終活・相続・遺言書専門の行政書士が考える「遺言書作成の意義と作成することが好ましい方」とは?

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

昨晩(5/18水)はラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)をお聴きいただきました皆様、ありがとうございました。
少しの時間でもジャズで癒しの時間を過ごしていただき、僕の終活・相続・遺言書の話がお役に立てたのなら幸いです。
今回のジャズの選曲です。
オープニング:サックス奏者ソニー・ロリンズ《St. Thomas》
2曲目:サックス奏者ズート・シムズ《Dancing in The Dark》
3曲目:ピアニスト小曽根真《How My Heat Sings》
エンディング:ピアニスト、ビル・エヴァンス《My Romance》
次回の放送は6月1日(水)午後9時からとなります。
お楽しみに!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20220516

おもろまちアップルタウン2階のFMレキオのスタジオにて収録の合間の一枚。

遺言書作成の意義と作成することが好ましい方

昨晩のラジオ番組でもお話をさせて頂きましたが、遺言書を作成することが望ましい方がいます。
状況から考えると、相続が問題とならないように、ひいては争いとならないように予防してほしい方々です。

なぜ、僕がこれだけ毎日、お伝えしているかと言うと世の中、多くの相続問題や争いが起きているからです。

ちなみに家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割事件は年間11万件を超えています。

遺産分割事件数推移 令和2年度

遺産分割事件数推移(平成23年度~令和2年度)数字は最高裁判所司法統計より

こんな状況を踏まえ、僕は日々、遺言書の重要性を伝えていますが、遺言書作成の意義はどんなことにあるのでしょうか?

遺言書作成の意義

1.生前に自分の財産の分割方法や相続分を指定できる
2.遺言者の最終意思なので、家族も尊重してくれる
3.遺言により、円滑(スムーズ)な相続手続きが可能である
4.家族(遺族)の相続問題や争いを回避できる

遺言書作成の意義

 

遺言書の作成意義を踏まえ、僕が遺言書の作成をお勧めする方は次の通りです。

遺言書作成を作成することが望ましい方

1.不動産(土地、建物、賃貸物件、公用地、軍用地)をお持ちの方
2.現金や預貯金のある方
3.個人事業主または会社経営者の方
4.自分の死後、配偶者(妻・夫)または内縁関係の相手方の生活が心配な方
5.お子さんが多い方
6.推定相続人が配偶者(妻・夫)または内縁関係の相手方と兄弟姉妹の方
7.先祖代々の財産を次の世代に確実に遺したい方
8.ご家族に音信不通、行方不明やご病気で意思表示できない方がいらっしゃる方
9.社会貢献などのために自治体や団体に寄付をしたいと考えている方

ご覧いただいてわかる通り、殆どの方が当てはまるのではないかと思います。

実際に家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割事件における価額(財産の額)をみると約78%が5,000万円以下となっています。
5,000万円は大変大きな額のように思いますが、沖縄県内でも土地、家屋や預貯金があると、5,000万円ほどの評価にはなってしまいます。

その過程が大金持ちなのでしょうか?
僕は、そうではなく、一般の家庭だと思います。

ですから、一般家庭の、相続のことに無頓着なかたにこそ、よくよく考えてもらいたいのです。

令和2年 遺産分割事件 遺産の価額割合

令和2年遺産分割事件 遺産の価額割合。最高裁判所の司法統計データを参照し作成。

今日のJAZZ

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《How My Heart Sings》をB.G.M.にブログを書いています。
エヴァンスの最初のバンドでのベーシスト、スコット・ラファロを交通事故で失い、後任としてチャック・イスラエルを迎えて制作したアルバムの一枚に収録された演奏です。
僕の知識や耳では、大きな違いは感じられませんが、心地のよさ、癒しを感じられる演奏です。
エヴァンスのトリオによる演奏は、どちらがいいではなく、どちらもいい、と思うのです。

相続セミナー・説明会情報

外部講師セミナー

今から学ぶ終活と相続 ~幸せな相続の準備~

延期となり開催日が変更となりました。
時間と会場に変更はありません。
R4/5/12(木)追記

開催日時:令和4年5月14日(土) 6月11日(土) AM10:00~12:00
開催場所:Good Work 首里(那覇市首里山川町2-37)
定員:6名
参加費:1,000円(税込)
主催・お申込み・お問合せ:
有限会社オービック
☎050-5372-4497

【6/11(土)】今から学ぶ終活と相続 ~幸せな相続の準備~ セミナー開催!

自主開催相続セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~

開催日時:令和4年5月28日(土) AM10:00~11:20(80分)
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「5/28相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言などの発令により中止とすることもあります。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください