自分の亡き後、家族のような愛犬の面倒を見てもらう人に財産を遺す方法。

Pocket

ブルドッグの日本チャンピオン「エマ」

昨日は北中城での仕事の合間に那覇市から引っ越した友人の家を訪ねました。
ブルドッグのブリーダーをしている彼の愛犬が先日行われたコンテストで1,200頭のブルドッグの頂点に立ったそうです。
友人のブルドッグは何頭もチャンピオン犬になっています。
ちょっと写真を撮らせてもらったのですが、友人からポージングを指示されたチャンピオン犬のエマは、直前まで甘えた顔をしていたのに顔も引き締まり、しっかりポーズを取ってました。
チャンピオン犬を育てる友人もそうですが、エマもプロだなと思った次第です。
ちなみに我が家の三男坊のブルドッグの空もお座り、待てとお手はできます(笑)
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

ペットの面倒を見てくれる人に財産を相続させる方法

世の中、ペットを飼っている人はたくさんいると思います。
ご年配の方だと自分がペットよりも先に亡くなったら、この子の世話はどうしたらいいだろうかと考える方も少なくありません。

ちょっと前の話ですが、アメリカの資産家の女性がペットのマルチーズに遺産の一部約14億円を遺したとのニュースがありました。
アメリカではペットに財産を遺す方法として信託が使われているようですね。

これは桁違いの話で、めったにあることはないかもしれませんが、ペットのために遺産を使ってほしいというようなこともあるかもしれません。

例えば、結婚しておらず、子供もいない方が家族としてペットを飼っていたとします。
自分は高齢なのでいつどうなるかわからない。
もしも自分が亡くなったらこの子が亡くなるまでの面倒を見てくれる人に財産を遺したいと考えた時に、一つの方法として遺言書で実現することもできます。

例えば自分の姪にペットの面倒を見てもらいたいと思い、遺言書に書き遺すとすれば、こんな趣旨の遺言書を書くといいかもしれません。

「遺言者は、遺言者の姪沖縄華子に自分の亡き後、愛犬の太郎の世話、亡くなった後の葬儀や供養をすることを条件に金300万円を遺贈する。」

これを法律用語では「負担付き遺贈」といいます。

負担付きとは、何かしらの条件を付けて、その条件を遂行、実現すること約することを前提として財産を遺すという方法です。
もしも、自分のペットのことが心配であるなら、自分の亡き後にペットの面倒を見てくれる人に生前にお願いし、遺言書で書き遺すと安心かもしれませんね。

負担付き遺贈は、他のケースでも使われることもあると思いますが、その履行をちゃんとしてくれる人選するのが大事なポイントだと思うので、信用できる人をしっかり選んでくださいね。

我が家の三男坊のブルドッグの空も12月で8歳になり大型犬としては高齢になってきていますが、万が一僕が先に亡くなっても次男坊や僕の母親がしっかり面倒を見てくれるものと思っています。

三男坊ブルドッグの空。

今日のJAZZ

今週はピアニスト特集で、二日目です。
トランペッターのマイルス・デイヴィスが初のレギュラーバンドを組む時にピアニストとしてどうしても加わって欲しいと思ったのがアーマッド・ジャマルでした。
しかし、ジャマルはシカゴから出ることを好まず、マイルスは断念したそうです。
マイルスがどうしても欲しかったジャマルの演奏はエレガントで洗練されており、独特の世界観があったようですね。
今日はジャマルの《But Not for Me》を紹介します。
ジャマルが本拠地としていたシカゴのホテル「Pershing」でのライブ音源ですがタイトル曲である《But Not for Me》が収録されたアルバムは人気があり、爆発的に売れたそうです。
落ち着いた曲ですがスイングしたくなるような曲です。

【相続セミナー・説明会情報】

「いまさら聞けない終活と相続と遺言のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年12月21日(金)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「12/21セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です