自分で書いた遺言書は専門家にチェックしてもらうことを忘れずに!

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

今夜(6/2水)9時からはラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の放送です。
ご機嫌なジャズを選曲していますよ。
もちろん専門の終活、相続と遺言書の話もしています。お楽しみに!
スマホのアプリでも聴けますよ。
ダウンロードはこちらをクリックしてください。
ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20210531

おもろまちアップルタウン2階、FMレキオのスタジオにて収録の合間の一枚

行政書士が遺言書作成でお手伝いできること

僕は住宅街にある自宅兼事務所で仕事をしており、外見上は住宅です。
看板も小さく目立たないので、事務所の前にはブロックボードを置いています。
「ここに遺言相続専門の行政書士事務所がありますよ!」と道行く人にお伝えしています。

ブラックボード 事務所前の通り

ブラックボードと事務所前の通り。この通りには行政書士事務所が3件あります。

当事務所のブラックボードは優秀な営業マンで、道行く人に寡黙ながら営業をかけてくれます。
わざわざバイクを止めて読んでいく方もいます。

設置してから2年程は毎日書き換えていましたが、今は月に1度程度です。
しかし、これまで、多くのかたを当事務所に導いてくれました。

ブラックボード 20210103

ブラックボード。今年の初めのブラックボードです。

過去のご相談事例ですが、そのブラックボードを見てご近所の方が、ご相談に来てくださった相談内容は遺言書のことでした。

「遺言書を書いたのだけど、証明してほしい。」とおっしゃいます。

最初は、何のことだろうかと思っていましたが、どうも自分書いた遺言書に、僕の署名と印鑑をもらうことで、有効は遺言書になると勘違いされていたようなのです。

それに近いものに、公正証書遺言がありますが、公正証書遺言は公証人が作成するものですので、行政書士が作成できるものではありません。
せいぜい、下書きのお手伝いをできるくらいです。

また、その他には、自筆証書遺言の下書きや秘密証書遺言の筆者(代筆者)として作成に携わることができます。

遺言書チェックは専門家に

その時のお客様は、自筆証書遺言を書かれてましたが、見たところほぼきれいに作成されていましたし、一見すると法的要件も押さえていました。

ただし、一見するとです。
というのも不動産の表示や預貯金口座の記載方法が登記簿や通帳の通りに係れているかが、裏付書類がなかったので、確認のしようがなかったからです。

僕は自筆証書遺言のチェックも行っています。
一般の方が書いた遺言書は、法的要件や記載方法を間違えていることが多々あります。

遺言書

書きかけの遺言書

ですから専門家のチェックは必ずしたほうがいいと思います。
その際には、自筆証書遺言裏付書類(登記簿、通帳や戸籍謄本など)もご準備いただいたほうが確実ですね。

ご自分で書く時には、登記簿、通帳や戸籍謄本は必ず準備して、確認しながら書いてくださいね。

自筆証書遺言は自分で作成できるけど、必ず専門家のチェックをしてもらった方がいいという事例でした。

今日のJAZZ

今夜のラジオ番組でも紹介していますが、サックス奏者クローヴァー・ワシントン・ジュニアの《Georgia On My Mind》をB.G.M.にブログを書いています。
僕は一昨日までクローヴァーのことを知りませんでした。
でも、この演奏を聴いてとてもいいなぁ、と思った。
哀愁を帯びたクローヴァーの音色が好きです。
少しクローヴァーのことを調べてみたらフュージョンの担い手として活躍し、スムーズ・ジャズの父と言われているそうですね。
1999年に56歳の若さで亡くなっています。
もっと早く知りたかったな。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年6月24日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名  参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください