【夢中になれるジャズ6選】持て余した時間でジャズを深堀することで新たな発見が楽しい。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

夢中になれるジャズ

家で過ごす時間が中心となってかれこれ1年半ほどたちます。
緊急事態宣言やまん延防止措置の期間が多くなっていて、なかなか出られないですね。

沖縄県は旧盆のウークイ(最終日)の8月22日まで、緊急事態宣言が延長されています。
医療現場のことや感染したことを考えると、致し方ない選択ではあります。

緊急事態宣言により、不要不急の外出、飲食店はお酒の提供禁止や時間短縮の要請がなされ、沖縄県と県外の往来はやむを得ない場合を除き自粛してほしいとの要請もあります。
観光や飲食店などのサービス産業が中心の沖縄では、厳しい状況です。
とくに宿泊業関係者には不要不急の往来を制限するような要請が出たら観光客が止まりますから死活問題です。
もちろん一時支援金や月次支援金などの支援策はありますが、焼け石に水ですよね。

そんな中、緊急事態宣言下の東京で、平和の祭典が開催されていますが、お祭り気分にはなれないですね。
僕は延期すべきだったと思います。
選手のことを考えると延期も大変なことかもしれないけど、日本の状況を考えると、そして身近な沖縄の状況を見ると・・・延期ですよね。
中止では、選手に気の毒ですから。

ただ、開催されている中、多くのスポーツマンが真摯に競技に取り組み、日本の選手が活躍する姿は輝かしいと思います。
IOC、JOCや政府のことは全く評価できませんが、選手は応援します。

そんな中、僕も外出などはします。
自宅や事務所にこもってばかりいては、体にも精神面にも悪いですからね。

お客様にお会いしたり、家族でランチを食べに行ったり、海に行ったり、釣りをしたり、感染リスクの低いような行動をして、自分の心身についても気を使っています。

そんな状況で、自分のご機嫌を取るのに、気持ちを穏やかに保つのに必要なのがジャズです。

ジャズがあるから精神が乱れず、ダークサイドに落ちないといっても過言ではないと思います。
ジャズを聴いていることもいいのですが、ジャズのことをもっと知りたいと、雑誌、書籍やネットなどを見ていると時間を忘れて没頭します。

没頭できることがあるというのは、精神的にも良い状況だと僕は思うのです。
好きなことに夢中になっているのですから。

ジャズ古今往来 松坂妃呂子著  (株)松坂発行

「ジャズ古今往来」松坂妃呂子著 /(株)松坂発行。前に読んだ本を読み返す時間もあります。

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。

初めて聴く演奏も紹介していましたが、色々調べてみると新たな発見があって面白かった。
自宅や事務所にこもる時間が増えてもいい時間を過ごしています。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

スタン・ゲッツ《But Not For Me》

サックス奏者スタン・ゲッツの《But Not For Me》をB.G.M.にブログを書いています。
バラードでゲッツのサックスもいいですが、ベースやピアノの音色もいいですね。
スタンダード曲が気持ち良く聴けます。

ビル・エヴァンス『How My Heart Sings』

ピアニスト、ビル・エヴァンスのアルバム『How My Heart Sings』をB.G.M.にブログを書いています。
1962年の作品ですが、タイトルに惹かれて好きになりました。
エヴァンスの心の歌声が聴けますでしょうか?

ビル・エヴァンス《Nardis》

昨日(7/21)のラジオ番組でも選曲しましたが、ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Nardis》をB.G.M.にブログを書いています。
音源は違いますが、エヴァンスは幾度もこの曲を演奏していたそうです。
好きだったんでしょうね。
作曲はトランぺッター、マイルス・デイヴィスですが、マイルスはあまり演奏しなかったようです。

ジョン・ヒックス《Never Let Me Go》

ピアニスト、ジョン・ヒックスの《Never Let Me Go》を聴いています。
一昨日(7/21)のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)でも紹介した演奏です。
知り合いのミュージシャンからのお勧めでした。
クラシックのような優雅な演奏で、心地がいいです。

ジョニー・グリフィン《There Will Never Be Another You》

サックス奏者ジョニー・グリフィンの《There Will Never Be Another You》をB.G.M.にブログを書いています。
軽やかで純粋にジャズを楽しめる演奏です。
グリフィン以外は知らないメンバーですが、まだまだ、いいジャズがありますね。

レッド・ガーランド『Soul Burnin’』

ピアニスト、レッド・ガーランドのアルバム『Soul Burnin’』をB.G.M.にブログを書いています。
タイトルに惹かれて聴いてみました。
情熱的なイメージですよね。
聴いてみると、その通りでしたね。
レッドのグルーブ感に溢れる演奏の数々です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

(中止)わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

沖縄県の緊急事態宣言が8/22(日)まで延長されたことから、今月7/27(火)の相続セミナーは中止とさせていただきます。
ご参加をご希望されていた皆様、大変申し訳ございません。
来月は8/25(水)に予定しており、セミナー内容、時間、場所、定員、参加費は同様の予定です。
詳細が決まりましたら、当サイトにて告知いたします。
(7/15追記)

開催日時:令和3年7月27日(火) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください