愛する人についた嘘「僕は死にません」。そんなに愛してるなら遺言書も書いて下さい。

Pocket

沖縄県那覇市は少し寒くなりました。
現在の気温15度です。
数日前は26度まで上がりましたから寒暖の差が激しいですね。
こんな時は体調を崩しやすいので、お気を付けください。
特にご年配の人は体にこたえるようです。
御両親やおじいちゃんおばあちゃんの体調に気を付けてあげてくださいね。
こんにちは!暑いのよりは寒いほうが好きな沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

寒い日は温かいポタージュスープが飲みたくなります

誰にしも寿命がある

人には寿命があります。
人は死にます。
そして、それはいつなのかわかりません。

これはこの不透明な世の中で「絶対」と言える唯一のことです。

 

昔の大人気のドラマに「101回目のプロポーズ」がありました。
1991年7月1日から9月16日までフジテレビ系の「月9」枠で放送されたどらまで、人気女優の浅野温子さんと金八先生で知られる武田鉄矢さんのダブル主演。
平均視聴率は23.6%、最終回では36.7%の視聴率を記録した大ヒットドラマでした。
20歳の僕も夢中になって観ていました。
トレンディドラマに武田鉄矢さんが出演し、弟役は江口洋介。
それも相手は浅野温子ですから設定が斬新だし、ストーリーも面白かった。
チャゲ&アスカの歌う主題歌「Say Yes」もミリオンセラーを記録したんじゃないかな。
カラオケに行くと必ず歌ってました。

そのドラマの中で、最も印象的なシーンが、恋人を交通事故で亡くし再び恋人を失うことを恐れる浅野温子さんが武田鉄矢さんとのお付き合いを躊躇する中で、武田鉄矢さんが走ってくるダンプカーの前に飛び出し言います。

「僕は死にましぇん。僕は死にましぇん! あなたが好きだから、僕は死にましぇん。僕が、幸せにしますからぁ!」

とても感動的なシーンで、多くの人が涙したとききました。
僕も感動したのを覚えてます。
でも、いきなりあんなことしたら危ないとかの批判もあったように思いますが、このセリフは当時の流行語大賞にもなりました。

ドラマの設定ではとてもいいと思うし、自分が元気にいて、貴方を幸せにしたいという思いを男が覚悟を持って、本当に好きな人に伝えるという意味では、最高のセリフだったかもしれませんね。

そんなに愛してるならその気持ちで遺言書も書いてください

しかし、冒頭で話したように、人には寿命があります。

人には必ず死が訪れます。
これは避けられません。

その意味では、武田鉄矢さんは大事な恋人にウソをついたのかもしれません。
人は絶対に死んでしまいますからね・・・

もし、大事な人に同じシチュエーションで伝えるとしたら・・・
「僕は死ぬ瞬間まで、貴方のことを大事にして、幸せにします!悲しませたりしません。」かな?

まったくもって、感動的ではありませんが、人は必ず死ぬということを前提に考えるとまじめな僕には、そんな風にしか思いがいたらないのです。

そして、僕が言えるのは、これだけ熱烈なプロポーズをしたのなら、自分の死後、大事な人が路頭に迷わないように、相続争いに巻き込まれないように、困らないように「遺言書」を書いてほしいのです。

 

武田鉄矢さん演じる星野達郎さんは、遺言書を書いたのだろうか・・・

 

今日のJAZZ

英語の発音は難しい。
当の昔に挫折した英語ですが、ジャズを聴き始めてしばらく勘違いしていたのが、ドラマーのアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズの代表する《Moanin’》(モーニン)は初めてタイトルを聴いたときには「Morning」(モーニング:朝)だと思っていた。
少し憂いのあるような目覚めの朝を表現しているのかと思っていた。
でも、本来の《Moanin’》(モーニン:うめき声)は「うめき」の意味をもつ「Moan」から来ているようです。
黒人の虐げられてきた歴史から黒人のうめき声を表現したのでしょうか。
この曲はジャズ・メッセンジャーズのピアニストのボビー・ティモンズが作曲したものです。
今日はそのアルバム『Moanin’』を紹介していますが、もちろんお勧めはタイトル曲です。

【相続セミナー・説明会情報】

「中学生でもわかる争わなくてすむ相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年3月28日(水)
◇時間:午前10:00 ~ 11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※同一グループお二人目から1,000円
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「3/28セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【詳 細】
説明会の詳細はここをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

【コンタクト】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
電話098-861-3953
FAX098-862-8641
メールお問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です