知ってますか?相続争いが起きてしまう3つのケース。

Pocket

今日からゴールデン・ウィークに入りましたね。
10連休という方もいらっしゃるようですが、沖縄は観光産業を中心としたサービス業が多いので、なかなかそういうわけにはいかないようですね。
僕もちょこちょこと仕事が入っていますが、のんびり過ごせそうです。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

相続争いは誰にでも起きる

この仕事を初めてしばらくしてからのことです。
ある女性の方とお話ししていたんです。

Kさん「城間さんは相続専門の行政書士なのね!凄いね!」
僕「凄くはないけど。専門ですよ。何かあったらご相談ください!」
Kさん「自分は大丈夫!財産なんてないからね。」

大方の方がこんな風に思っていると思います。
そうですよね。
相続が争続になるなんて誰も想像しないし、したくないかもしれません。
しかし、大したことはないと思っていても相続はもめちゃうんですね。

相続が争いになる理由

相続でもめる3つのケース

相続争いになっているケースは様々ですが、特に注意してもらいたい3つのケースについてお話しします。
僕が経験したり、相談を受けたりしたケースです。

1.大した財産はないから争わない

実はこの考えが大きな落とし穴。
「大した財産はない」と言うのは、人によって感覚は違うと思いますが、例えば、主な財産が家族が住んでいる土地・建物だけだとしましょう。
家族構成は、一緒に住む両親と独立し別に住んでいる子供二人。

お父さんが亡くなりました。
相続する財産は、土地と建物だけ。
お母さんと子供二人で、歩み寄りがなく遺産分割協議がまとまらないと・・・
この家と土地を売って、お金に変えて、遺産を分割することになります。
この家に住み続けることができると思っていた、お母さんは路頭に迷います。
実際にあった話なんです。

これが子供でも夫の前妻との子供だったり、子供がいない場合で夫の兄弟姉妹が相続人になるケースは、更に話がこじれやすいのです。

2.家族はみんな仲良しだから争わない

本当にそうですか?
お金が絡み合うと、仲のいい家族でも争うことは良くあることです。
そして、血がつながった親族ほど、骨肉の争いに発展することもあるのです。

相続はお金が絡んできます。
目の前に大きな財産が見えると目がくらむ人もいますし、相続人本人ではなく、その妻や夫、子供たちなどの第三者の意見に相続人が惑わされることもあるのです。
相続争いは当事者以外の人たちによって引き起こされることもあるのです。

さらに、家族といえども相続の時に、ささいなことで過去のことを思い出して感情的になり、争いに発展することは多々あります。

ちなみに相続争いで一番多いのは、子供たちの争いだそうです。
昔からのたまりにたまった感情が爆発したり、それぞれが独立し家族を持つと昔のような兄弟としての関係は維持できなくなるんですね。

僕は、この仕事を始めて沢山のご相談を承り、涙ながらに困った現状を訴える方に何人も出会いました。
皆さん口々におっしゃいます。
「あの人が、こんなことを言うなんて思いもしなかった。」

お金が絡む相続は、人の心を変えてしまうのかもしれません。
僕は、悲しいですが、相続においては「家族は仲がいいは幻想だと思って準備して下さい」と伝えています。

3.親がしっかり考えているから争いはおきない

親まかせは本当に大丈夫?
親は、大した財産はないし、家族も仲がいいから大丈夫!と思っていたら、すでに説明したような争いになることもありますよ。

日頃から、老後のこと、体が動かなくなった後のこと、お墓のこと、所有している財産のこと、遺言の有無など、少しずつコミュニケーションをとりながら家族でお話をしてみてください。

親は案外、楽観的に考えていると思いますが、実際はそうはいかないこともあるかもしれません。

特に沖縄は「なんくるないさ(なんとかなるさ)」の考え方があるので、超楽観的です。
僕の考える「なんくるないさ」は何かしら手を打って準備をした(努力した)上で、その後は流れに任せる意味だと思ってます。
何もしないのに「なんくるないさ」は無責任と言われても仕方ありません。

自分の遺した財産で家族が争わないように、しっかりと準備をしてもらいたいのです、
相続は準備さえすれば、自分自身もご家族も幸せになれます。

今日のJAZZ

ジャズを聴き始めてしばらくするとピアニスト、ビル・エヴァンスの演奏を繰り返し聴いていた時期がありました。
その時に繰り返し聞いていたのが、エヴァンスの《My Foolish Heart》。
何かのコンピレーションアルバムに収録されていて、とても心地よかったので、何度も繰り返し聴いていました。
エヴァンスの美しい優しいタッチの旋律が気持ちいい。
この曲はエヴァンスのリヴァーサイド4部作のアルバムの一つ『Waltz for Debby』の1曲目に収録されていることを知るのはだいぶたってからです。

【相続セミナー・説明会情報】

争わなくてすむ相続を遺言書で実現する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年5月29日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「5/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください