【なんとなく聴くジャズ6選】Amazon Echoに「アレクサ、ジャズを流して」と言えば、ご機嫌なジャズを順番に流してくれる。

Pocket

午前中は運転免許証の更新に行ってきました。
月曜日なので、空いてたうえに、優良運転者講習なので受付から交付まで約1時間で終了。
新しいゴールド免許を無事に交付してもらいました。
初めてのゴールド免許だと思ってたらこれまでもゴールドだったようです。
自覚がなかった(笑)
沖縄県内の交通事故は減少しているようですが、まだ、悲惨な事故は起きています。
無謀なドライバーや注意散漫な歩行者もいる。
僕はどっちにもならないように気を付けたいと改めて思いましたね。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

沖縄県警察運転免許センター

ただなんとなく聴いても楽しめるジャズ

僕はジャズは好きだけど、詳しいわけではない。
音感がるわけでもなく、楽器もできないし、歌もへたくそ。
ましてやジャズの技術的なことなど、よくわからない。

ジャズを聴く基準は、心地よさ。
選曲する基準はミュージシャンや曲名。

率直に言って行き当たりばったり。
もちろん、ネットや雑誌で紹介されているジャズを聴くこともあるが、Youtubeを開いてみてお勧めのジャズを聴くことの方が多いかもしれない。

または検索窓に知っているミュージシャンの名前を入力して、表示される曲名をクリックして聴いてみることもある。
Youtubeでは一曲検索すれば、あとは似たようなジャズを順番に流してくれる。

また、Amazon Echoに「アレクサ、ジャズを流して」と言えば、ご機嫌なジャズを順番に流してくれる。

僕の癒しの音楽ジャズは、こんな感じで聴いている。
本当は、いい音楽を聴き分ける聴覚とジャズに関する深い知識を兼ね備えておきたいところだけど、今のところ思いのままにジャズを楽しむ方がよさそうだ。

それに、そんな聴き方も悪くない。
なんとなく、聴いても楽しめるのがジャズだから。

将来はジャズ喫茶を開いて落ち着いた雰囲気で美味しいコーヒーを飲みながらレコードでジャズが聴ける空間を作りたいと思っているけど、それまでは気の向くままにジャズを楽しみたいと思う。

4年程前に訪れた福岡市中央区にあるジャズ喫茶JABの店内。大きなスピーカーと昭和な感じがいい。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズをまとめてみましたが、やっぱり行き当たりばったりで聴いてるね(笑)
でも、いい演奏ばかりです。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ポール・デズモンド《The Night Has a Thousand Eyes》

セミナー会場でもお客様をお迎えするときや休憩時間中にはジャズを流しています。
今日(9/24)はサックス奏者ポール・デズモンドの《The Night Has a Thousand Eyes》が流れてきたときにホッとした気分でした。
デズモンドのサックスの音色は優しく穏やかで温かみがあります。

デューク・ジョーダン《Flight to Jordan》

僕がジャズを聴き始めて最初に覚えたミュージシャンがチャーリー・パーカーだった。
モダン・ジャズの父と言われ、その演奏は唯一無二の存在であり、多くのミュージシャンが尊敬し、目標としていた人物で、ジャズのことを調べれば、よく出てくる名前です。
チャーリー・パーカーの演奏を聴いていると、共演しているメンバーの名前も自然と記憶に残る。
その一人がピアニストのデューク・ジョーダン。
なんだか名前が覚えやすかった。
あまり曲は知りませんが、今日(9/25)はジョーダンの《Flight to Jordan》を紹介します。
ハツラツと爽やかに演奏するイメージです。

チェット・ベイカー《Almost blue》

物悲し気なジャズが流れてくるとたいていがトランぺッター、チェット・ベイカーの演奏であることが多い。
今日(9/26)もランダムにジャズを聴いてたらチェットの《Almost blue》が流れてきた。
なんとも寂しさに包まれた演奏です。
曲がそうだからなのか、チェットがそんな演奏をするからなのかわからないけど、寂しさを感じます。
チェットの歌声も寂しい。嫌いではないですけどね。

ロン・カーター《The Shadow Of Your Smile》

ジャズメンは見た目に惹かれる人も多い。
実物は観たことないけど、80歳を超えた今も現役で活躍されているベーシスト、ロン・カーターは長身細身でスーツが良く似合う。
ロン・カーターは見た目でも舞台で目立つ存在ではないかな。
帝王マイルス・デイヴィスのグループでも活躍したロン・カーター。
今日(9/27)はロン・カーターの《The Shadow Of Your Smile》を紹介します。
ラテンのリズムっぽいところがあって面白いですよ。

チェット・ベイカー《So What》

Youtubeをみていると時に思いがけない演奏を見つけることがあります。
トランぺッター、チェット・ベイカーが同じくトランぺッター、マイルス・デイヴィスの代表曲を演奏しているのを見つけました。
ジャズのベストセラーアルバム『Kind of Blue』に収録されている《So What》をチェットがクインテットで演奏しています。
いつも厳かな感じのマイルスの演奏を聴いていましたが、チェットの解釈は少し違いますね。

ビル・エヴァンス《Speak Low》

本日(9/29)のセミナーの僕のパートの前に流していた曲がとても良かった。
話をする前は少し緊張するので、緊張が和らぎました。
ピアニスト、ビル・エヴァンスの≪Speak Low≫はエヴァンスのアグレッシブな演奏が楽しめます。
エヴァンスは様々な面を持っていますね。
面白いな。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

円満かつ円滑な相続を実現する遺言書~幸せな相続の準備~説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年10月30日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「10/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック。

外部招へいセミナー

当事務所の行政書士城間恒浩が登壇予定の他機関が主催するセミナーです。

◇「沖縄片付けLabo」共催
タイトル:トラブルを未然に防ぐ遺言相続と生前お片付けセミナー
日時:令和元年10月15日(火) 午前10時30分から12時30分
会場:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 研修室2(那覇市西3丁目11−1)
定員:15名(定員に達し次第受付終了)
参加費:お一人様3,000円
申込方法:お問合せフォームでお申込みください
詳細:沖縄片付けLabo HP

「北谷町生涯学習プラザ」主催 ※北谷町在住・在勤者限定
タイトル:知りたい終活!これからの人生を見直す「ちょっと、気にする終活」講座 1回目
2部構成 ①「上手く生きるための終活」 ②「円満な幸せ相続の準備」
日時:令和元年11月1日(金)午後3時から6時
会場:ちゃたんニライセンター(北谷町字桑江467-1)
定員:70名(定員に達し次第受付終了)
参加費:無料
申込方法:098-936-5287
詳細:北谷町生涯学習プラザHP

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です