その財産移転は生前にしたいのか?死後にしたいのか?それが問題です。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

生前と死後に財産を承継する方法

ご相談がある中で、財産を子供に遺したい、譲りたい、譲渡したいとのご相談がある中で、贈与と相続についてこんがらがっている方がいます。

例えば、「土地と家を長男に相続させたいんだけど、今すぐ名義を変えられるだろうか?」とのご相談があったとします。
ご相談者の意図を確認しないといけません。

○今すぐ名義を変えたいのか?
○自分の亡くなった後ではないのか?
○税金のことは考えているか?
○なぜ、そうしたいのか?

色々確認しますが、たいていの場合、贈与と相続について、こんがらかっていることが多いです。

まず、大まかに言えば、生前に財産を移転したいのなら贈与です。
自分が亡くなった後に財産を移転しいたい場合には相続です。

そこで、上記の疑問にお答えすると次の通りになります。

○今すぐ名義を変えたいのか?
←贈与です(生前に財産の移転)。贈与契約の締結。

○自分の亡くなった後ではないのか?
←相続です(自分が亡くなった後に財産の移転)。遺言書の作成。

○税金のことは考えているか?
←贈与の場合は多額の税金がかかることもあります。相続時精算課税制度を活用すれば贈与時点では非課税となり相続の時には清算することも可能。相続税は基礎控除が大きいので、非課税の可能性は大きいかもしれないですね。僕は税理士と協力してご提案可能です。

○なぜ、そうしたいのか?
←そもそも何の目的で財産を移転したいのかが明確になると他の方法もご提案できます。場合によっては売買契約がいいかも仕入れないですし、信託契約を締結することがいいかもしれないですし、今は財産の移転を考えない方がいいこともあります。

今日は贈与と相続について、簡単に解説しましたが、いずれにせよその財産移転を生前にしたいのか?死後でいいのか?本当にこの方法でいいのか?など迷っている方はお近くの行政書士などの専門家にご相談してください。

最適な方法が見つかるかもしれません。

 

今日のJAZZ

一昨日のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)で選曲したピアニスト、ビル・エヴァンスの《Love Theme From Spartacus》(スパルタカス 愛のテーマ)を聴いています。
エヴァンスが初めてグラミー賞を受賞したアルバム『Conversations With Myself』(自己との対話)に収録されている演奏です。
この曲はカーク・ダグラスが総指揮・主演で、スタンリー・キューブリックがメガホンを取り制作された映画「スパルタカス」のテーマ曲で作曲家アレックス・ノースの作品です。
エヴァンスの演奏はどこか神秘的で、美しい。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

(中止)より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催年月日:令和2年5月25日(月)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止を決定いたしました。(令和2年5月7日15:32決定)
次回は6月29日(月)を予定しております。

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください