【物語に触れるジャズ6選】作品の背景に目を向けてみると楽しみ方も違ってくる。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

ジャズの物語に触れる

僕がジャズを聴くのは癒しを求めているからです。
もともとは心身ともに疲れ切っていた時に眠れない夜が続き、ヒーリング音楽としてジャズを聴き始めました。

もう20年位の前の話です。
しばらくは、ジャズをヒーリングまたはB.G.M.としてしかとらえていませんでしたが、ある時からジャズ・クラブに通うようになり、ジャズの聴き方が変わったように思います。

ジャズ・クラブに通うようになったのは、カウンター席でジャズを聴きながら、お酒を飲んだら楽しいし、癒されるだろうな、ということに加えてなんだかカッコよさも感じたからです。
実際に、ジャズ・クラブで聴くセッションはCDなどで聴くジャズとは違いました。

ミュージシャン同士のやり取り、息遣い、阿吽の呼吸、熱さ、楽しさや感情が伝わってきてとても楽しかったのです。

ジャズの楽しさに開眼したように思います。
それは10年くらい前です。

ジャズのことをもっと知りたいと思い、ジャズの歴史やミュージシャンのことなど色々調べたり、読んだりしていると、面白い。

特にミュージシャンの自叙伝などは赤裸々に綴っていてびっくりしますね。
マイルスの自叙伝は最高に面白かったです。

マイルスデイヴィスに関する書籍

マイルスデイヴィスに関する書籍

そして、ミュージシャンを知り、その曲の成り立ちなどを知るとドラマがあって面白い。

今日のまとめ記事でも紹介しているピアニスト、マル・ウォルドンの《Left Alone》は歌姫レディ・デイことビリー・ホリデイとの共作だったそうです。
ウォルドンが曲を書き、ホリデイが作詞した。
しかし、二人が共演した音源は残っていないそうです。
ホリデイがほどなくして亡くなったので、共演はしたけどレコーディングはなかったそうです。
そんな話を聴くとタイトル「Left Alone」(ひとりぼっちになる)は切なく感じます。

また、サックス奏者ベニー・ゴルソンの作曲した《I Remember Clifford》は、車の事故で亡くなった天才トランぺッター、クリフォード・ブラウンの追悼曲です。
ブラウンの人柄に惚れこんでいて、その死に大きなショックを受けたゴルソンだから書けた曲だったのでしょう。

そんなストリーを聴いているとジャズの聴き方も変わってきたように思います。

ジャズは聴いているだけで、楽しいですが、歴史を知り、ミュージシャンを知り、その背景を知るともっと楽しくなるかもしれません。

まだまだ、奥の深いジャズです。
これからも聴き続けたい。
これからも深く知りたいと思います。

相倉久人「新書で入門 ジャズの歴史」(新潮新書)

相倉久人「新書で入門 ジャズの歴史」(新潮新書)

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってもいい曲を紹介してました。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

マル・ウォルドン《Left Alone》

ピアニスト、マル・ウォルドンの《Left Alone》をB.G.M.にブログを書いています。
タイトル通り、しんみりした演奏ですが、哀愁が漂ってきていいんですよね。
1970年11月の東京でのライブの収録のようです。
ウォルドンは後に日本人と結婚しています。

リー・モーガン《I Remember Clifford》

ジャズのスタンダードとなっている《I Remember Clifford》は自動車事故で若くして亡くなったブラウニーことクリフォード・ブラウンの追悼曲ですが、ブラウニーの再来と言われた天才トランぺッター、リー・モーガンが《I Remember Clifford》を切々と吹いてます。
モーガンも同じトランぺッターとして、ブラウニーにかなりの影響を受けていたのでしょうね。
そして、モーガンも33歳の若さで亡くなります。
ジャズの天才は短命なのでしょうか。

ジャズテット《I Remember Clifford》

昨日(2/10)、ジャズのスタンダード《I Remember Clifford》を紹介しましたが、作曲者はサックス奏者ベニー・ゴルソンです。
トランぺッター、ブラウニーことクリフォード・ブラウンと仲が良く、その人柄に惚れこんでいたゴルソンが、ブラウニーの追悼曲として作曲したのです。
今日(2/11)はゴルソンとトランぺッター、アート・ファーマーの双頭バンド、ジャズテットの《I Remember Clifford》を紹介します。

プラチナ・ジャズ《Altair (from Kids on the Slope)》

ラスマス・フェイバー率いるプラチナ・ジャズの《Altair (from Kids on the Slope)》を聴いてみました。
気になったのは「from Kids on the Slope」の部分です。
日本のアニメ・ソングをジャズ・アレンジしたものだろうとは思ったのですが、「from Kids on the Slope」からはすぐに想像がつかなかった。
調べてみると「坂道のアポロン」という小玉ユキさんの作品で『月刊フラワーズ』(小学館)に、2007年11月号から2012年3月号まで連載されていたようですね。
ジャズにの熱中する若者の恋愛、成長ストーリーのようです。
ジャズに関係するなら読んでみようかな・・・
プラチナ・ジャズの《Altair (from Kids on the Slope)》はしっとりしてていいですね。

チック・コリア《Return To Forever》

SNSで訃報が飛び込んできたのは昨日(2/12)のことでした。
ピアニスト、チック・コリアが亡くなったそうです。
癌で闘病中だったようですね。
何年か前にNHKの朝の情報番組に生出演していたチック・コリアさんの演奏する姿を初めてみました。
とても明るく笑顔の絶えない方でしたが、演奏する姿は真剣そのもの。
マイルス・デイヴィスのバンドでも活躍し、グラミー賞を何度も受賞した偉大なジャズマンがいなくなった。
寂しいですね。
コリアの《Return To Forever》を聴きながら偲びました。

マイルス・デイヴィス《My Funny Valentine》

バレンタインデーですね。
だとすれば、トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《My Funny Valentine》を聴いた方がいいですね。
マイルスのトランペットが最大限楽しめる演奏です。
マイルスの”歌声”をゆっくり聴いてください。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年2月24日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください