相続はあなたの想いを引き継ぐことでもある。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。

【詐欺メール】

ドコモDOCOMOを語る迷惑メール(詐欺)があるようです。
ドコモから10万円の特別給付金(仮称)の配布をするような内容のようですが、気をつけてください。

https://twitter.com/jazzyshiroma/status/1253852565860573185

相続はその人の想いを引き継ぐこと

僕はもともとモノを大事に使う方で、なくすことも少ないし、壊すこともほとんどない。
なんでも長持ちします。
身の回りのものだと、パッと思いつくもので、ここのところ毎朝、コーヒーを飲んでいるマグカップは25年くらい使ってますし、だいぶくたびれて寝間着にしてますが、昔流行ったイージーパンツは2着あって28年位着てます。

また、祖父から父へ引き継がれ、そして僕の手元にある時計もありますが、50年以上前のもので正確性は失われていますが、動いています。

また、一昨年、二十歳になった長男坊に譲った時計は、長男が生まれた時に買って成人したら譲ろうと思い20年間大事に使ってきました。
昨年、無事に長男坊に引き渡せてホッとしています。

左が長男に譲る時計。右は祖父から父が受け継ぎ僕の手元にある時計。

左は一昨年二十歳に長男に譲った時計。右は祖父から父が受け継ぎ僕の手元にある時計。どちらもオメガ・シーマスター。

 

今日はベランダに置いてある木製のベンチが腐食して壊れていたので、解体して廃棄しようと思ってましたら、まだ使える木材があったので、サイズを小さくして作り直してみました。
休校中の中学2年生の次男坊も手伝ってくれて、上出来の木製ベンチが出来上がりました。
こういった作業で大変なのは、ノコギリで木材を切ることだと改めて感じました。
腕が痛いです。

壊れた木製ベンチ

壊れた木製ベンチ

木製ベンチ リニューアル後

木製ベンチ リニューアル後

 

次男坊と一緒に木製ベンチをリニューアルしたところ、完成した時に次男坊が言いました。
「座れるじゃん。案外使えるもんなんだね。楽しかった!」

次男坊と一緒にDIYするのは初めてだったかもしれません。
一緒に作業をすると、任せた仕事を一生懸命にしてくれたし、道具の使い方も興味津々で聴いてくれてました。

モノを大事にすることや自分でできることがあることを少しばかり伝えられたように思います。
僕もなんだかすがすがしい気持ちでした。

ここのところ家に閉じこもり、暗いニュースばかりが続いていますが、何かに集中してみるのもいいですね。

僕の専門の相続に置き換えてみると、親から子へ承継されるのは目に見えて価値のわかる財産(不動産・預貯金・株式など)だけではなくて、その人の想いや生き方なんだろうと思いました。

新型コロナウイルスの影響で学校も休校になり、勉強時間も少なくなってますが、こうして親と一緒に何かをすることで学ぶこともあるのではないかと改めて思ったのです。

亡くなった父親の遺影。

亡くなった父親の遺影。

そういえば、40年ほど前になかなか休みのないデパートマンの父親と一緒に、愛犬の犬小屋を作ったことを思い出しました。
父親がノコギリや金づちを使って、見事な犬小屋を作る姿を今でも覚えています。
もしかしたら、同じ姿を次男坊に見せたかったのかもしれないと考えています。

こんな時ですが、いい一日でした。

今日のJAZZ

ピアニストでありヴォーカリストのダイアナ・クラールの《Let’s Face The Music And Dance》を聴いてます。
1990年代以降に最も成功したジャズ・ヴォーカリストと言われているようです。
グラミー賞も5度受賞しているようですね。
あまり最近のジャズ・ミュージシャンの演奏を聞かないので、知らなかったです。
とても雰囲気のいい歌声です。切なさも感じる。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

(中止)「より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催年月日:令和2年4月28日(火)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止としました。(4月7日午後2時39分決定)
次回は5月25日(月)の午前中を予定しています。改めて告知いたします。

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください