【楽しむジャズ6選】知らない世界に踏み込むと新しい出会いがあるから楽しい。


JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えも書いていますよ。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら嬉しいです。行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

新しいジャズとの出会いを楽しむ

僕はほぼ毎日、ジャズを聴いてますが、自分の聴きたいジャズばかり聴いてるとプレイヤーやジャンルが偏ってしまうので、書籍、SNSやネットなどで見つけた情報をもとに聴くこともしてます。

その方が幅広いジャンルのジャズが聴けて、新しい出会いもありますからね。

人との出会いなども含めて、新たな出会いはいいもんですよね。
知らない世界に踏み込む感じがしますからね。

過去6日間もブログでジャズを紹介してましたが、ほぼYoutubeでお勧めに出てきた演奏です。
聴いてみて、好きだな、と思う演奏を紹介しています。

今回は、トランペットのケニー・ドーハムが多めですね。
ドーハムの静かだけで、存在感のある音色が好きなんだと思う。

ビック・バンドでも活躍し、数多くの一流ジャズマンと共演しているドーハムの名前は知ってましたが、あまり聴いたことはなかったかもしれません。
お勧めのままに聴いてみたことで、改めてその良さに気が付きました。

これからも気になったミュージシャンや演奏を聴いて、新しい出会いを楽しみたいと思います。

お勧めのJAZZの本

お勧めのJAZZの本。書籍の情報で出会うジャズも多い。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ケニー・ドーハム《Lotus Blossom》

トランぺッター、ケニー・ドーハムの《Lotus Blossom》をB.G.M.にブログを書いています。
ノリのいい演奏で、気持ちよく聴けます。
ドーハムのトランペットはシャープで高らかな音色を奏でてますね。

スタン・ゲッツ《Out of Nowhere》

サックス奏者スタン・ゲッツの《Out of Nowhere》をB.G.M.にブログを書いてます。
1960年、ドイツ西部の街デュッセルドルフでのライブのようです。
ゲッツがとてもリラックスして、気持ちよさそうに吹いているように思います。
優しくていい音ですね。

トミー・フラナガン《How Deep is the Ocean》

ピアニスト、トミー・フラナガンの《How Deep is the Ocean》をB.G.M.にブログを書いています。
ジャズのスタンダードをエレガントに演奏していますね。
落ち着きがあってとても心地よい。
ドラマーのルイス・ナッシュは、那覇のジャズ・クラブ「Parker’s Mood Jazz Club」でライブを聴いたことがあります。

ナット・アダレイ《Work Song》

コルネット奏者ナット・アダレイの《Work Song》をB.G.M.にブログを書いています。
コール・アンド・レスポンスで始まり、こぎみいい演奏が続きます。
ギターはウェス・モンゴメリーのようですね。
僕はジャズを聴くようになるまで、コルネットという楽器を知らなかったのですが、トランペットを短くしたような形状をしています。
少し高めの音域が出るようです。
楽しげな音がします。

ケニー・ドーハム《Autumn Leaves》

トランぺッター、ケニー・ドーハムの《Autumn Leaves》をB.G.M.にブログを書いています。
ジャズのスタンダードで多くのジャズマンが演奏していますね。
ドーハムの少しかすれたトランペットとジョー・ヘンダーソンのサックスのソロがたっぷり楽しめる一曲です。

ケニー・ドーハム《Manha de Carnaval》

トランペッター、ケニー・ドーハムの《Manha de Carnaval》(カーニバルの朝)をB.G.M.にブログを書いています。
映画「黒いオルフェ」の主題歌であることから《Black Orpheus》とも呼ばれるようです。
元々サンバの曲なので、軽快なリズムを刻む曲です。
ドーハムの演奏は抑え気味ですが、バックの演奏がサンバ調で盛り上がります。

相続セミナー・説明会情報

自主開催相続セミナー

90分で学ぶ!家族を安心させる遺言書の極意セミナー ~幸せな相続の準備~

開催日時:令和4年8月30日(火) AM10:00~11:30(90分)
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:限定8名
参加費:2,000円(税込)

詳細はこちら

お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所

お電話でのお申込み↓
☎098-861-3953

受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日OK)

メールでのお申込み↓
お申込みボタン

 


※件名に「8/30相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言などの発令により中止とすることもあります。

詳細はこちら

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。


The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください