【ジャジーを思い出すジャズ6選】ジャズにまつわる情報を目にしたらジャジーを思い出してください!

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

ジャズを聴いたら思い出してほしいこと・・・

今日の午後のことですが、車で移動中にラジオを聴いていたら森田童子さんの《僕たちの失敗》が流れてきて、サックス奏者チャーリー・パーカーの名前が出てきました。

桜井幸子さんと真田広之さんのW主演のドラマ「高校教師」の主題歌で、僕もドラマを観てたので、独特な雰囲気の歌で聞き覚えはあったのですが、チャーリー・パーカーの名前が出てたんですね。
1993年に放送されたドラマで、僕が全くジャズに興味を持っていなかった時期ですから、チャーリー・パーカーの名前が出てたなんて少しも覚えていませんでした。

チャーリー・パーカーの名前が出てくる前後の歌詞は「ぼくがひとりになった 部屋にきみの好きな チャーリー・パーカーを見つけたよ」で、恋人が部屋を出て行った後に、彼女の好きだったチャーリー・パーカーのCDを見つけたのですかね。

チャーリー・パーカーを聴くとはさぞ音楽好きの女性だったことでしょう。
または、サックス・プレイヤーだったのかもしれないですね。
あるいは作詞した森田童子さんがジャズが好きだったのかな。

そんな妄想をしてました。

改めて、森田童子さんの《僕たちの失敗》を聴いてみましたが、独特の世界がありますね。
悲し気な歌です。
ドラマも悲しかったですからね・・・

なんにせよ、ジャズにまつわる話が聴こえてくると食いついてしまいます。

このブログを読んでいる皆さんにお願いしたいのは、ジャズにまつわる情報を目にしたらジャジーこと城間恒浩を思い出してください、ということでした(笑)

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20210104

おもろまちアップルタウン2階のFMレキオのスタジオにて収録の合間に。

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを聴いてました。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ビル・エヴァンス《Peace Piece》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Peace Piece》を聴いています。
久しぶりに聴きましたが、やっぱりいいですね。
何がいいか?
フィーリングです。
僕にとって心地よい。
技術的なことをとやかくは説明できませんが、聴いていて気持ちがいいのです。
そんなジャズをいつも聴いていますし、選択基準です。

ソニー・ロリンズ&モダン・ジャズ・カルテット(M.J.Q.)《In a Sentimental Mood》

今夜(2/17)のラジオ番組でも選曲していますが、サックス奏者ソニー・ロリンズとモダン・ジャズ・カルテット(M.J.Q.)の《In a Sentimental Mood》を紹介します。
M.J.Q.をバックにロリンズが悠々と気持ちよさそうに演奏してます。
ミルト・ジャクソンのビブラフォンもいいですね。
リラックスして聴ける演奏ですね。

ベニー・ゴルソン《Killer Joe》

昨晩(2/17)のラジオ番組の最後に流す予定でしたが、機材の不具合で再生できなかったサックス奏者ベニー・ゴルソンの《Killer Joe》を改めて紹介します。
トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」で重要な役回りを本人役で演じたベニー・ゴルソンが最後の場面で、ニューヨークのジャズ・クラブで演奏したのが《Killer Joe》でした。
落ち着いた演奏です。
ニューヨークのジャズ・クラブで聴いてみたいものです。

アーマッド・ジャマル《Autumn Leaves》

ピアニスト、アーマッド・ジャマルの《Autumn Leaves》を紹介します。
2017年のパリでのライブでの演奏ですが、ジャマルの独特の世界がでてますね。
ライブだからだろうと思いますが、観てて面白い。
是非、動画を観てほしいですね。

ソニー・クラーク《Cool Struttin’》

ピアニスト、ソニー・クラークの《Cool Struttin’》をB.G.M.にブログを書いてます。
キリっとした演奏で好きなんですが、歩いている女性の足元を写したアルバム・ジャケットのカッコよさでも話題になった作品です。
まさにカッコいい歩き方ですよ。

チェット・ベイカー&マイク・メリロ《My Foolish Heart》

トランぺッター、チェット・ベイカーとピアニスト、マイク・メリロの《My Foolish Heart》をB.G.M.にブログを書いています。
チェットが歌ってますが、メリロのピアノの音色とあいまって、素敵な空間を作り出していますね。
どんな気持ちで、演奏し、歌うとこんなにも感傷的な曲になるのでしょうか。
チェットとメリロの独特の世界ですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年2月24日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

満席となりました。
次回は3月24日(水)を予定しております。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください