遺言書を保管した後も大事。保管場所はどうする?

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

遺言書の保管も重要です

遺言書の作成をお手伝いした方のうち、その遺言書をお預かりすることもあります。
遺言者の方が、独り身であったり、ご高齢であったりする場合には、保管も心配なので預かってほしいと頼まれることがあるからです。

特に、僕が遺言執行者に指定されているケースでは、遺言者がお亡くなりになったらすぐに遺言書の開封・検認手続きが必要になるので、僕が預かっている方が安心かつ手続きがスムーズになります。

僕がお預かりする遺言書は金融機関の貸金庫で保管しています。

ご自宅で保管される方もいらっしゃると思いますが、リスクに備えてしっかりと保管してください。
リスクとは、紛失、廃棄や改ざんです。
遺言書を作成したのであれば、信用できる人にその旨を伝え、保管場所も知らせておくといいかもしれないですね。

保管場所は誰もが開けられるところでは、意味がないかもしれません。
いずれにしてもせっかく書いた大事な遺言書ですから、保管もしっかり考えてください。

ちなみに、原本が公証人役場で保管される公正証書遺言以外は今のところご自身で保管しなくてはならないのです、自筆証書遺言や秘密証書遺言などの保管には気を付けてもらいたいです。

貸金庫

貸金庫

自筆証書遺言の保管制度運用開始

遺言書の中でも自分で作成する自筆証書遺言は手軽なため、作成する方も多いようです。
僕も自筆証書遺言作成やチェックのご依頼は多く、これまで様々な自筆証書遺言を見てきましたが、一つとして法的に有効かつ実効性のある遺言書を見たことがありません。
自分で作成する自筆証書遺言は法的な要件を備えていなかったり、実現性が疑問視されるものも多いので、専門家のチェックは必ずしてくださいね。

また、自筆証書遺言は保管が課題です。
自分で保管しないといけないのですが、紛失、廃棄や改ざんなどのリスクが考えられます。
また、自分の死後に見つからないと意味がないのですが、厳重に隠したり、相続人に遺言書の存在を知らせていないと見つからない可能性も高いのです。

思い立ったら自分で作成できるけど、保管が課題だったのです。
その自筆証書遺言の保管について、便利な制度が来月(7月)10日に運用が開始されます。

遺言書保管制度チラシ

遺言書保管制度チラシ(法務省HPより)

法務局における「遺言書保管制度」です。
遺言者の住所地などを管轄する法務局で、一定の手続きをすることによって遺言書の原本と電磁的記録を保管してくれるのです。

預けた遺言書は、遺言者が存命中は遺言者にしか閲覧はできませんので、相続人に内容が知られることもありません。
また、遺言者が亡くなった場合には、これまでは自筆証書遺言は家庭裁判所での開封と検認の手続きが必要でしたが、遺言書保管制度を利用すると検認の手続きも不要となります。
自筆証書遺言を作成する方には、是非、利用してもらいたい制度です。

詳しくは次のブログをご参照ください。

ちなみに、遺言書保管制度で預けられるのは自筆証書遺言だけなので、秘密証書遺言はご自身で保管しなくてはなりません。

今日のJAZZ

東京ディズニーランドとシーが7月1日から再開するとのニュースが流れていました。
待ち望んでいた人も多いでしょうね。夢の国の再開が皆に元気を与えてくれることを祈ってます。
ディズニーといえば多くの映画を製作していますが、映画の音楽がジャズアレンジされていることもあります。
「白雪姫」の挿入歌《Someday My Prince Will Come》(いつか王子様が)もそうですね。
ジャズのスタンダードとして多くのミュージシャンがカヴァーしています。
今日はピアニスト、ビル・エヴァンスの《Someday My Prince Will Come》を紹介します。
思った以上にアップテンポな演奏ですよ。
聴きなじみのある曲をジャズで聴くのもいいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年6月29日(月) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

予約制となっています。
詳細はこちらをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください