【決断の交差点】遺言書を作成するにはそれなりの覚悟と決断が必要です。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

新型コロナウイルス関連サイト

昨夕、那覇市久茂地のパレット久茂地前広場で「首里城うむいの燈」を見てきました。
首里城の再建に向けた強い「うむい」(思い)を感じました。
昨日は首里城の焼失にかかるTV番組などが多々ありましたが、涙腺が緩みっぱなしでした。
早期の再建を楽しみにしたいと思います。

https://twitter.com/jazzyshiroma/status/1322466834466050048

悩み多き遺言

僕は円満かつ円滑な幸せな相続を実現するために、遺言書を書くことを強く進めています。

しかし、遺言書の作成は簡単にできることではありません。
遺言書を作成するためには法的な要件を押さえることは重要ですが、それ以上に決断することも大事なのです。

以前に遺言書の作成のお手伝いをさせていただいたのですが、色々悩みが多く決断をしかねていました。
その方は奥様を数年前に亡くし、お子さんがいらっしゃらないので、相続人は兄弟姉妹と代襲相続人の甥姪です。

身近にいつもいてくれる兄弟のご家族に財産を遺したいと考えながらも、長く一緒に仕事をしてきた友人に恩に報いるために幾ばくかの財産を遺したいとも考えているようです。

どうしたものかと悩んでおられますが、僕も有効な財産の遺し方、法律的なことや相続後の手続きにはアドバイスできるのですが、ご本人の最終的な決断を待たなくてはなりません。

悩んで当然のことだと思います。
しかし、最終的には決断して遺言書に遺すことは必要だと思います。

ご相談のあったお客様は相続人が兄弟姉妹と甥姪ですから、遺言書があれば、その通りに実現可能です。
兄弟姉妹には、相続人の相続する最低限の権利である「遺留分」がないので、遺言書さえあれば遺言者の意思通りに財産を遺すことができるのです。

遺言書がなければ兄弟姉妹や甥姪の全員が話し合いをして決めなくてはならず、大変な作業となりますし、何よりご自身の築いた財産が望むように承継することができません。

遺言書を書く段階で、悩みは尽きないと思いますが、決断しなくてはなりませんからね。
お客様と年明けにお会いして、決断できるようなアドバイスができたらと思っています。

決断の交差点

今日のJAZZ

女性ヴォーカリスト、ビリー・ホリデイとサックス奏者レスター・ヤングの共演する《All of Me》を聴いてます。
二人は「プレズ」(レスター・ヤングの愛称)「レディ・デイ」(ホリデイの愛称)とお互いに呼び合い、信頼しあっていたようで、素晴らしいセッションを繰り広げていたようです。
ホリデイの優し気だけど哀愁を帯びた歌声とヤングの控えめな音色がいいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年11月26日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください