【やすらぎのジャズ6選】ジャズを気持ちを落ち着けてくれます。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

雨や寒い時にはゆったりしたジャズを聴く

沖縄県那覇市は最近、雨がよく降ります。
強い雨だったり、小雨が降り続いたり。

雨が降るので、気温も少し下がる感じがします。
風が吹くと体感温度も下がりますから、気温以上に寒く感じます。

とはいっても15度前後ですから、北国の厳しい寒さとは比較になりませんが・・・

本土では大雪が降って大変みたいですよね。
毎朝、車を動かすのに車に積もった雪下ろしをするなんて、考えただけでも大変です・・・

沖縄はその点では恵まれてますね。

僕は暑いのよりも寒い方がしのぎやすいので、秋から春にかけての季節が好きです。
最近、那覇市は雨も多いと書きましたが、雨も好きだから気にならない。

また、雨音を聴きながら、雨が降るのを眺めながら聴くジャズも好きです。

雨とジャズって良き合うと思う。

泊大橋と雨

雨が降ってくると車を止めてジャズを聴いたりすることもあります。

そして、寒い季節に聴くジャズもいいもんです。
特にバラード系のゆったりしたジャズはいいですね。

僕は冬は静かな感じがするんです。
だから、その雰囲気を壊さないようなジャズがいいと思っています。

気持ちが落ち着き、体の中から温まってくる感じがします。

僕がジャズに求めるのは癒しや安らぎです。
だから、バラード系を聴くようになったんでしょうね。

ジャズライブとジントニックと岩塩キャンドル

ジャズライブとジントニックと岩塩キャンドル

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみても、いいジャズを聴いてました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ビル・エヴァンス《Peace Piece》

この曲が流れてくると厳かな気持ちになります。
ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Peace Piece》です。
静かなイントロからググっと引き込まれてしまい、作業してる手が止まってしまいます。

コールマン・ホーキンス《Don’t Take Your Love From Me》

サックス奏者コールマン・ホーキンスの《Don’t Take Your Love From Me》を聴いています。
なんとも切ないタイトルで、演奏も切ないですね。

バド・パウエル《Dear Old Stockholm》

ピアニスト、バド・パウエルの《Dear Old Stockholm》をB.G.M.にブログを書いています。
熱の入ったセッションで、パウエルのピアノが自由自在に待っている感じがします。

ビル・エヴァンス《Never Let Me Go》

ピアニスト、ビル・エヴァンスのソロ演奏《Never Let Me Go》をG.G.M.にブログを書いています。
エヴァンスの演奏の美しさや繊細さが良くわかります。
僕には究極の癒しの演奏です。

レッド・ガーランド《C Jam Blues》

ピアニスト、レッド・ガーランドの《C Jam Blues》を紹介します。
ガーランドのグルーブ感が好きでよく聞いています。
この演奏も小気味良く名調子で、いいですよ。
曲のタイトルに「Blues」が入ると聴いてみたくなるのはなぜでしょうか?

ハンク・ジョーンズ《Lazy Afternoon》

ピアニスト、ハンク・ジョーンズの《Lazy Afternoon》を聴いています。
ゆったりした演奏です。
「Lazy」とは怠惰な、不精な、眠気を誘う、もの憂げな、けだるい、動きののろい等の意味があるようですね。
日曜日ですし、そんな午後でもいいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年12月23日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください