自分の死後、遺産を寄付をしたいと考えてる人が、遺言書を書く上で注意したい2つのこと。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

遺産の一部を寄付する人もいます

最近、新聞記事で見かけるのが「遺産を寄付した」というもの。
このところ立て続けに記事を目にしています。

今の世の中では、少しでも社会貢献したいと考えている方がいて、自分の亡き後に財産の一部を公益性の高い団体に寄付するケースが増えています。

最近の例では、那覇市在住であった故人が那覇市社会福祉協議会に遺産の一部を寄付したことや沖縄県出身で静岡県で医師をしていた方が出身地の南風原町へ寄付をしたということがありました。

また、前者の例では、相続人が相続財産や遺言執行者がその報酬を同じ団体に寄付したそうです。

僕もお世話になった団体に遺産を寄付できるようにしたいとご相談を受けたことがありますが、こういった流れはこれからも増えていくのかもしれないですね。

遺贈(寄付)に関する新聞記事

遺産を寄付するには遺言書を書こう

亡くなった方が、遺産を寄付するには、遺言書に「どこどこの団体に、いくら、寄付する」ということを書けばいいのですが、こういった場合には、法律上は相続人以外に財産を遺すので正式には、寄付ではなく「遺贈」といいます。

新聞で報道されている方も恐らく、遺言書を書いて「遺贈する」旨を書き記していたのでしょう。

もし、自分の財産を寄付したいと考えているなら、遺言書で意思表示することも可能です。

なかなか生前にはまとまったお金を寄付するのは、勇気がいりますからね。
場合によっては、生前にお金がかかることも出てくるかもしれませんからね。

亡くなった後に残っている財産を遺贈するとするのが、安心かもしれないですね。

遺産を寄付するときの注意点

そして、寄付つまり「遺贈」するときに、気を付けてもらいたい事が2点あります。

一つ目が相続人の「遺留分」に気を付けること。

「遺留分」とは相続人の相続する最低限の権利を保障する制度です。
この遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求をおこなうことで、相続財産を取り戻すことができます。

遺留分が認められているのは、配偶者、直系卑属(子や孫など)と直系尊属(父母や祖父母など)です。
兄弟姉妹には遺留分はありません。

最近では大阪の亡くなったタレントさんが、多額の寄付を自治体にしていましたが、寄付の事を不服に思った相続人が、遺留分減殺請求をしたことから、寄付を受けた自治体は争いを避けるために全額を相続人に返したと聞いています。

 

二つ目が遺贈するなら「遺言執行者」を必ず置いたほうがいいということです。

遺言執行者とは、その名の通り、遺言の内容を具体的に実現する人の事をいいます。
もし、遺言執行者を置かないと、何をするにも相続人の同意や印鑑などが必要になりますので、せっかく書いた遺言が実現されない可能性もあります。

ですから、遺言執行者は必ず定めてもらいたいのです。

 

自分の死後、社会貢献をしたいと思っている方が、いらっしゃることは頭の下がる思いです。
その想いをしっかり実現するように、法的に有効な遺言書を書き上げるようにしてくださいね。

今日のJAZZ

ギタリストGilad Hekselman(ギラッド・ヘクセルマン)率いるトリオの《Some Other Time》。
現在、JAZZの世界ではイスラエル出身のプレイヤーさんが多く活躍しており、ギラッド・ヘクセルマンもその一人。
たまたま知ったプレイヤーですが、とても綺麗で、淡い音色で演奏してる印象です。
ギター、ベースとドラムのトリオ。
ちょっと追っかけてみたいと思います。

【相続セミナー・説明会情報】 詳細はここをクリック

「でーじやさしい相続と遺言のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族の分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年9月27日(水) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「9/27セミナー参加申込」と入力お願いします

【SNS初心者向けセミナー】小さな会社と個人事業主のためのSNSの使い方 詳細はここをクリック

僕は行政書士は「自分自身が商品」だと思っています。

ということは、商品である自分自身のことを知ってもらうことが、まずは必要だと感じ、様々な手段で僕自身の事を発信しています。

☑毎日更新しているブログ
☑ほぼ毎日書いているブラックボード
☑隔月に発行するニュースレター
☑毎月開催している相続セミナー
☑毎月2回のラジオ番組
☑毎日発信しているSNS

あらゆる方法を使って、自分自身の事を発信してます。

その中でもSNSは自分自身の事を知ってもらえるツールとして、最適だと思っています。
その理由は3つ。

1.毎日無料で発信できる
2.自分の日常をタイムリーに発信できる
3.自分の想いをいつでも発信できる

とはいっても僕もSNSを使い始めて5年ほどです。
まだまだフル活用してるとは言えません。

でも、サラリーマン時代から独立した現在までSNSを活用したことで、色々なことを学んできました。

☑各SNSの特徴
☑どんなことを発信すればいいのか
☑ビジネスに繋がるきっかけ
☑SNSを使う上で、気を付けたほうがいいこと

ということで、僕がSNSを使ってきた経験や活用の仕方をお話しするセミナーを開催する運びとなりました。

働く人が集まる場所「コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)」(運営:デザイン相談所デコール)さんとのコラボ企画で、セミナーを開催します。

SNSは使いたいけど、どうやって使ったらいいのかな、と考えているSNS初心者向けのセミナーです。

◇開催年月日: 平成29年9月30日(土)
◇時間: 13:30~15:30
◇定員: 先着20名
◇対象者: SNSを使用している(又はこれから使いたいと思っている)会社役職員・個人事業主
◇参加費: 1名2,000円(税込)
◇申込方法:
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム 題名に「9/30SNSセミナー参加申込」と入力お願いします
・Facebook 【城間恒浩】へメッセージをください
お名前と参加人数をお伝えください。座席を確保して、当日、お待ちしております。
◇会場: コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)
沖縄県豊見城市名嘉地391 2階

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です