【相談事例】孫のために遺言書を作成したおばぁの流した涙。


JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えも書いていますよ。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら嬉しいです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

遺言書を作成したおばぁの想いとは?

遺言書は、単に法的に有効な文書を作るだけだと考えていると、その意義を見失ってしまいます。遺言書はあなたの想いを家族に伝える最後の大事なお手紙です。
相続セミナーに参加し、遺言書を完成させた方のお話しです。

☑家族のために何かしてあげられないかねぇ~

沖縄本島中部在住の70歳代後半のキンジョウさん(仮名)は、夫を5年前に亡くし、一人暮らしですが、近所に住む子や孫達が頻繁に来てくれるので、楽しく過ごしています。ただ、いつも考えていることがありました。「気遣ってくれる子や孫達に何かしてあげられないかねぇ。」

☑自分の不動産を孫に譲るにはどうしたらいいの?

ある日、孫の一人(20歳代後半・女性・既婚)が「おばぁ、家を建てようと思うけど、この近くには良い条件の土地がないから、遠くに住むことになるかもよ。」といいますが、キンジョウさんは、思いつきます。「私の持っている土地が空いているから、それを使ってくれたらいいのにね。でも、孫に土地を譲るにはどうしたらいいのかね?」と孫と一緒に考えますが答えが出ません。

☑プロの話を聞くのが近道!

そんな時、キンジョウさんは、家族が持ってきた相続セミナーのチラシを見て、孫と一緒に参加し、「この先生だったら、いい方法を教えてくれるんじゃないのかね。」と相談に来られたのです。
キンジョウさんは、孫に土地を譲る方法がいくつかあることがわかりました。ただ、売買や生前贈与だと多額の費用や税金が必要なことがわかり、遺言書を作成することにしました。そのことを知らずに実行していたら、孫のマイホーム建設に計画が狂っていたかもしれません。事前にプロの話を聞いたことで、より良い方法が見つかったのです。

セミナー風景 トップスライド2

セミナーの一コマ

☑遺言書作成にプロの支援が必要な理由。

キンジョウさんには、孫の一人に譲る土地以外にも財産を所有し、子供が数人いて、財産の遺し方によっては、相続人に不公平となる可能性があり、各相続人の遺留分などにも配慮した遺言書を作成する必要がありました。
セミナー講師が作成した遺言書原案を見て、自書は難しいと考えたキンジョウさんは、ワープロによる作成や代筆も可能な秘密証書遺言を選択します。長文を書くことに自信のない方にお勧めの遺言書です。遺言書には、いくつかの種類があり、各人にあった遺言書のご提案も大事なことです。

☑遺言書が完成し涙する

キンジョウさんは、公証人役場で公証人と証人2名の前で、持参した遺言書はセミナー講師が代筆し、自分の意思で作成したことを伝え、所定の様式に署名・捺印して完成させました。しばらくして、キンジョウさんはうつむき目頭を押さえ涙します。「自分に遺言書を作成することが出来るのだろうか?」と不安を感じていたそうで、安堵と喜びから自然と涙が出てきたそうです。そのことを聞いたお孫さんは、「おばぁの想いに応えるためにジョートー家を建てます!」と力強く話されていました。

☑想いを形にして笑顔になる

キンジョウさんは、子や孫のために遺言書を完成させたことをとても喜んでいました。自分が元気なうちは、孫に譲る土地は無償で使わせて、亡き後に譲る準備も整い、孫のマイホームの建築も始まりました。「近くに孫の新しい家が出来るのが楽しみさ~」と笑顔で話すキンジョウさん。お役に立てた充実感に浸るセミナー講師でした。

笑顔のおばぁ

遺言書セミナー

もし、あなたが「家族が困らないように、遺言書の作成をしよう。」とお考えなら、まずはプロの話を聞くことをお勧めします
キンジョウさんも参加したセミナーはこちらから。

90分で学ぶ!家族を安心させる遺言書の極意セミナー ~幸せな相続の準備~

開催日時:令和4年8月30日(火) AM10:00~11:30(90分)
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:限定8名
参加費:2,000円(税込)

詳細はこちら

お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所

お電話でのお申込み↓
☎098-861-3953

受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日OK)

メールでのお申込み↓
お申込みボタン

 


※件名に「8/30相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言などの発令により中止とすることもあります。

詳細はこちら

今日のJAZZ

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Just Friends》をB.G.M.にブログを書いています。
軽やかでスピード感あふれる演奏です。
トランぺッターのロイ・ハーグローブも参加していますね。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。


The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください