遺言書を遺産を分けるためだけの書面だと思ったら失敗する。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

遺言書を書く方は増えているけど

昨今は、自分の亡き後に家族が争わないようにしたいと考える方が遺言書を書くことも増えています。
僕も遺言書の作成のお手伝いをさせていただいています。
遺言書を作成する上で、大事なことがあります。
遺言書を単に財産を分けるための書類と考えると、その遺言が失敗する可能性もあります。

残念ながら、遺言書は万能ではありません。
単に相続分を指定するようなことを機械的に書いてると、相続人も納得しないようなことが起きます。
そうなるとせっかく書いた遺言書が争いの種になりかねず本末転倒です。

では、遺言書を失敗しないコツは何か?
そんなことを解説します。

遺言書を書く人イラスト

遺言書を書く人イラスト

遺言書の法的な拘束力はない付言事項

遺言書の作成のお手伝いをする時には、遺言者の方と何度かお会いして、内容を詰めていきますが、最後の確認はいつも涙なしでは終わりません。

なぜかというと、遺言書の最後の仕上げとして、僕は「付言事項」をお客様にお考えていただいているのですが、その家族に向けた文面が、お客様の生き方を表していて、ご家族への強い想いが感じられて、とても感動するのです。

お客様もその文面を確認しながら涙されることが多い。
いろんなことを思い出すんでしょうね。

僕もお客様の気持ちが伝わってきて、感情移入して、うるうるします。

遺言書には、基本的には何でも書けます。
ただ、遺言書は遺言者が亡き後に自分の財産の所有者を定める大事な文書ですから、法的な拘束力のある事項(相続分の指定、相続人の廃除、子の認知や遺言執行者の指定など12項目)もあります。
また、一方で法的な拘束力のない事項もあり、それが「付言事項」なのです。

以前に、遺言書の作成のお手伝いをさせていただいたお客様と最終確認しているときも二人して、ウルウルしてました。
お客様は長く経営者としてご活躍された方で、豊富な人生経験があり、経営者としての実績を遺された方です。
その方の付言事項が、本当に身に染みるものでした。
僕自身、経営者として学ぶことが多々ありました。
詳しくは書けませんが、自己中心的な考え方はいけないということですね。

付言事項からは、僕がお客様からいつも学ばせていただいています。

お客様と僕

付言事項を書く意味

僕は、遺言書を作成する際にこの「付言事項」がとても大切であることをお伝えしています。
遺言書の法的な拘束力のある部分は、決まった方法で機械的に書けるのですが、付言事項は、遺言者の気持ちを書くところなので、十人十色です。

しかし、付言事項には法的な拘束力はないけれども、大きな力があります。

遺言書の最後に、付言事項として、
遺言者がなぜこのような遺言内容にしたのか、
家族へどんな想いを持っていたのか、
家族への感謝の気持ち、
自分の人生はどうだったのか、
自分はいかにして生きてきたのか、
自分の亡き後に家族にどうあってほしいのか、
などのことをを素直な気持ちで書かれています。

そこには、その方の人生で経験したことや大事にしていることが現れます。
ですから、遺言者のお気持ちが家族にダイレクトに伝わる所なのです。

もし、遺言書の内容に少々不満がある方がいても、付言事項を読めば納得してくれるのではないかと思います。
また、遺言書の内容に不満がなくても、亡くなった故人の気持ちがより伝わると思います。

遺言書には「付言事項」必要なのです。

寿司に例えるなら、寿司に欠かせないマグロやつぶ貝などのネタが法的な拘束力のある部分で、シャリが付言事項でしょうか。
美味しい酢飯の上に、新鮮なネタが乗ってるから美味いのです。

遺言書も遺言者の気持ちの上に、法的に拘束力のある遺言内容があるから説得力が増すのでしょう。
わかりにくいかな?(笑)

僕の沖にいるの魚寿司の寿司。

僕のお気に入りのすし屋「魚寿司」の寿司はリーズナブルでお勧めです。
魚寿司久茂地店は僕の通うJAZZクラブの向かいにありますが、最近はコロナの影響で行っていません。
みんな、元気にやってるかな・・・

今日のJAZZ

サックス奏者ソニー・スティットの《I’ll Remember April》をB.G.M.にブログを書いています。
モダン・ジャズの父と言われたサックス奏者チャーリー・パーカーの最も優れた弟子とも言われたスティットの演奏はスピード感にあふれていますが、トゲがない優しさを感じます。
バックはピアニスト、オスカー・ピーターソンのトリオ。素晴らし演奏です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和2年8月25日(火) 午前10時から11時15分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

※新型コロナウイルス感染の状況により、中止とすることもありますので、ご了承ください。

詳細はこちらをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください