終活に取り組む方に知っておいてもらいたいエンディング・ノートと遺言書の役割。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

エンディング・ノートと遺言書は違うものです

昨日のブログでは、遺言書の作成手順を書かせてもらいました。

【遺言書作成の手順】遺言書はどんな手順で作成すればいいのか?概要です。

その記事の中で、遺言書の作成準備のために、エンディング・ノートの活用をお勧めしています。

エンディング・ノートと遺言書はどちらも大事な役割があり、しっかりと活用してもらいたいのですが、知ってもらいたいことがあります。

両者は違う役割があるということです。

例えば、終活に取り組む上で、情報を整理するのに役立つのが「エンディング・ノート」で、本屋さんに行くと名称は違いますが、多くのエンディング・ノートが売られています。

様々なエンディング・ノート。

様々なエンディング・ノート。

ただ、一般の方には、エンディング・ノートと遺言書をごちゃ混ぜにして考えていらっしゃる方がいますが、両者は違うものです。
簡単に解説します。

まず、エンディング・ノートには基本情報(生年月日、性別、家族関係)、自分の簡単な出生からの生い立ち、財産(不動産、預貯金、株式、動産など)、貸金庫の有無、加入している保険、ネット・バンキング、ネット・トレード、利用しているSNS、ネット上のIDやパスワード、介護をどうしたいのか、終末期医療の希望、葬儀の方法、ご供養の方法、遺言書の有無、親しい友人のリストなどをまとめるものです。

一方で、遺言書は自分の財産を誰に、どのくらいの割合で分与したいのか、ということを中心に書き遺します。

遺言書とエンディング・ノートの最大の違いは「法的拘束力」です。

遺言書には、法的拘束力があります。
エンディング・ノートには法的拘束力はありません。

さて、わかりいただけましたでしょうか?
遺言書とエンディング・ノートはは違うものなのです。
両方を混同して考えている方もいるようですので、お気を付けください。

以前にSNSで「私は相続の準備として、エンディング・ノートを書いているから大丈夫!」といった発信を見かけましたが、遺言書も併せて書いていただけるといいですね。

僕は終活に取り組む方はエンディング・ノートで情報を整理し、遺言書を書くとスムーズだと思っています。
両方の特徴を知って、うまく活用してください。

遺言書とエンディング・ノートの違い

エンディング・ノートを選ぶ上でのポイント

様々なエンディング・ノート。

様々なエンディング・ノート。

書店に行くと沢山の終活に関する書籍があり、併せて、名称は違えどもエンディング・ノートの類が多数並んでいます。

インターネット上のAmazonで「エンディング・ノート」と検索しても多数の商品が出てきます。

これだけ選択肢が増えると迷いますね。

そこで、どんなエンディング・ノートを選ぶ際のアドバイスを一つさせて頂きます。

それは「なるべく薄いエンディング・ノート」を選ぶことです。

理由は、終活に取り組む方は気合が入っていて、情報の多い厚めのエンディング・ノートを選ぶ傾向にありますが、そうなると情報が多すぎて読めない、書けないとなってしまい、終活がとん挫してしまうことがあるからです。

案外、エンディング・ノートの選び方でせっかくの取組が止まってしまうことがあるのです。

ですから、最初はなるべく薄いエンディング・ノートを選び、徹底的に読み込み、書き込み、完成させるのです。
そして、物足りないと感じたらエンディング・ノートを買い換えたらいいと思います。

さらに、エンディング・ノートの情報が整ったら遺言書の作成に移るといいですね。

改めてお伝えしますが、終活に取り組み始めの時には、エンディング・ノートを選択する時には、なるべく薄いものを選んでくださいね。

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会オリジナル「終活ノート」(800円)シンプルで使い勝手がいい

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会オリジナル「終活ノート」(800円)シンプルで使い勝手がいい

今日のJAZZ

サックス奏者ソニー・スティットの《The Nearness of You》をB.G.M.にブログを書いています。
スティットが朗々と吹き上げています。
ピアノのハンク・ジョーンズもいいですね。
LPで聴いてみたい演奏です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和4年1月26日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「1/26相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言など発令により中止とすることもあります。

詳細はこちらをクリック

ジャズ・ライブ情報

僕がナビゲーター(MC)を務めるジャズ・ライブが来年2月にあります。
初心者でも楽しめるライブになると思いますので、足を運ばれてくださいね。

メンバー:銘苅盛通Quintetー銘苅盛通(tp)こはもとヨーダ正(as) 瀬川真悟(pf)高尾英樹(wb) 田場龍之介(dr)
ナビゲーター:ジャジー城間
日時:2022年2月20日(日) open17:30 start18:00
場所:ミュージック・バーSOUND M’s(国際通り・那覇市久茂地3丁目29−68ー3F)
予約:090-1067-8055
チャージ:大人2000円 学生1000円 小学生以下無料
オンライン配信:https://meka.base.shop/items/56464175

銘苅盛通 1St.アルバム『Umikaji』リリース・ライブ・ツアー Top Note 20191126

トランぺッター銘苅盛通 1St.アルバム『Umikaji』リリース・ライブ・ツアー Top Note 2019年11月26日

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください