家族が相続争いや問題に巻き込まれる理由とその対策。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

家族が相続争いや問題に巻き込まれる理由

僕が仕事にしている「相続」ですが、争いごとも多い。

僕の所への相談も争いになっている事例が多く、残念ながら行政書士には介入できない、僕の力ではどうにもならないことが多々あります。
争いになってしまったら、弁護士を頼るか、家庭裁判所に厄介になるしかありません。

どんなケースで相続が争いになるかというと、一番は、「財産」の分け方です。
これが一番大きい。

少しでもお金や不動産などの財産がほしいというのは、人の普通の感情でしょうから致し方ないことでしょう。
ましてや、相続という基本的は対価の必要なのないことで、財産が手にできるんですからね。

では、なぜ相続が争いとなり「争続」になるのでしょうか?

それは、人が「感情」の生き物だからだと思います。
人生に喜怒哀楽は付きまといます。

毎日何かしら感じながら生きてると思います。
人は感情で動きますからね。

相続の時もその感情は、大きく影響します。

例えば・・・
「僕は長男であり、この家を守るために土地や建物、そして法事をするためのお金が必要だから相続は僕がすべてしたい。
それに親父もそれを望んでいたから、そうする責任があると考えている。
僕には親父から託された大事な思いを果たしたい。」

「私は長女で、結婚して家は出たけれども、お父さんは、晩年、体が不自由で、私の介護が必要であり、存在が必要だといつも言っていた。
こんなに献身的に面倒を見てくれてありがとう。
お父さんが亡くなったら、すべての財産はお前が貰いなさい、と言っていた。
介護をしたのはお金が目的ではないけど、お父さんがそう言っていたのだから財産は私が貰います。」

「僕は末っ子で、とてもお父さんに可愛がられました。
でも、それは末っ子だというわけだけではなくて、社会人になって、独立して家を出た後も年を取った両親が心配で、何かと実家に顔を出していたからお父さんも僕のことを可愛く思ったんだと思う。実家に行くたびに言われたよ。
お父さんが泣き後は、すべての財産を僕の夢実現のために使いなさい、とね。」

などど相続人が主張し始めたりしたら遺産分割協議は、感情論に突入していきますよ。

家族の誰かがなくなれば、みんな寂しいことでしょう。
同時に相続が絡めば、家族の間では、様々な感情が渦巻きます。

上記の例でも、遺言書がなく、遺産分割のための話し合い(遺産分割協議)をする中で、相続人の間では、様々な意見の主張があるでしょうね。

誰かが何かしら主張すれば、そのほかの相続人にはこれまで鬱積していたような感情が爆発してしまうこともあります。

遺言書がなく、相続が争いになってしまうのは、人としての感情があるからなのかもしれません。

遺言書がないことは確かに問題ですが、遺言書がないことで、相続人の感情が動き出すきっかけとなるのです。

相続では世の中の2大トラブルである、「人間関係」と「お金」の両方の問題が表面化しやすく、そして泥沼にはまってしまう恐れがあるのです。

そうなると、相続が争いとなり「争続」となるのかもしれません。
だからこそ、「遺言書」を遺してほしいのです。

誰に、どんな財産を、どのくらい、「相続させる」と書いてほしいのです。

遺言書は故人が自分の財産をどのように分与するかを書き示しているわけで、ご家族も最大限尊重してくれるでしょうし、相続人も原則的には遺言の内容に従わなくてはならない法的拘束力もあるのです。

そして遺言書を作成するならば、なぜ、こういった分け方をするのか、ということも遺言書に少し書いてもらえるといいかもしれません。

遺言書に貴方の気持ちを記すことを「付言事項」と言います。
遺言書を作成する上で、「付言事項」は大事な部分です。

無機質な書面の遺言書に血が通い、ご家族へ思いが伝わるはずです。

もちろん、遺言書が相続争いや問題を完全に予防するための完ぺきなツールとはいいませんが、あるのとないのとでは、大きな違いになります。

僕の経験からは、遺言書があったらよかったのにな、といった相続案件のほうが圧倒的に多いのです。

相続が争いとなってしまう理由をわかっていただけましたか?

「争続」は「遺言書」がないことで、相続人の感情を揺り動かすのです。

今日のJAZZ

ピアニスト、ウィントン・ケリーの《On Stage》をB.G.M.にブログを書いています。
アップ・テンポの軽快な演奏で、スカッとします。
モヤモヤする事があったら聴いてみてください。
気分が晴れるはず。

相続セミナー・説明会情報

自主開催相続セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~

開催日時:令和4年5月28日(土) AM10:00~11:20(80分)
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「5/28相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言などの発令により中止とすることもあります。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください