元気なうちに自分の葬儀のことを決めておくといい理由。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

葬儀やお墓の準備はご自身でというのが増えている

僕の仕事は遺言・相続関係の仕事ですが、人生の終盤を迎えるにあたっていろいろとご相談を受ける事があります。
いわゆる終活に取り組む方々です。

終活で考えること

終活で考えること

葬儀の事、お墓の事や仏壇の事などもご相談を承ることも多い。

人が亡くなると様々な準備をしないといけないですよね。
相続手続きに限らず、役所での手続き、公共料金の解約・変更などすべきことが多々あります。
遺されたご家族も様々なことを考え、実行しなくてはならないので、案外大変な手続きです。

そんな中で、家族には迷惑をかけたくないと考える人がいて、ご自身で、葬儀の事、お墓の事、仏壇の事なども準備する人が増加しています。
葬儀社では葬儀の事前相談にご本人が出向き相談していて決めているケースもありますし、墓地管理会社ではお墓の生前購入や永代供養の手続きなどのご相談も増えているそうです。

ご相談される皆さんや準備される方は、とてもスッキリするらしいのです。
準備したことで、安心するのでしょうね。

僕の父も自分の葬儀の事は亡くなる2年程前にほとんど決めていました。
ですから、僕ら家族は葬儀社との打ち合わせは最小限に住んで、父とのお別れに集中できたのです。

また、お墓や仏壇の問題もありますね。
どこのお墓に入りたいのか、それともお墓を購入するのか、お墓や仏壇は誰に見てもらいたいのかなどなど色々決めないといけないですよね。

この辺も決めておくと、供養もスムーズに進むだろうと考えている方は増加していて、集合墓地のあるメモリアルパークなどではお墓の土地の分譲が始まると瞬く間に売れてしまうそうです。

葬儀やお墓のことを生前には決められなかったけど、希望を「エンディングノート」に書いておくこともいいのではないでしょうか。

城間家の墓

「葬儀なんて適当にやってくれ」が一番困る

最近も病床にある親御さんの相続のことをお話ししている中で、葬儀屋、お墓、仏壇の準備の事も話題に上がりました。

その方は「自分の葬儀は適当にやってくれたらいい」とおっしゃるのですが、それが家族にとっては一番困るのですよね。

どなたかが亡くなって、葬儀をします。
そうすると親戚の中からこんな声が出ます。

「なんで、こんなに質素なの?」
「なんで、こんなに大げさにやってるの?」
「なんで、友達には知らせないの?」
「なんで、こんなに多くの人に知らせるの?」
「なんで、こんなお花にしたの?」
「なんで、こんな引き出物なの?」

人の考えはそれぞれです。
ですから、様々な考え方があって当然ですが、そんな声が聞こえてくると心穏やかではいられないこともあるかもしれないですね。

しかし、全て故人が決めていた事だったらどうでしょうか?

家族は説明できますよね。
「故人が望んだことで、故人の意思を最大限尊重しています。」

だから、適当にやってくれと言われたら、どんな形でやればいいのかが明確でないから、家族もいろいろ考えるわけです。
家族間で意見が合わなかったり、親戚から色々と言われたりすることがあるのです。

最後の故人とのお別れですから、そんなことで家族に気を使わせたくない、家族にちゃんと見送ってもらいたいな、と思う人がいるようなのです。

相続でも故人の意思が大事です

相続においても同じことが言えます。

遺言書のある相続とそうでない相続とでは、手続きも全く違ってきますし、ご家族の負担も大きく違います。

いくら家族とはいえ、お金のことで話し合うのは、大変なんです。
相続は、大なり小なり問題を引き起こし、場合によっては争いに発展することもあります。

ですから、故人の最終意思である遺言書を書いて、財産の分与方法をしっかり指定し、なぜこんな遺言書を書いたかを「付言事項」で遺してほしいのです。

葬儀、お墓や相続の準備は、あまりにも直前になると準備するのに大変だと思います。
心の整理がつかないことがあるかもしれないからです。

ですから、心も体も元気なうちに準備をしてもらいたいと思うのです。

今日のJAZZ

チェット・ベイカーはトランぺッターとして超一流のミュージシャンですが、その端正な顔立ちと甘い歌声も人気の一つだったようです。
僕も初めてチェットの歌声を聴いた時に女性が歌っているものだと思っていて、びっくりしました。
チェットの歌声がたっぷり聴ける《I Fall In Love Too Easily》を紹介します。
休みの日の穏やかな昼下がりを彩ってくれるでしょう。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年7月29日(水) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

詳細はこちらをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください