なんで、マイホームを持ったら相続のことを考えなくてはならないのか?

Pocket

今日(18日)と明日(19日)は浦添市大平の友人の新築木造住宅の完成見学会(主催:一級建築士事務所ハルモデザイン)が開催されていて、明日はファイナンシャル・プランナー福田 昌也さんの『賢い住宅ローンの借り方』と僕の『家を建てたたら考える幸せな相続相談』のブースもあり無料相談ができますので、良かったら遊びに来てください。
引っ越しや住むための準備・手続きは大変でしょうが、新築の住宅に住むのは楽しいでしょうね。
明日は新しい家をしっかり見てきたいと思います。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

マイホームを持ったら考える相続のこと

相続を考えるタイミングは人生の中でいくつかあると思います。
・結婚した時
・子供が生まれた時
・自分が年を取ったと思った時
・病気をした時
・マイホームを持った時
・仕事が定年になった時
などなどには家族のことを想ったりして、相続のことも考えるようですね。

僕はどのタイミングでも相続のことが頭をよぎったら、すぐに準備はしてほしいと思います。
自分の万が一に備えて保険に入る人はおおいけど、遺言書を書く人は少ない。
自分の亡き後に守ってくれるのは保険だけではないですよ。
遺言書も家族を守ってくれます。

特にマイホームを持ったら遺言書を書いてほしいですね。
何故かと言えば、不動産、特に居住用不動産は相続において時に悲惨な状況を生み出す可能性があるからです。

というのも沖縄では相続財産の約70%が不動産です。
不動産はなかなか分割して相続することは難しいものです。
特に住んでいる人がいる不動産を分割することは難しいでしょう。

配偶者と第三順位の兄弟姉妹が相続人となるケース。

ただ、縁の遠いものが相続人になったりすると主な遺産である居住用不動産を巡って問題が発生することもあります。
例えば、子供のいないご夫婦で、夫が亡くなり、相続人は第三順位の夫の兄弟姉妹と妻となるとします。
妻は4分の3の法定相続割合がありますが、4分の1は兄弟姉妹にあります。

もしも夫の遺した主たる財産が居住用不動産だけだと分割も難しいでしょう。

ただ、夫の兄弟姉妹が相続権を主張し、不動産を売却してでも法定相続割合の分割を要求してきたら遺された妻は基本的には応じなくてはなりません。

相続の準備がされていないと・・・

そうなると最悪住む家を失う可能性もあります。
ただし、第三順位の兄弟姉妹が相続人になる場合には、遺言書さえあればそんな事態は起こりません。

兄弟姉妹には、相続人の相続する最低限の権利である「遺留分」がないので、遺言書のとおりに相続されますから。

自分の亡き後大事な人が困らないように、しっかり準備をしてもらいたいと思います。

そんなことを考えると、夢のマイホームをもったら自分の亡き後も家族が安心して暮らせるように遺言書を書いてもらいたいものです。

明日の木造住宅完成見学会では相続の相談も受け付けますので、お気軽に遊びに来てくださいね。

今日のJAZZ

フルート奏者が入るジャズを初めて聴いたのは那覇市若狭のジャズクラブの老舗「寓話」(ぐうわ)でした。
女性のフルート奏者が綺麗な音色を奏でていたのを覚えています。
そのあとに聴いたのがピアニストのビル・エヴァンス・トリオとフルート奏者ジェレミー・スタイグのアルバム『What’s New』でした。
ジェレミー・スタイグの演奏は、初めて聴いた時、その激しさに驚きました。
ジャズクラブ寓話で聴いた女性フルート奏者の柔らかで美しい音色とは対極にあるような雄々しさでした。
今日はアルバム『What’s New』の中から《Autumn Leaves》(枯葉)を紹介します。
エヴァンスもスタイグも情熱的な演奏で、静かな枯葉舞う風景ではなく、激しい風に吹かれて葉っぱが散るような雰囲気です。

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年8月29日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「8/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です