【ジャズの良さに気付く6選】僕が感じるジャズの良さは「癒し」です。皆それぞれに感じてもらいたい。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

僕の思うジャズの良さ

僕は自分が好きなジャズの良さを皆さんに知っていただければと思いまして、ブログ、SNS、セミナー、ブラックボード、ニュースレターやラジオ番組などで折に触れてお伝えさせてもらっています。

僕がお勧めしたジャズを聴いてくださったり、ジャズが聴きたいとラジオ番組をお聴きいただいたりと、少なからず影響はあるようです。
嬉しいですね。

では、ジャズの良さとは何なのでしょうか?

僕がジャズに求めているのは「癒し」です。
リラックス効果ともいえるでしょうか。

と言うのもジャズを聴き始めたのは、東京で国際協力関係の仕事をしているときに心身ともに疲れ果てて、夜も眠れなくなり、リラックス効果のある音楽としてジャズが勧められていたので、聴き始めたからです。

もちろん、今では、ジャズの癒し効果だけではなく、歴史やミュージシャンに興味があって、ジャズを聴き、書籍を読み、勉強しています。
知れば知るほど、ジャズの奥深さに惹かれています。

一言にジャズとはいっても、時代ごとに変化を遂げており、ジャズのスピリッツである「ありきたりを嫌う」という考え方が強く反映されていると思います。
帝王と呼ばれたマイルス・デイヴィスのことを知れば、それだけでもジャズの変遷がわかります。

ジャズメンが自分の理想とする音を追求する努力が、ジャズに大きな変化を求めてきたのでしょう。

今でも僕はジャズには癒しを求めていますが、ありきたりを嫌い常に変化することや醍醐味である即興演奏(インプロヴィゼーション)には強く惹かれます。

ジャズに限らず、音楽には良さがあるから、皆が好きになるのだと思います。
僕がジャズは楽しいですよ、と勧めたとしても、受け取る側の感じ方は多様だと思います。

一人一人の感じ方に間違いはなく、全て正解だと思います。

大きく分ければ、好き、嫌い、どっちでもない、の3つの感覚かもしれませんね。
好きと感じた方は、ジャズの良さに気が付いていくと思います。

どっちでもなかったジャズが、僕のお勧めがきっかけになって、良さに気が付いてもらえると嬉しいな、と思っています。
そんなことを考えつつ、好きなジャズのことを伝えていきたいと思っています。

JAZZクラブ「Parker’s Mood Jazz Club」の入口のディスプレイ。もう、ライブには一年以上行ってない。観に行きたいな。

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。
何かしらジャズの良さや楽しさを感じてもらえたら嬉しいですね。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ハンク・モブレー《Recado Bossa Nova》

サックス奏者ハンク・モブレーの《Recado Bossa Nova》をB.G.M.にブログを書いています。
ラテン調でノリのいい演奏です。
トランぺッター、リー・モーガンも参加していますね。
清々しい演奏です。

クローヴァー・ワシントン・ジュニア《Georgia On My Mind》

今夜(6/2水)のラジオ番組でも紹介していますが、サックス奏者クローヴァー・ワシントン・ジュニアの《Georgia On My Mind》をB.G.M.にブログを書いています。
僕は一昨日までクローヴァーのことを知りませんでした。
でも、この演奏を聴いてとてもいいなぁ、と思った。
哀愁を帯びたクローヴァーの音色が好きです。
少しクローヴァーのことを調べてみたらフュージョンの担い手として活躍し、スムーズ・ジャズの父と言われているそうですね。
1999年に56歳の若さで亡くなっています。
もっと早く知りたかったな。

ベン・ウェブスター《My One And Only Love》

昨晩(6/2水)のラジオ番組のエンディングでも選曲したピアニスト、アート・テイタムとサックス奏者ベン・ウェブスターの《My One And Only Love》を紹介します。
悠々と演奏するウェブスターのサックスがとても落ち着いていていいですね。
アート・テイタムのピアノはコロコロと転がるような演奏をしたかと思えば、情緒あふれる表現で、いろんな顔を見せてくれます。

ソニー・スティット《Moritat》

サックス奏者ソニー・スティットの《Moritat》をB.G.M.にブログを書いています。
ミディアム・テンポの落ち着いた演奏でいいですよ。
落ち着いて仕事ができそうです。

オスカー・ピーターソン《Alice In Wonderland》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Alice In Wonderland》をB.G.M.にブログを書いています。
力強さを感じられる演奏です。
Alice In Wonderland》はディズニー映画「不思議な国のアリス」のテーマソングですが、ジャズのスタンダードにもなっています。
それぞれのジャズメンが様々な解釈で演奏しているのは面白いと思います。

マンハッタン・ジャズ・クインテット《Recado Bossa Nova》

マンハッタン・ジャズ・クインテットの《Recado Bossa Nova》をB.G.M.にブログを書いています。
洗練された気持ちのいい演奏です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年6月24日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名  参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

 

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください