【ジャズの名演6選】ジャズに名曲はなく名演があると言われるゆえんを僕なりに解釈。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県の県庁所在地である那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、おなたの知りたい相続や遺言の話を中心に書いています。
月曜日は過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事を投稿しています。

ジャズの名演を聴く

早いもので、月曜日です。
月曜日は過去6日間にブログで紹介したジャズをまとめる記事を書いているのですが、あっと言う間にやってくる感じがします。
ちなみに先週のジャズのまとめ記事は次の通り。

いいジャズを紹介していますね。
そして、先週火曜日から昨日日曜日までもいいジャズを聴いていました。
僕が紹介するジャズは有名なジャズメンがほとんどです。
ジャズは好きだけど、そんなに詳しくないからおのずと名の知れたジャズメンの演奏を聴くことになる。

しかし、それがいいかもしれません。
なぜかと言えばジャズの名演に出会えるから。

あまりにも詳しくなると、ありきたりでは済まなくなるのがジャズのような気がします。
だから、僕は名演と言われるジャズを聴く。

「ジャズに名曲はなく、名演がある」と言われます。
それは、同じメンバーで、同じ日に、同じ場所で、同じ曲を演奏しても違うものになるからだと言われています。
ジャズメンは敢えて違う解釈をして、演奏ごとにフューチャーするメンバーを変えて演奏しているのではないかと思います。

ジャズ・ライブの様子。オーナーでギタリスト城間巧介さん率いるカルテット。

ジャズ・ライブの様子。オーナーでギタリスト城間巧介さん率いるカルテット。僕の通う那覇市久茂地のジャズ・クラブ「Parker’s Mood jazz club」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4/6~30の期間は臨時休業となりました(TT)

ジャズの醍醐味は即興演奏(インプロヴィゼーション)とありきたりを嫌うこと。
演奏がその都度違うのは自然の流れなのでしょうね。

特にジャズメンは気難しそうな人もいるし、自分の個性を大事にするから人と同じことはしないのかもしれません。

振り返ってみるとジャズのスタンダード曲を聴いている。
でも、演奏する者やバンドによって違うんだから面白い。

今回紹介したものとは違う別の演奏も探して聴いてくださいね。
名演ぞろいだと思います。

ということで過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ビル・エヴァンス《NYC’s No Lark》

明日(4/1)のラジオ番組でも選曲していますが、ピアニスト、ビル・エヴァンスの《NYC’s No Lark》を紹介します。
NYC’s No Lark》はピアニストのソニー・クラークを追悼してエヴァンスが作曲したようですが、曲名はソニー・クラーク(Sonny Clark)のアナグラム(綴りの並べ替え)となっています。
ソニー・クラークは31歳で薬物の過剰摂取で亡くなりました。
同じ薬物依存症だったエヴァンスも他人ごととは思わなかったのでしょうね。
曲調は暗いですね。

ベニー・ゴルソン《In Your Own Sweet Way》

今夜(4/1)のラジオ番組でも選曲していますが、サックス奏者ベニー・ゴルソンの《In Your Own Sweet Way》を紹介します。
ゴルソンの抑え気味の演奏ですが、ゆるゆらとゆったりした演奏が楽しめます。

ビル・エヴァンス《Days of Wine and Roses》

出先でブルー・トゥースのイヤホンを使いジャズを聴きながらブログを書いてますが、雑音が入って調子が悪いです。
しかし、ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Days of Wine and Roses》は美しいのがわかる。
どんな雑音もものともしない、エヴァンスのトリオは凄いですね。

ウェス・モンゴメリー《California Dreaming》

沖縄はさわやかな天気です。
ジャズを聴こうと思いついたのが、ギタリスト、ウェス・モンゴメリーの《California Dreaming》です。
僕はさわやかな演奏だと思うんですよね。
初めて聴いた時には「これはジャズなのか?」と思うくらいカジュアルで、ポップです。
モンゴメリーは親指だけで弦を弾き演奏していたそうですが、すごいテクニックですね。

ドナルド・バード《Star Eyes》

自宅のダイニングでブログを書きながらトランぺッター、ドナルド・バードの《Star Eyes》を聴いています。
バードの伸びやかで丸みを帯びた音色に聴き惚れてタイプする指が止まってしまいます。
とりあえず、7分半ほどの演奏を最後までゆっくりと聴いてみよう。
急ぐ仕事でもないし。

ハンク・モブレー《This I Dig of You》

サックス奏者ハンク・モブレーの《This I Dig of You》を聴いています。
アップ・テンポの演奏は心が軽くなる感じがします。
モブレーのサックスの音色はとげとげしさがなく、まろやかで気持ちがいい。
ドラムはシャープで激しいなと思ったらアート・ブレイキーでした。
なるほどね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催年月日:令和2年4月28日(火)
新型コロナウイルスの状況によっては中止する場合もあります。
開催2週間前(4/14)までには判断いたします。

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください