遺産の分割方法について、はっきりと自分の考えを伝えることは大切です。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

今日は糸満市役所の持続化給付金等申請支援窓口にて相談員として出動です。
糸満市内に事業所を構える個人事業主や中小企業の皆さんが、持続化給付金、家賃支援給付金や沖縄県の奨励金などのご相談や申請支援を無料で受けられます。
窓口設置期間は来年1月15日まで延長されていますので、糸満市内の個人事業主や中小企業の皆さんは、自分が申請できるものはないかも含めて、ご相談ください。
詳しくは役所のサイトをご覧下さい。

糸満市役所サイト

はっきり伝える

相続のご相談を受けていると「本音が聞きたいな」と言ったことが多々あります。

どういうことかと言いますと、ご相談者が口にする言葉です。

「別に財産が欲しいというわけではないのだけど・・・」
「私が欲しいわけではないけど、あの人にあれだけの財産が渡るのは納得いかない・・・」

などなど財産は欲しいわけではないのだけど、納得できない事もあるようです。
本当は自分の取り分も増やしたいのだろうけど、問題点をずらしているのかな、といった印象を抱くことがあります。

実際に、遺産分割協議でなかなか自分の想いを伝えられず、延々と他の相続人の批判をしてたご相談者に質問したことがありました。
「どうされたいのですか?財産をしっかりもらいたいということですか?」

そうしたら「自分の生活の為にお金が必要だ」と答えた方もいらっしゃいました。

相続は、お金と人間関係の問題です。
しっかり思っていることを伝えることも大事かもしれません。

しかし、沖縄の人は自分の想いを伝えるのが苦手だったりしますからなかなか、伝えるのが難しいのかもしれません。
ただ、自分の生活が懸かっていたり、言いたいことがあるなら、しっかり想いを伝えてもらった方がいいと思います。
でなければ、他の相続人はあなたの気持ちに気づいてもらえないかもしれないから。

なかなかお金のことで、はっきり自分の意見を言うのは難しいかもしれませんが、相続手続きを進めるためにも、はっきりと自分の考えを伝えることも大事だと思います。

遺産分割協議は全員の合意が必要

家族会議

遺言書がない場合には相続人全員の合意で遺産の分割方法を決めます。
これを遺産分割協議といいます。

被相続人(故人)の財産の分割方法を相続人全員で話し合い合意して、遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名捺印することで遺産分割は成立します。

一人でも納得しなければ、遺産分割協議は成立しないのです。

たった一人が納得しないので、遺産分割協議が成立しないという相続の話は、良くある話です。
自分の主張を押し通す人。
何を考えているのかわからない人。
面倒だと思い拘わらない人。
そんな人が一人でも相続人の中にいると話合いは難航するかもしれないですね。

また、皆が遠慮または警戒しすぎて、言いたいこと言わないと話し合いも前に進まないこともあります。

出来れば、率直に話し合ってもらいたいですね。
もし、相続人だけでは話し合いがつかないのであれば、第三者をコーディネーターに入れるのもいいのではないでしょうか。
我々、行政書士も遺産分割協議が争いになっていない段階であれば、話し合いの交通整理や手続きの面であれば、お手伝いができることもあると思います。

今日のJAZZ

昨日のブログで、ビバップの立役者の一人として、ドラマーのケニー・クラークを紹介しました。
今日はケニー・クラークの参加している《Bohemia After Dark》を紹介します。
リズムセクションが、ケニー・クラーク、ホレス・シルヴァー(ピアノ)とポール・チェンバース(ベース)で、ナット・アダレイ(コルネット)、キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)、ドナルド・バード(トランペット)にジェローム・リチャードソン(テナー・サックス)のセプテット(7人編成)です。
キリリとした引き締まったカッコいい演奏が聴けます。
1955年の収録のようですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

8月25日に予定しておりました相続セミナーは中止といたしました。
ご参加のお申し込みをいただきました皆様、大変申し訳ございません。
次回は次の開催を予定しております。

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年9月29日(火) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください