご相談を受けたお客様のご家族と別れ際に雑談していたところ、音楽が好きなようで、ライブハウスにも行かれるそうです。
ジャズのライブも聴いたことがあり、僕の知っているミュージシャンのお名前も出てきました。

それまで、けっこう深刻なお話をしていたのですが、音楽の話をした数分間は、とても楽しそうで、本当は明るい人柄であることが伝わってきました。

楽しそうに音楽のことをお話しされるご家族とお話ししていると、音楽って、やっぱりいいなと思いました。
音楽は人の気持ちを癒してくれたり、元気をくれたり、勇気づけてくれたり、慰めてくれるものですが、話題にするだけでも人を楽しくしてくれるんですから、音楽の力はすごいと思います。

僕はもっぱらジャズで癒されていますが、ジャズの奥深さを感じています。
新たなミュージシャンや演奏との出会いを楽しみながら、ジャズを聴きたいですね。

心の奥底から沸き立つパワーの源にしたいと思います。

========
音楽には力がある
========

数年前に音連れた神戸市で見かけた「KOBE JAZZ STREET」の文字が書かれた鉄板。ジャズストリートに埋め込まれていました。ジャズが日常にある感じ。

数年前に音連れた神戸市で見かけた「KOBE JAZZ STREET」の文字が書かれた鉄板。ジャズストリートに埋め込まれていました。ジャズが日常にある感じ。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

デューク・ジョーダン《No Problem》

ピアニスト、デューク・ジョーダンの《No Problem》をB.G.M.にブログを書いています。
なんだか聞いたことのあるメロディですが、他にもベースにもなった曲があるのでしょうか?
流れるようなジョーダンの演奏がカッコいいですね。
途中、歌うようなベースの音色が聴こえてくるのも楽し気です。

ジョン・コルトレーン《Blue Train》

サックス奏者ジョン・コルトレーンの《Blue Train》をB.G.M.にブログを書いています。
コルトレーンがブルー・ノートから出している唯一のアルバム『Blue Train』のタイトル曲ですね。
トランペットのリー・モーガンとトロンボーンのカーティス・フラーも参加していて、3ホーンが奏でる演奏は変化があって楽しいです。

ジム・ホール&ロン・カーター《Alone Together》

ギタリスト、ジム・ホールとベーシスト、ロン・カーターの《Alone Together》をB.G.M.にブログを書いています。
ギターとベースのデュオでの演奏は珍しいですね。
ただ、実力は二人の演奏ですから楽しめます。
1972年8月4日、ニューヨークのクラブ「The Playboy Club」でのライブのようですが、50年前のライブが聴けるなんてワクワクしますね。

セロニアス・モンク《Cleopatra’s Dream》

ピアニスト、セロニアス・モンクの《Cleopatra’s Dream》をB.G.M.にブログを書いています。
スピーディーに展開される演奏ですが、クレオパトラはどんな夢を見ていたのでしょうか?
スリリングな夢のような感じがします。

オスカー・ピーターソン《Just Friends》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Just Friends》をB.G.M.にブログを書いています。
軽やかでスピード感あふれる演奏です。
トランぺッターのロイ・ハーグローブも参加していますね。

ポール・デスモンド《Out Of Nowhere》

サックス奏者ポール・デスモンドの《Out Of Nowhere》をB.G.M.にブログを書いています。
デズモンドの優しさとシャープさが混在する演奏です。
ジム・ホールのギターも抑え気味ですが、いいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催相続セミナー

90分で学ぶ!家族を安心させる遺言書の極意セミナー ~幸せな相続の準備~

開催日時:令和4年8月30日(火) AM10:00~11:30(90分)
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:限定8名
参加費:2,000円(税込)

詳細はこちら

お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所

お電話でのお申込み↓
☎098-861-3953

受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日OK)

メールでのお申込み↓
お申込みボタン

 


※件名に「8/30相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言などの発令により中止とすることもあります。

詳細はこちら

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。


The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください