【ジャジーの好きなジャズ6選】自分の好きな音楽をB.G.M.に日々が過ぎていきます。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

好きな音楽を聴けばいいんだ

任天堂スイッチで遊ぶ中学2年の次男坊が、TVもつけてるので、僕が「どちらかにしな」というと次男坊は「音がないと嫌だ」といいます。
僕がジャズをかけてたので「ジャズを聴きな」というと「ジャズは嫌だ」という次男坊は、まだ子供です(笑)

バック・グラウンド・ミュージック(B.G.M.)は日々に彩を与えてくれますね。
朝の目覚まし、朝食を食べながら、通勤する電車や車中で、仕事をしながら、ランチをしながら、昼年前に、夕飯を食べながら、勉強をしながら読書をしながら、ランニングをしながら、スポーツをしながら、ボーっとしているとき、マッサージを受けているとき、入眠する時になどなど。
音楽があることで、いい時間を過ごせることもあるのではないかと思います。

僕はジャズを聴くことが多いですが、洋楽やJ-POPも聴きます。
いい音楽に、垣根はないですからね。

帝王と呼ばれたトランぺッター、マイルス・デイヴィスも言ってました。
「音楽をジャンル分けするなんて意味がない。いい音楽があるだけだろ。」(こんな感じで言ってたと思います。)

自分にあった音楽を聴けばいいですね。
ちなみに、最近、ジャズ以外で聴いてるのは、back numberの《高嶺の花子さん》やL⇔Rの《Knockin’ On Your Door》をよく聴いてますね。

ただ、どうしても落ち着こう、癒されよう、と思ったらジャズを選曲しています。
ジャズを聴き始めたのが、心身ともに疲れていて、癒しを求めたからかもしれないですね。

かれこれ15年以上ジャズを聴き続けてますが、ジャズの奥深さにはまっています。
ジャズの楽しさを皆さんに知ってもらえたらと、毎日、ジャズを紹介してますが、僕が紹介しなくたってジャズの良さは伝わっているかと思います(笑)

でも、ジャズはとっつきにくい、敷居が高いと思っているならば、是非、気軽に聴いてほしいですね。
僕がブログで紹介するジャズは有名なミュージシャンの演奏が多いので、初心者の方にはおすすめできると思います。

Portrait in Jazz 和田誠 村上春樹

「Portrait in Jazz」イラスト・和田誠 村上春樹 文・村上春樹 ジャズ・ミュージシャンのことを知りたいならお勧めの本です。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみても、いいジャズを聴いてます。
誰もが知っているジャズ・メンの演奏です。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ソニー・スティット《I’ll Remember April》

サックス奏者ソニー・スティットの《I’ll Remember April》をB.G.M.にブログを書いています。
モダン・ジャズの父と言われたサックス奏者チャーリー・パーカーの最も優れた弟子とも言われたスティットの演奏はスピード感にあふれていますが、トゲがない優しさを感じます。
バックはピアニスト、オスカー・ピーターソンのトリオ。素晴らし演奏です。

コールマン・ホーキンス《Smoke Gets In Your Eyes》

サックス奏者コールマン・ホーキンスの《Smoke Gets In Your Eyes》を聴きながらブログを書いています。
ゆったりした落ち着く演奏です。
バラードはいいですね。

小曽根真《Beautiful Love》

昨晩のラジオ番組でも紹介しました小曽根真さんは世界的なピアニストですね。
コロナ禍においても「Welcome to Our Living Room」と題して、ご自宅のリビングにあるピアノを演奏する様子をYoutubeで配信されていました。
天井の高い素敵なご自宅のリビングから聞こえてくる演奏に癒されました。
ミュージシャンの皆さんが惜しげもなく、世界中に自分の演奏を届けてくださり、ありがたい限りでした。
小曽根さん以外にも世界中のミュージシャンが発信していました。音楽の力を感じましたね。
これからもミュージシャンを応援したいと思います。
今日(8/6)は小曽根さんの《Beautiful Love》を紹介します。
曲名が好きなんですよね。もちろん、演奏も素晴らしい。

コールマン・ホーキンス《Soul blues》

Youtubeをサーフィンしていたらサックス奏者コールマン・ホーキンスの《Soul blues》が目に飛び込んできたので聴いています。
タイトル通りのブルースですね。
いかにもジャズ!といった感じがして好きです。
コールマン・ホーキンスは多くのジャズ・ミュージシャンに影響を与え、信望があったようですね。

ビル・エヴァンス《My Foolish Heart》

ジャズに詳しいマーケティングの師匠が初心者に聴いて欲しいとお勧めしていた曲の一つに僕の好きな曲も含まれていました。
ピアニスト、ビル・エヴァンスの《My Foolish Heart》です。
確か10年以上前に2枚目に買ったジャズのコンピレーション・アルバムに入っていて、綺麗な曲なので何度も繰り返して聴いていましたが、エヴァンスの代表的な演奏ですね。
繊細で美しい演奏が聴けます。
エヴァンスのファースト・トリオによる演奏です。

ジョン・コルトレーン《Naima》

サックス奏者ジョン・コルトレーンの《Naima》を聴いています。
確かコルトレーンの元妻の名前を題した曲ですね。
ゆったりしたバラードです。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年8月25日(火) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください