知ってますか?相続争いが起きる一番大きな要因。

こんばんは。
沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

相続争いはなぜ起きるのか?

僕は相続争いの大きな原因は、感情のもつれであると思っています。
相続が発生し、相続財産の分け方を決めるときに相続人の感情が爆発したりするのです。

普通に付き合っていた家族、もっと言うと仲の良かった家族が、相続が原因で仲たがいすることもあるのです。
争いの原因は様々ですが、「あの人がそんなことを言うなんて・・・」ってことが起きたりします。

例えば、お父さんの晩年の面倒を見ていた長女からすれば、見舞いにすら来ずに、何もしなかったほかの兄弟姉妹が同じように財産を相続することを面白くなく、思うかもしれません。
また、兄弟姉妹は子供のころからのたまりにたまった、相続とは関係ないことで、感情が爆発してしまうかもしれません。
さらに、相続人の当事者はいいと思っていても、その配偶者が口をはさんできたりするともっと深刻かもしれません。
法律上、なんの権利もない人が、絡んでくると厄介です。

ただ、僕はそれは、人間にとって当然の感情だと思いますので、致し方ないと思います。

家庭裁判所に持ち込まれる「遺産分割事件」は、100万円程で争っている例もあるといいます。
それは、もはやお金のも問題ではなく、相手方を許せないという感情のもつれなのかもしれません。

相続争いを予防する方法

僕は、相続が争にならない予防策は「遺言書」が大きな役割を占めていると思っています。
特に、円満かつ円滑な相続が行えるように、法的に有効な不公平とならない遺言書を書くことが大切だと思います。

遺言書は、遺言者(財産を遺す人)が生前に自分の財産の分け方を指定できるのです。
そもそも自分の作った財産をどのように分けるかは、その人の勝手だと思います。
ですから、家族も、故人の遺した遺言書という遺志を尊重するはずです。

尊重される遺言書が存在するということは、家族も争う可能性は低いでしょう。

「お父さんが、遺言書にこんな風に書き残してるんなら、そうしよう。」と家族もすんなり受け入れるのではないでしょうか?

ただし、昨今は権利意識の高まりや若い人の経済状況が苦しいので、あまりにも不公平な遺言書は、争いを招くことになるかもしれません。

折角遺した財産で、家族が争うことのないように、遺言書を書いてほしいと思います。

遺言書の封筒。

今日のJAZZ

JAZZの帝王トランぺッターMiles Davis(マイルス・デイビス)と天才サックスプレイヤーCharlie Parker(チャーリー・パーカー)の「A Night In Tunisia」。
師弟関係にあった二人のセッションです。
マイルス・デイビスは初めてチャーリー・パーカーのグループで演奏した時、驚きでまともにトランペットを吹けなかったそうです。
チャーリー・パーカーは別次元のプレイヤーだったんですね。
その後、マイルス・デイビスはチャーリー・パーカーの下を去りますが、同じことはできないと思い、ソロのアドリブを大事にしつつも調和を求めるハードバップを模索し始めたのです。

【セミナー情報】 当事務所主催

「相続を争いにしないために知っておきたいこと ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮題)

相続は準備さえすれば、皆が幸せになります。相続が円満かつ円滑に済むように準備をするためには、「遺言書」を書くことです。相続専門の行政書士が、相続が争いとなり「争続」となるケースやその予防策について解説します。
《日時》 平成29年3月30日(木) 午前9:45~11:45
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 4階 中会議室B (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 10名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に3/30のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る