なぜ、遺言書を作成すると人は笑顔になるのだろうか?

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

遺言書は安心材料の一つ

僕は遺言書を作成することで、ご本人もご家族も幸せになれると思っていますが、そんなことがわかるエピソードがあります。

少し前のことですが、僕がお手伝いをさせて頂いたお客様の遺言公正証書の調印後に、公証人がお客様(遺言者)へ「遺言書は、長生きにつながる安心材料の一つですね。」といった趣旨のことを話されていました。

公証人が部屋を出る時にお客様(遺言者)に公証人から「ガンジューでいてください。」と声掛けがあったときには、皆が笑顔になりました。

僕も全く同感で、遺言書の作成を終えられたお客様(遺言者)の多くが笑顔になります。
モヤモヤしていたことが、すっきりし、ホッとして、安心するのだそうです。

自分の死を意識し相続の準備のために作成する遺言書が人露笑顔にするのです。不思議な力だなと感じています。

僕は相続セミナーなどで遺言書を書く意義として、次のようなことを伝えています。

遺言書の意義

相続セミナースライド「遺言書の意義」

【遺言書の意義】

□生前に自分の財産の分与方法を指定

自分で築いた財産又は先祖代々承継してきた財産を自分の意思で決められることは、大事なことです。
財産を次の代に引き継ぐ責任もあると思います。

□遺言者の最終意思なので、家族も尊重

遺言書は遺言者(被相続人・故人)の最終意思となります。
家族も財産を遺す人が決めたことですからその想いを最大限尊重してくれるでしょう。
一方で遺言書がないとそれぞれの考え方を持つ相続人間でなかなか合意が得られないことは容易に想像できるでしょう。

□遺言により、円滑な相続が可能

遺言書があると相続手続きが円滑(スムーズ)です。
あるのとないのとでは、まったく違います。

□家族(遺族)の相続争いを回避

何よりも家族が自分の遺した財産で相続問題に直面したり、争ったりすることを避けられます。
遺言書は完璧に相続問題や争いを回避するとはいいませんが、多くの相続が円満かつ円滑に進むことでしょう。

円満かつ円滑な幸せの相続の準備のために

冒頭でお話しした公証人のエピソードからも分かるように、遺言書を作成することは本人にとっての心配事や悩み事を解消する一つの方法であり、家族(相続する人)にとっても、準備がされているというのは安心材料です。

遺言書は、財産を遺すご本人と受け取るご家族が、安心し笑顔になれる一つの手段なのです。

円満かつ円滑な幸せな相続を準備してくださいね。

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

今日のJAZZ

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《It Never Entered My Mind》をB.G.M.にブログを書いてます。
マイルスのかすれた音色もいいですが、レッド・ガーランドのピアノも美しいですね。
マイルスがプレステッジ(レコード会社)で製作したアルバム4枚のうちの『Workin’』に収録されています。
いわゆるマラソン・セッションと言われる2日間(1956年5月11日と10月26日)で、20曲を超える殆どの曲をワン・テイク(一発撮り)で収録し、4枚のレコードにして発売したそうです。
マイルスがプレステッジからコロンビアに移籍する過程で、契約上の理由でこの4枚は作成しないといけなくて、早く移籍したいマイルスの苦肉の策として、クラブでのセッションのようにライブ感覚で収録したそうです。
マラソン・セッションで製作されたプレステッジのアルバム4枚『Workin’』『Steamin’』『Relaxin’』『Cookin’』は名盤と言われていますね。

相続セミナー・説明会情報

Ⅰ.外部のセミナー

「那覇青色申告会 研修会」

タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書セミナー~幸せな相続の準備~
開催日時:令和3年11月11日(木)14:00~16:00
開催場所:沖縄県産業支援センター(那覇市小禄1831-1) 3階会議室大(302・303号室)
定員:30名(事前予約制)
参加費:青色申告会会員1,000円 非会員3,000円
主催・詳細・お申込み・お問合せ:一般社団法人那覇青色申告会

Ⅱ.自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年11月25日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「11/25相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言など発令により中止とすることもあります。

セミナーの詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください