相続において大事なことは遺言書を書くことだけど、その遺言書を書く意味は貴方の想いを伝えることにある。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

遺言書は相続争いを予防する

僕は日ごろから「相続争いの予防には遺言書を書くことが一番です。」とお伝えしています。

もちろん万能ではありませんが、大部分の相続争いを予防してくれます。
なぜかというと、遺言書は故人が遺した財産の分与方法を本人が指定しているわけだから、ご家族も納得することでしょう。

だから遺言書は大事なんです。
法的に有効かつあまりにも不公平にならないような遺言書を書けば、相続争いの大部分は避けられるはずです。

付言事項で気持ちを伝えてほしい

法的に有効な遺言書は、法的拘束力を持ちます。
ですから、法的な要件は絶対に外してはいけません。
自筆証書遺言だと法的に必要な4つの要件がありますが、詳しくはこちらのブログを読んでくださいね。

遺言書を書く時にこれ書くとご家族に伝わりやすいと思うのが「付言事項」です。
付言事項は法的な拘束力はありませんが、遺言者の気もちを伝えられる事項なんです。

「なぜ、この遺言書を書いたのか。」
「なぜ、このような財産分与の方法を指定したのか。」
「自分の亡き後家族にはどうしていてほしいのか」
などなどの気もちを伝えられるのです。

付言事項は書かなくてもいいものですが、書いてあるとご家族への想いの伝わりかたが違います。

僕のご依頼者には「付言事項」を書くことをお勧めしています。
そして、ほとんどのお客様が困った顔をしながらも素直に気持ちを書いてくださっています。

付言事項を完成させるときには、僕も思わずウルッとすることもあります。

遺言書を書くのは、財産の分与方法を書き綴るだけではありません。
あなたの気もちをご家族に伝える方法なんです。

なかなか面と言えないことも遺言書ならかけると思います。
ご家族があなたの遺言書を見るときには、あなたはもう天国ですから、思いっきり本音で付言事項を書いてくださいね。

今日のJAZZ

ピアニストOscar PetersonのLive(1989)。
凄くアグレッシブな演奏です。
ライブ演奏こそ彼の持ち味だという人もいます。
JAZZクラブで聴いてみたいプレイヤーの一人でした。

 

【セミナー情報】 当事務所主催 ※告知チラシは(ここ)をクリック

「相続を争いにしないために知っておきたいたった一つのこと ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続は準備さえすれば、皆が幸せになります。相続が円満かつ円滑に済むように準備をするためには、「遺言書」を書くことです。相続専門の行政書士が、相続が争いとなり「争続」となるケースやその予防策について解説します。
《日時》 平成29年3月30日(木) 午前9:45~11:45
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 4階 中会議室B (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 15名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に3/30のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です