相続問題や争いは人の感情が大きく絡んでくるものです。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

なぜ、相続で家族が揉めるのか?

一昨日の沖縄県相続診断士会の勉強会で、講師の弁護士(京都市役所前法律事務所佐々木達憲先生)も話されていました。
「相続問題や争いは、人間の感情が根本原因となっていることがある。」

本当にその通りだと思います。

相続は問題が起きたり、争いに発展することも多々あります。
それは相続が世の中の二大トラブルの「お金」と「人間関係」が絡んでくるからだと思っています。

世の中、お金と人間関係のトラブルが起きていますが、相続はその二つの出来事が一緒に目の前に出てきてしまうのです。
実際に、僕の所にご相談に来られる方の心情は悲喜こもごもで、大きな悩み、悲しみ、怒りを感じている方も多い。

お金の問題は人の欲から出るものですから、僕は自然の感情ですから致し方ないと思います。
相続における人間関係は家族が相手になってきますが、家族だからこそ生まれてくる感情があるのではないでしょうか。

子供のころから一緒に暮らしてきた家族でもそれぞれの価値観があります。
ましてや成長するにつれて考え方も変わるし価値観も変わってくるでしょう。
結婚して自分の家庭を持つようになれば、家族を守るためであったりパートナーや子供との関係で、肉親との関係性も変わってくるはずです。

そんな中で、家族の誰かが亡くなり相続が発生して、遺産の分割の仕方などを話し合うのであれば、財産は多ければ多いと考えるでしょうし、家族へ抱えていた感情が爆発してしまうときかもしれません。

「あなたは子供の時から強欲だった」
「あなかた親のことなど気にかけていなかったのに相続が始まったとたんにお金のことばかり言うのか」
「あなたは相続すべきでない」
など家族だからこそ、生まれてくるもしくは潜在的にあった感情が爆発してしまうのです。

僕の所にご相談に来られる方も涙ながらにその気持ちを訴える方はいますが、ご相談者以外のご家族も同じような気持ちをもっているのかもしれません。

自分の遺した財産でご家族が争うことを望む人はいないと思います。
ただ、準備不足で家族を争いに導いてしまっている人もいるのです。
そんな状況は財産を遺す人も、相続する人も望んでいないでしょう。
だとすれば、しっかりと相続の準備をすべきです。

その準備とは遺言書を書くことです。
遺言書は遺言者が自分の財産をどのように遺したいか、なぜそのようにしたのか、家族にどうあって欲しいのかを法的拘束力のある書面として遺せます。

遺言書を作成し、ご家族を相続問題や争いから守ってください。
日々、ご相談を受けている遺言相続専門行政書士としてご相談を受けている僕からのお願いです。

今日のJAZZ

ピアニスト、デイブ・ブルーベック率いるカルテットの《Take Five》を紹介します。
ジャズとして爆発的にヒットし、日本では、一時期栄養ドリンクのCMに使われTVで流れていたことがあるようですから、ご年配の人には聴きなじみの曲ではないでしょうか。
バンド・メンバーのサックス奏者ポール・デズモンドの作曲で、ブルーベックと二人が揃ったからこそ、ここまでのヒットになったのでしょうね。
紹介している動画は1964年のベルギーでのライブです。アドリブがいつも聴いているのと違って面白い。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年4月27日(火) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

詳細はこちらをクリック

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください