【出会いの交差点ジャズ6選】ブログで紹介したジャズは延べ1,700曲程。新しい出会いが楽しい。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

人生で出会うものは全て必要なこと

ほぼ毎日、ジャズを聴いてます。
聴かない日はほぼないかな。

もちろん好きなのですが、新たな出会いがあるから面白い。
誰かのブログやSNSで紹介されているジャズ。
書籍で知ったジャズ。
YouTubeでお勧めのジャズ。
等々、それこそ星の数ほどジャズが紹介されます。

そんな中から知った、聴いたジャズは僕にとって必要なものなのだろうと感じます。

人生での出来事や出会いは、いいことも悪いことも含めて必要なことなのだろうと思う。
何かしら見えない力が働いてます。

歳を重ねるごとに説明できないようなことが起きますからね。

僕はジャズと出会い、ジャズと共に日々を過ごしていることも不思議な感じです。
楽器はできないし、歌も歌えなくて、技術的なことは良くわからないけど聴いてるだけで、癒されます。

ジャズの楽しさを伝えたいと思い、勝手に「ジャズは楽しい!」を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)を名乗ってますが、ジャズの奥深さを感じてます。

このブログでは毎日、一曲、僕の聴いたジャズを好き嫌い、良し悪しに関係なく紹介しています。

本日現在、当ブログは1、695記事、前のてぃーだブログが439記事、ですから延べ1,700曲近くは紹介していると思います。

それでも、日々、新たな出会いがあります。
本当に楽しいですね。

これらのジャズとの出会いにも何かしら意味があるのでしょう。
大事にしたいと思います。

決断の交差点

出会いの交差点

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。
初めて聴く演奏を多々紹介していましたね。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

エリック・ドルフィー《Fire Waltz》

サックス奏者エリック・ドルフィーの《Fire Waltz》を聴いています。
率直に言えば、この演奏でのドルフィーの切り裂くようなサックスの音色は好きじゃない(笑)
不協和音にしか聞こえない。
ドルフィーの後のブッカー・リトルのトランペットはまだ聴けるかな。
しかし、これもジャズで、こんな演奏もあるんです。
僕は落ち着いたジャズが好きなので、あまり好きなのではないのです。
ブログの読者の中にはこんな感じのジャズも好きな方もいるかと思いますので、紹介します。

ソニー・スティット《Easy Living》

サックス奏者ソニー・スティットの《Easy Living》をB.G.M.にブログを書いています。
スティットといえばアルト・サックスの印象がありますが、テナーも演奏したことで知られていて、吹き方が違うようで両方を使うミュージシャンは珍しいそうです。
Easy Living》ではテナーで演奏しており、落ち着いた丸みを帯びた優しい音色を聴かせてくれます。
スティットらしさがあっていいですね。

ブッカー・アーヴィン《You Don’t Know What Love Is》

サック奏者ブッカー・アーヴィンの《You Don’t Know What Love Is》をB.G.M.にブログを書いています。
とても崩してますが、ゆったりした演奏なので聴いてられるかな。
でも、あまりにも叙情的な感じがしないでもないですね。
「愛が何であるか」を切実に伝えたいのでしょう。

トゥーツ・シールマンス《Days of Wine and Roses》

ハーモニカ奏者トゥーツ・シールマンスの《Days of Wine and Roses》をB.G.M.にブログを書いています。
たまたま見つけたのですが、ハーモニカのジャズは初めて聴きました。
どの楽器とも違う響きを持ってますね。
高い音色だけど、哀愁が感じられます。
ノスタルジックな音色と言ってもいいかもしれない。
リズム・セクションの演奏もご機嫌です。
ハーモニカと言えばスティービー・ワンダーや長渕剛しか知りませんでしたが、トゥーツ・シールマンスの名前はしっかり憶えておきたいと思います。

ビル・エヴァンス《On Green Dolphin Street》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《On Green Dolphin Street》をB.G.M.にブログを書いています。
SNSの投稿で知ったのですが、ベーシスト、ポール・チェンバースとドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズのトリオによる演奏で、このパーソネルでの《On Green Dolphin Street》は初めて聴くかもしれません。
エヴァンスの鍵盤をたたく音がいつもより力強さを感じます。
だからといって、熱すぎない演奏です。
エヴァンスの別の魅力も楽しめます。

ビル・エヴァンス《You And The Night And The Music》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《You And The Night And The Music》をB.G.M.にブログを書いています。
ベーシスト、ポール・チェンバースとドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズとのトリオです。
エヴァンスの演奏と言えば滑らかでな流れるような印象がありますが、こちらの演奏ではなんとなく無骨さも感じられます。
力強さでもありますね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

(中止)わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年8月25日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「8/25相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ6名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大や緊急事態宣言の延長などにより中止とすることもあります。

新型コロナウイルス感染拡大、医療現場の状況や沖縄県の緊急事態宣言の延長により中止といたします。
お申込みいただきました皆様、大変申し訳ございません。
次回は9月29日(水)を予定しております。
詳細が決まりましたら改めて告知いたします。
(8月16日追記)

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください