知ってますか?1,800万円もの相続財産がいまだに分割できないのは遺言書がないから。もったいないな。

こんにちは。
沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

誰かがなくなれば悲しいし、やることが沢山ありますが、相続は待ったなしで始まります

琉球新報お悔やみ欄

ここのところ、新聞のお悔やみ欄(死亡広告欄)の掲載が増えているように思います。
季節の変わり目、寒くなったり、暑くなったり、年度末、年度初めの慌ただしい時などは体調に変化がでやすくお亡くなりになる方も多いようですね。

ご高齢の方には気候の変化は応えますからね。
気を付けましょう。

どなたが亡くなると、相続が開始します。
相続の開始は、その方が亡くなった瞬間に始まります。

お通夜、告別式、納骨、葬儀など法事が続き大変だと思います。
また、何よりご家族がなくなれば気持ちの整理を付けるのも大変だと思いますが、相続は待ったなしで始まります。

そして、相続は財産の内容がプラスだろうがマイナスだろうがお構いなしで開始します。

借金が多くたって相続は開始するのです。
借金を背負いたくないのであれば、相続放棄もしないといけません。
3か月以内です。

そして、相続したら場合によっては、相続税を支払わなくてはならないこともあります。
相続税の申告・納付の期限は10ヶ月以内です。

相続は結構しなければならないことが沢山あるのです。

相続が開始したらまずは遺言書を探しましょう

そして、何より相続が開始したらしてほしいのが、遺言書を探すことです。
相続の手続きは遺言書があるとないとでは、すべきことが違ってきますからね。

遺言書が見つかったら方式を確認してください。
その方式によって、取り扱いが異なります。
主な遺言の方式に伴う手続きです。

☑公正証書遺言→遺言執行(不動産の所有権移転登記、銀行口座解約、株式名義書き換えなど)
☑自筆証書遺言→家庭裁判所で検認の手続き後に開封して、遺言執行
☑秘密証書遺言→家庭裁判所で検認の手続き後に開封して、遺言執行

遺言書が無かったら・・・

では、遺言書がなかったらどうなるでしょうか?
遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議を行い遺産分割協議書を作成してください。

遺産分割協議は相続人全員でしなければなりません。
相続人が、県外、海外にいても全員としないといけません。
顔を突き合わせてする必要はありませんが、最終的には書面にして署名・捺印(実印)をしなければならないです。

また、相続人に認知症や被後見人などで判断能力に書ける人がいたら裁判所で代理人を選任してもらって協議に加わってもらわなくてはなりません。
相続人が未成年者である場合も代理人の問題が出てきます。

さらに、相続人が行方不明なら財産管理人を選任する必要も出てくることがあります。

さらにさらにですよ。
相続人が反社会勢力(ヤクザ)出会ったとしても、話し合いの場に加わってもらわないといけません。
遺産分割協議って大変なんです。

僕が相談を受けた事例では、1,800万円もの預貯金があるのに、遺産分割協議は整わず20年以上も放置されているようです。
当事者はあまりにも醜い争いで、気がめいってしまい、話し合いをしなくなったそうです。
もったいないですね。

ですから遺言書はあったほうがいい。

相続人となるご家族が困らないようにちゃんと準備してくださいね。

今日のJAZZ

ピアニストでヴォーカリストでもあるNat King Cole(ナット・キング・コール)の「The Extraordinary」。
黒人のスラっとした風貌からはちょっと想像できない渋い歌声を披露してくれます。
オシャレで、カッコいんだから非の打ちどころがないですね。
でも、かれも45歳の若さで肺がんで亡くなります。
僕と同い年です。
なぜ、いいジャズメンは早死になんだろう。

【セミナー情報】 当事務所主催 

4月後半に開催予定で。
決まり次第、告知させて頂きます。

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る