遺言書を書いてほしいたった2つの理由。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

明日は僕が主催する相続セミナー「でーじやさしい相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」です。
準備を進めてますが、慣れたとはいえ一人で準備するのは案外大変ですが、慌てずに気ままにやりたいと思います。

ところで、明日は旧暦8月8日トーカチ(88歳米寿)のお祝いのようです。
「そんな日に相続セミナーを開催しても出席できないだろ!」と愛のあるおしかりを受けました。
時間から旧暦の行事もチェックします(笑)

遺言書を書く理由はいたってシンプル

僕は相続セミナー、ブログやSNSでも「遺言書」を書くことの大切さを伝えています。
なぜか?

その理由は二つです

円満」かつ「円滑」な相続を実現してほしいからです。

相続は家族に争ってほしくないですよね。
ご家族も争いたいなんて思っていないと思う。
でも、故人の最終意思である遺言書がないと相続が争いに発展する可能性があります。

相続は大なり小なり争いが発生しますから。

だから「円満」な相続の準備をしてほしいのです。

相続の手続きは案外大変です。
遺言書があるのとないのとでは、手続きが違ってきます。

一番大変なのは、相続人全員で遺産分割協議をして、合意をしたら遺産分割協議書を作成すること。
この話し合いが大変なんです。
相続人のいろんな事情があったり、
相続人以外の人間が口出ししたりして、
相続人が外国などの遠方にいたりして、
なかなかまとまらないのです。

そんなことで、せっかくの財産が有効活用されずに放置されているケースが沢山あります。
解約できない多額の預貯金口座、被相続人の名義のまま沢山の相続人の共有名義となった遊休地などなどです。

片付かない物事があると、人は気になって仕方がなくて、落ち着かないものです。
精神衛生上、良くないですからね。

遺言書がないと、円滑な相続がなされないのです。

大事な家族のために行動してほしい

今、ご相談を受けているのは10年以上前に亡くなった方の遺産分割協議。
数次相続となっていて、相続人は10名以上。

そのうちの数名は県外、海外にお住まいです。
遺産分割協議もなかなかできないし、遺産分割協議書の作成も大変です。

それで相続人の人たちは気持ちが落ち着かないのです。

相続人間で、もめごとが起きる可能性もあります。

遺言書があれば、何の問題もなかったんですけどね。

だからこそ、遺言書を書いてほしいのです。
家族が争わないように、スムーズに相続手続きができるように。

自分の死んだ後の事は知らないなんて言わないで、準備してくださいね。

大事な家族の為に行動してもらいたい。

親父の遺言書は家族を争いから守ってくれました。法的には無効だったんですけど気持ちを受け取りました。

今日のJAZZ

ジャズのスタンダード曲に「My Funny Valentine」がありますが、多くのプレイヤーにカバーされてます。
帝王マイルス・デイヴィスもその一人。
そして、そのマイルスにあこがれてトランペットを始めたChris Botti(クリス・ボティ)がスティングと共演した動画を発見しました。
たまにはJAZZ以外も聴いてみよう思いスティングの「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を観てたら「“My Funny Valentine” feat. Sting」たまたま流れてきた。
マイルスにあこがれているだけあって、トランペットの音色が泣いている感じがします。
スティングはマイルスとの共演を望んだけど、叶わなかったとも聞いてます。
マイルスに憧れたクリスとの共演は、感慨深いものがあったのかもしれないですね。

【相続セミナー・説明会情報】 詳細はここをクリック

「でーじやさしい相続と遺言のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族の分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年9月27日(水) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「9/27セミナー参加申込」と入力お願いします

【SNS初心者向けセミナー】小さな会社と個人事業主のためのSNSの使い方 詳細はここをクリック

僕は行政書士は「自分自身が商品」だと思っています。

ということは、商品である自分自身のことを知ってもらうことが、まずは必要だと感じ、様々な手段で僕自身の事を発信しています。

☑毎日更新しているブログ
☑ほぼ毎日書いているブラックボード
☑隔月に発行するニュースレター
☑毎月開催している相続セミナー
☑毎月2回のラジオ番組
☑毎日発信しているSNS

あらゆる方法を使って、自分自身の事を発信してます。

その中でもSNSは自分自身の事を知ってもらえるツールとして、最適だと思っています。
その理由は3つ。

1.毎日無料で発信できる
2.自分の日常をタイムリーに発信できる
3.自分の想いをいつでも発信できる

とはいっても僕もSNSを使い始めて5年ほどです。
まだまだフル活用してるとは言えません。

でも、サラリーマン時代から独立した現在までSNSを活用したことで、色々なことを学んできました。

☑各SNSの特徴
☑どんなことを発信すればいいのか
☑ビジネスに繋がるきっかけ
☑SNSを使う上で、気を付けたほうがいいこと

ということで、僕がSNSを使ってきた経験や活用の仕方をお話しするセミナーを開催する運びとなりました。

働く人が集まる場所「コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)」(運営:デザイン相談所デコール)さんとのコラボ企画で、セミナーを開催します。

SNSは使いたいけど、どうやって使ったらいいのかな、と考えているSNS初心者向けのセミナーです。

◇開催年月日: 平成29年9月30日(土)
◇時間: 13:30~15:30
◇定員: 先着20名
◇対象者: SNSを使用している(又はこれから使いたいと思っている)会社役職員・個人事業主
◇参加費: 1名2,000円(税込)
◇申込方法:
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム 題名に「9/30SNSセミナー参加申込」と入力お願いします
・Facebook 【城間恒浩】へメッセージをください
お名前と参加人数をお伝えください。座席を確保して、当日、お待ちしております。
◇会場: コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)
沖縄県豊見城市名嘉地391 2階

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る