なぜ、相続は問題を引き起こし、争いとなるのだろうか?

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

相続はなぜ問題を引き起こし、争いとなるのだろうか?

僕は相続は準備さえすれば、多くの場合、問題や争いを予防できると思っていますし、伝えています。
実際に遺言書があれば、こんなにも時間を要せずに円滑に手続きも完了しただろうにと思われる事例も多々あります。

遺言書がない相続では、相続人全員で故人の遺産の分け方を話し合う遺産分割協議が必要ですが、まず、相続人全員で話し合うということが、大きなハードルとなります。

なぜかというと、相続人に未成年者、認知症や精神疾患を抱える人がいる場合には、その相続人単独では法律行為ができず、親権者や後見人などが代理人となりますが、そうなると話し合いがどのように進むかわかりません。

他の相続人の思う通りには進まないでしょう。

また、相続人に音信不通や行方不明者がいたらどうすればいいのでしょうか?
まずは、所在をつかむことが大事ですが、それでも見つからない場合には、不在者財産管理人の選任や失踪宣告などの申し立てが必要になるケースがあるかもしれません。

時間も労力もかかりますね。

相続人全員での遺産分割協議のむつかしさは次のブログが参考になります。

相続人全員で協議し合意しなければならない遺産分割協議のむつかしさ。

さらに、相続人全員の所在がはっきりしていたとしても、様々な考え方を持つ者や経済状況が違う者と財産の分け方を話し合うというのは、家族と言えどもなかなか骨が折れますし、気を使い、精神的な負担も大きいものだと思います。

ましてや、家族仲が良くないもの同士が遺産分割を巡って意見の相違があることは相続に難くないでしょう。
そこには、お金の問題ではなく、お互いの感情の問題がると思われます。

「あいつには絶対に財産を分けたくない」
「自分は長男だから多くの財産、いや全ての財産を相続してしかるべきだ」
「私が亡くなったお父さんやお母さんの晩年の面倒は見てきたのだから、私が相続するのは当然だ」
「私は経済的に困っているので、お金も欲しいし、住むところもあった方がいいから、私に相続させてもらいたい」

などなど、様々な感情や事情が相続人にはあるもと思われます。

遺産争い イラスト 20160323

遺産争い

そして、一緒に育ってきた兄弟姉妹または一緒に暮らしてきた家族がかかわる相続だからこそ、積もり積もった負の感情が爆発し、相続手続きが困難なものになったりするのです。

僕もご相談を受ける中で、各相続人の感情に触れるにつれ、相続は世の中の2大トラブルであるお金と人間関係が複雑に絡み合ってしまうのだなと感じています。

また、争いにならないまでも、相続を巡って、家族間の関係がぎくしゃくすることもあるのです。

僕は相続においては「家族が仲がいい、は幻想だと思ってください。」と話すこともあります。
悲しいことではありますが、現実でもあるのです。

世の中では、遺産分割を巡って家族が争っているのです。

遺産分割事件数推移 令和2年度

遺産分割事件数推移(平成23年度~令和2年度)数字は最高裁判所司法統計より

だからこそ、財産を遺す方には、相続の準備をしっかりとしてもらいたいと思います。
自分の遺した財産で、家族に問題が生じたり、争いのなることのないように準備してもらいたいのです。

自分の築いた財産が家族の不幸を招くのではなく、幸せな生活を続けられるように有効活用してもらいたいと思います。

そのためには、相続の準備が必要です。
具体的には遺言書を書いてもらいたいと思います。

家族への想いのこもった遺言書を作成することで、ご本人もご家族も幸せになれる円満かつ円滑な相続を実現してください。

もちろん、遺言書が完璧だとは言いませんが、あるのとないのとでは大きな違いがあり、ご家族へあなたの想いを最大限伝えることができると思います。

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

今日のJAZZ

ピアニスト、エロル・ガーナーの《My Silent Love》をB.G.M.にブログを書いています。
ガーナーは楽譜が読めないにもかかわらず作曲もしたそうですし、演奏する指先の動きもとても独特です。
個性的なピアニストの一人ですね。
しかし、演奏は素敵です。
My Silent Love》も楽し気で、聴いていて心が弾みます。

相続セミナー・説明会情報

Ⅰ.外部のセミナー

「那覇青色申告会 研修会」

タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書セミナー~幸せな相続の準備~
開催日時:令和3年11月11日(木)14:00~16:00
開催場所:沖縄県産業支援センター(那覇市小禄1831-1) 3階会議室大(302・303号室)
定員:30名(事前予約制)
参加費:青色申告会会員1,000円 非会員3,000円
主催・詳細・お申込み・お問合せ:一般社団法人那覇青色申告会

Ⅱ.自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年11月25日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「11/25相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言など発令により中止とすることもあります。

セミナーの詳細はこちらをクリックしてください。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください