【気分次第のジャズ6選】自分の好きな音楽を聴けばいい。ジャンル分けして偏ってるとマイルスに怒られる。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

気分次第できけばいい

僕はジャズが好きなので、音楽を聴くのであれば、ジャズが多い。
ただ、他のジャンルにも好きな楽曲は数多くあります。

日本のポップス、演歌、洋楽も聴きます。

マイルスデイビス自叙伝Ⅰ&アルバム『Kind of Blue』

マイルスデイビス自叙伝Ⅰ&アルバム『Kind of Blue』

帝王と言われたマイルス・デイヴィスは「音楽をジャンル分けするなんて意味がない。いい音楽があるだけだろ。」と言っています。

本当にそのとおりで、ジャズであれば全ていいとは思わない。
未だにフュージョン系のジャズはしっくりこないですからね。

海に行けば真っ先に思い出すのはTubeやサザンオールスターズですし、ドライブしてると浜省を聴きたくなったりもする。

ただ、夜の静かな時間にはジャズのバラードを聴きたくなるし、ホテルのラウンジで飲んでるときにもジャズ・バラードを聴きたい。

要するに気分次第で、聴きたい音楽を聴けばいいんですよね。

僕の場合はジャズの割合が多くなるけど、それは仕方ない。
好きなジャンルだけを聴くのではなく、好きな音楽を聴くスタイルは忘れないようにしたいですね。

マイルスに怒られないように。

マイルス・デイヴィス

若き日のマイルス・デイヴィス。

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを聴いてますし、その時の気分を大事にしてるのが分かります。

ただ、今回はマイルスの演奏は紹介してないですね(笑)

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ソニー・スティット《Star Eyes》

サックス奏者ソニー・スティットの《Star Eyes》を久しぶりに聴きました。
サックスが3本入っているので、誰が誰だかよくわかりません(笑)
でも、最初の長めのソロがスティットなのかな。間違えていたらごめんなさい。
なんにせよ、賑やかで楽しい演奏です。

ソニー・ロリンズ《There Is No Greater Love》

サックス奏者ソニー・ロリンズの《There Is No Greater Love》をB.G.M.にブログを書いています。
1957年にベーシスト、レイ・ブラウンとドラマー、シェリー・マンとの共演のようですが、ピアノレスなので全体的によどんだ空気感があり暗い感じがしますが、これはこれでいいですね。

ビル・エヴァンス《Lucky To Be Me》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Lucky To Be Me》を紹介します。
とは言っても僕も初めて聴く曲ではないでしょうか。
エヴァンスのソロの演奏ですが、僕のイメージするエヴァンスとは少し違う感じです。
どう表現したらいいのかわかりませんが、自分の演奏スタイルを模索しているような感じです。

ソニー・スティット《The Nearness of You》

サックス奏者ソニー・スティットの《The Nearness of You》をB.G.M.にブログを書いています。
スティットのやわらかな音色が好きなのですが、この演奏はシャープな音です。
こんな演奏もするんですね。新たな発見です。

ウェス・モンゴメリー《California Dreaming》

ギタリスト、ウェス・モンゴメリーの《California Dreaming》をB.G.M.にブログを書いています。
爽やかな日にはこの曲が聴きたくなります。本当にきもちがいい。スカッとしますね!

エディ・ヒギンズ『Again』

ピアニスト、エディ・ヒギンズのアルバム『Again』をB.G.M.にブログを書いています。
エレガントな演奏ですね。
ベースとドラムとのトリオですが、見事な調和です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年3月24日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

詳細はこちらをクリック。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください