プロ野球選手に学ぶ悔いのない現役を過ごす心がけ。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

スポーツ選手はシビアな戦いをしています

昨日、ニュースで北海道日本ハムファイターズの新入団選手の会見が流れていました。
ファイターズには、今年のドラフトの目玉だった早稲田実業高校の清宮幸太郎さんが入団しましたね。
かつての清原和博選手のように一年目からガンガン打ってもらいたいですね。
活躍が楽しみです。

その会見で、ファイターズの監督の栗原英樹さんが、おっしゃっていた言葉がとても印象的でした。

ユニフォームに袖を通した瞬間から引退へのカウントダウンが始まると言える。だからこそ一日一日を頑張って欲しいと思う。 日本ハムファイターズ監督栗山英樹 新入団選手会見にて。 スポーツ選手はシビアな世界で戦ってるね。 僕も気持ちだけは一緒です。頑張ろう。

プロ野球の選手に限らず、プロのスポーツ選手は、みんなそうだと思います。
特にプロ選手というのは、そんなに現役時代が長いものではない。
野球選手は35歳くらいまで活躍できれば大選手でしょうし、サッカーや相撲はもっと短いでしょうね。

だからこそ、悔いのないように一日一日を過ごすことが大事なのだと思います。
プロのスポーツ選手は、僕はすごく幸せだと思います。
本当に好きなスポーツを仕事にできるのですから。
一握りの人しかなれない仕事です。
一方で、プロのスポーツ選手であれば、練習、食事、日常生活全てがそのスポーツ中心に考えることになるのだと思います。
そうなると、好きなことも辛くなったり、嫌になったりすることもあるかもしれないですね。

そんな時には、栗山監督の言葉が重く響いてきます。
だからこそ、一日一日を悔いのないように過ごすことが大切なんですよね。

一日一日を努力し、頑張って、楽しみたい

僕はプロのスポーツ選手ではありませんが、気持ちだけは同じくして、一日一日を過ごし、引退するその日まで、努力し、頑張って、楽しんでいきたいと思います。

そんなことを昨晩、ニュースを観ながら考えていました。

そんな僕の想いを知ってか知らずか、わかりませんが、次男坊がバッティングセンターしたいとのことで、那覇市天久にある老舗の「天久スポーツランド」へ行ってきました。

ここは、少し古い施設ですが、バッティング、テニス、ビリヤード、卓球やゲームで遊べるので、家族連れで賑わっています。

#次男坊 がバッティングランドにいきたいと言うので、天久スポーツセンターへ。野球はあまり好きなはずではないはずなんだけどね。 80-90kの速度だけどなかなか当たらない(笑)でも、一生懸命バットを振ってました。 僕も少し打ってみたけど、既に体が痛い(>_<)運動不足の中年まっしぐらだな。

次男坊は別に野球が好きなわけではなく、体を動かしたかっただけらしいです。
少しバットを振っただけですが、肩や腰が痛かった~(笑)
一応、ホームラン性の当たりは2、3本ありましたが、バットを振れないので、失速して的に届きませんでした。

少し運動も必要かなと思う今日この頃です。

今日のJAZZ

トランぺッターのブラウニーことクリフォード・ブラウンの《You Go To My Head》。
トランペットに加えアルト・サックス、ピアノ、ベースとドラムのクインテットです。
全体的に朴訥とした感じの演奏で、落ち着いて聴くことができます。
土曜日の夕暮れ時に聴くのにもいい曲です。

【相続セミナー・説明会情報】 詳細はここをクリック

「やさしい相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族が相続争いに巻き込まれる分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年11月28日(火) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「11/28セミナー参加申込」と入力お願いします

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まであたりまで聴けるかな。
カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けるはず。
全国的にはスマホのアプリでも聴けますよ。
AndroidのアプリはGoogle Playで「FMレキオ」をダウンロード。
iPhoneのアプリはApp Storeで「Tunein Radio」をダウンロード。
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)収録風景。

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です