もう一度確認してください!持続化給付金と家賃支援給付金の申請期限について。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

持続化給付金と家賃支援給付金の申請期限

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中小法人や個人事業主を支援する持続化給付金や家賃支援給付金についてのお問い合わせが少しずつですが、続いています。

持続化給付金の申請が始まった5月に比べるとかなり少ないですが、ご質問などは多いですね。
ただ、期限も迫ってきていますので、まだ、申請されていない方は早めに手を付けた方がいいですよ。

持続化給付金と家賃支援給付金の申請期限は次の通りです。

持続化給付金のお知らせ

持続化給付金のお知らせ

持続化給付金:令和2年5月1日から令和3年1月15日

家賃支援給付金:令和2年7月14日から令和3年1月15日

 

どちらの給付金も来年の1月15日が申請期限となっています。

持続化給付金は要件さえ満たしていれば比較的スムーズに申請から給付まで行われます。
不備がなければ、申請から給付まで2週間ほどです。

しかし、家賃支援給付金は要件を満たしていても申請が煩雑です。
必要な書類が多いのと、事務局の審査にかなり時間がかかります。
どんなに順調にいっても1か月ほどはかかるようです。

ただ、最近は家賃支援給付金の審査も早くなってきているようで、僕の個人事業主のお客様の案件は、11月27日に申請し、12月1日には審査が終わり振込準備に入っているとのメッセージが出ていました。

あまりにも審査が遅いので、かなりのクレームがあったんでしょうね。

ただ、僕が過去に申請した家賃支援給付金の法人の案件では、申請内容や添付書類になんの問題もないのに、申請から1か月ほどたったころに、ちんぷんかんな不備の指摘があり、当方から「指摘のような不備はない」と回答すると、さらにそれから1か月を過ぎたことに給付がされました。

事務局の審査担当部門は申請が殺到しているとはいえ、入札でこの程度の申請の処理はできると考え受託しているのでしょうから責任は重いと思います。

なにより、経済的に困窮している生き残りをかけた事業者の藁をもつかむ思いを考えてほしいと思います。

何が起こるかわかりませんので、お困りの方は、早めの申請をしてもらいたいですね。

ただ、一方で持続化給付金の組織的な不正申請や受給など、あってはならないことが起きていて、これも給付金などの申請を煩雑化し、審査を遅らせる原因の一つにもなっているかもしれません。

申請する側も不正は絶対にしてはいけないと思います。

報酬を得て持続化給付金などの申請代行をできるのは行政書士だけです。
給付金の申請などでお困りの方はお近くの行政書士にご相談ください。

行政書士 公式キャラクター ユキマサくん

行政書士 公式キャラクター ユキマサくん

今日のJAZZ

今年5月にドラマーのジミー・コブが亡くなったとのニュースが流れてきました。
先月、観た映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」にも出演して元気な姿が見られたのですが、残念です。
トランぺッター、マイルス・デイヴィスの不朽の名作『Kind of Blue』に参加していた最後のメンバーだったのですが、一時代を築いたミュージシャンが鬼籍に入るというのは寂しいですね。
ジミー・コブの《On A Clear Day》を聴いていますが、ご機嫌です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年12月23日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください