リアルおくりびとの話を聞いて思ったのは、最後の瞬間まで、人は他人を思いやっているということ。

Pocket

こんにちは。沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!
実家のマッサージチェアーでうとうとしてたら寒くて目が覚めました。
夕方になって、冷えてきましたね~
風邪ひかないように気をつけなきゃ。

「わかりにくい葬儀と相続のことが2時間でわかる 説明会」!

今日は、那覇市久茂地のタイムスビルの五階の会議室で開催された葬儀社の株式会社いなんせ典礼主催のセミナー「わかりにくい葬儀と相続のことが2時間でわかる説明会」で1時間ほど講演させてもらいました。

参加者は13名。
セミナーの告知チラシ、沖縄タイムスの新聞記事をみて、そしてなんと僕のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」を聴いて来ました!という方もいらっしゃいました。

沢山の方にご参加いただいて嬉しい限りです。

説明会では、主催の株式会社いなんせ典礼の一級葬祭ディレクター高良康幸さんが葬儀の基礎知識と僕が相続の基本をお話しさせていただきましたが、どちらもご参加者の皆さんはご興味を持って聴いてくださっていました。

僕の講演風景。

あまりにも知らなかった葬儀のこと

僕も高良康幸さんの葬儀の話はとても興味深く聞かせてもらいました。
現場で経験したことを交えて、お話しされてるので、伝わってきます。

葬儀と言えば、本木雅弘さん主演の映画「おくりびと」を思い出しますが、今日はその仕事に携わる高良さんのリアルなお話を聞くことができました。
亡くなった方を病院にお迎えに行き、お風呂に入れて、お体を清め、お洋服をお着換えさせて、お化粧をしてご自宅に帰してくださるそうです。

ご遺族、親類縁者やお友達にお別れを告げるご準備をしっかりしてくださる話をお伺いして、大変だけど、とても大切なお仕事をされているな、と思いました。

かなりの覚悟と志を持ってつかなくてはならない、誰もができる仕事ではないかもしれないですね。

高良さんからは他にも葬儀の方式、葬儀の流れ、料金体系や葬儀にまつわる沖縄の習慣など、体験談を交えてのお話がありまして、僕も大変勉強になりました。

ご参加者も熱心に頷いて聞いておられました。

友人のご焼香に行くのに自分の時には遠慮する

高良さんのお話の中で、人は気を使いすぎることが、帰って人の想いをないがしろにしている可能性もあるのではないかという話がありました。

「友人、知人が亡くなった時には、仏前に手を合わせたいから、お通夜や告別式に出向くはずだけど、自分の時には迷惑をかけたくないから、自分の死は知らせなくてもいいと思っている方が、案外多い。

遠慮からきてるかもしれないけど、何かしらの縁で知り合い、最後のお見送りをしたいというのは自然のお気持ち。大事にしてもらいたい。」との話がありました。

確かに、高良さんが言う通りだと思います。
僕の父もそうでした、亡くなったことを父の親友にも知らせていたなった。
父が亡くなったことを知った親友は激怒してました。
自分の人生でかかわった人たちは、なにかしらの想いを抱えていてくれるんですね。

高良さんからは、葬儀のことだけでなく、人のお気持ちということを教えてもらったような気がします。

人は、最後の瞬間まで他人のことを思いやっているんですね。

株式会社いなんせ典礼一級葬祭ディレクター高良康幸さんの講演。

葬儀の事前準備してる方が増えている

午後は秘密証書遺言を作成しているお客様が、ご親戚と一緒に事務所に来られていました。
自分の遺言の内容、なぜ遺言書を書いたのかや相続の法的な決まり事をうまく説明しきれないので、僕にお話ししてほしいということでした。

お客様のお気持ちも含め、法的なこともお話ししましたら、皆さん、とても感謝してくださってました。
まるで仏様を拝むように、僕に手を合わせていてくれましたよ(笑)

その話の中で、葬儀の話になったのですが、お客様とそのご親戚の80代のお二人は、葬儀社と打合せもして、葬儀料金も支払い済みだそうです。

僕の父親も晩年は体調を崩しがちだったので、亡くなる2年ほど前から葬儀社と自分で打ち合わせをしてましたね。

葬儀の事前相談や事前準備が思いのほか進んでいるようですね。

今日の葬儀の説明を聞いたら、確かに事前に相談してたら自分の望む形で見送ってもらえるかもしれないなと感じました。
株式会社いなんせ典礼(フリーダイヤル0120-103-006)では葬儀に関する事前相談もされているようなので、気になる方はご相談してみてください。

僕の母は70歳になりますが、相談したがっているようなので、一度、話を聞きたいと思います。

左から株式会社いなんせ典礼のスタッフさん、高良康幸さんと僕。

今日のセミナーには、僕と高良康幸さんの共通の友人で、お花屋さん「Flower Shop 自由空間」を営む安里みゆきさんがスタンドの花飾りを贈ってくれました。

お花があると、会場が一気に華やかになりましたよ。
こういった心遣いがとても嬉しいですね。

セミナーの最後には、ご参加者にお花をお持ち帰りいただきました。
とても喜んでくださってました。

セミナーの内容も好評だったようですし、嬉しいですね。
ゲスト講師に呼んでくれました、株式会社いなんせ典礼さん、ありがとうございました。

今日のJAZZ

サックスの巨人John Coltrane(ジョン・コルトレーン)の「Equinox」。
最近はコルトレーンの演奏をよく聴いています。
この曲はとても静かな曲です、仕事しながら聴くのにもいいかもしれないですね。

 

【セミナー情報】 当事務所主催 詳しくは(ここ)をクリック。

「わかりやすい争わなくてすむ相続のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」 参加無料
相続は準備さえすれば、皆が幸せになります。相続が円満かつ円滑に済むように準備をするためには、「遺言書」を書くことです。相続専門の行政書士が、相続の基本、相続が争いとなるケース、相続争いを回避する方法、遺言書の書き方などを解説します。
《日時》平成29年2月28日(火) 14:00~15:30
《会場》
cafe kairos(沖縄市比屋根7-9-12) 駐車場有
《定員》先着15名
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に2/28のセミナー申込とお書きください
《参加費》無料 ※会場がカフェのためドリンク(300円)の注文をお願いします。
《参加特典》30分個別無料相談

 

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です