【ジャズ・バラード6選】落ち着きたい時のB.G.M.はジャズ・バラードがいい理由。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

ジャズ・バラードの鎮静効果

ジャズのことを調べていると、株式会社USENのサイトにこんな記事を見つけました。

オフィスBGMにはジャズ音楽が良い!ジャズの魅力と導入のメリットとは」(株式会社USEN)

僕が日ごろジャズに感じていることや、仕事場でジャズを流している理由を的確に解説してくれています。
さすが、USENですね(笑)

その記事の中にもあるのですが、ジャズは聞き飽きないためB.G.M.としても最適だし、効果についても書かれています。

・脳の疲労回復
・心身ともに適度なリラックス効果を得られる
((株)USEN SOUND DESIGN for OFFICE「オフィスBGMにはジャズ音楽が良い!ジャズの魅力と導入のメリットとは」より)

僕はこういった記事は体感して初めて信頼するのですが、日ごろから感じていることで、日ごろから経験していることなので、すんなり理解できました。

ジャジーのいうことは信用できないけど、USENが言うならな~と思って読んでみてください(笑)

オフィスBGMにはジャズ音楽が良い!ジャズの魅力と導入のメリットとは」(株式会社USEN)

なんにせよ、科学的にもジャズは体によさそうですよね。

フィーリングだけで伝えていた僕の感覚は間違っていなかったようです。

それでも、ジャズの癒し効果に疑問を持つ人は、まずはジャズのバラードを聴いてくださいね。

ジャズの良さを体感できるはずです。
もちろん、音楽としてのジャズの良さにも気が付くのではないかな。

僕もジャズは仕事場でお勧めのB.G.M.だと思います。

ジャズ・アルバム『BENNY GOLSON TERMINAL1』とアロマキャンドル

ジャズ・アルバム『BENNY GOLSON TERMINAL1』とアロマキャンドル。事務所では時折、アロマ・キャンドルをともしジャズをB.G.M.に仕事をしています。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り帰ってみるとバラードばかりを聴いていました。
いいジャズばかりです。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

マイルス・デイヴィス《I Fall in Love Too Easily》

バラードが聴きたくて、トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《I Fall in Love Too Easily》を聴いています。
タイトルもいいですね。
恋多きマイルスでしたから、恋に落ちやすかったんでしょうね。
しかし、リリカルな演奏をするとマイルスは最高ですね。

ビル・エヴァンス《Very Early》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Very Early》を紹介します。
バンド・メンバーのベーシスト、スコット・ラファロを交通事故で失い、後任として迎えたチャック・イスラエルを迎えて制作したアルバム『Moom Beams』に収録された曲ですが、僕の耳にはラファロとそん色ない演奏で、綺麗な演奏だと思います。
イスラエルもラファロに影響を受けていたので、エヴァンスのメンバーとしては相応しかったのでしょうね。
盟友を失ったエヴァンスでしたが、再始動し、新たな作品を生み出していくのです。
人は前に進むしかないですからね。

ビル・エヴァンス《My Foolish Heart》

昨晩(1/6水)のラジオ番組のエンディングで選曲したのはピアニスト、ビル・エヴァンスの《My Foolish Heart》でした。
このコーナーでも何度も紹介していますが、至高のジャズ・バラードです。
綺麗な演奏で、何度聴いても飽きないし、癒されます。
是非、ひってもらいたい一曲です。

チェット・ベイカー《Almost blue》

トランぺッター、チェット・ベイカーの《Almost blue》を紹介しています。
物悲し気な演奏といったら唯一無二の存在ですね。
ただ、物悲しいからといっても、いい演奏には変わりません。

ベニー・ゴルソン《Lover Man》

サックス奏者ベニー・ゴルソンの《Lover Man》をB.G.M.にブログを書いています。
ゆったりしたバラードは落ち着きますね。
僕はサックスの音色が好きなので、さらにいいです。

ソニー・スティット《At Last》

サックス奏者ソニー・スティットの《At Last》をB.G.M.にブログを書いています。
スティットの色気のある雰囲気満点のサックスの音色が最高にいいですね。
ゆったりいやされる演奏です。
ジャズ・クラブでジントニックを飲みながら聴きたいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年1月27日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください