【ピアノを楽しむジャズ6選】ジャズにピアノは欠かせない!?

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県の県庁所在地である那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、おなたの知りたい相続や遺言の話を中心に書いています。
月曜日はブログで紹介したジャズのまとめ記事を投稿しています。

ピアノの音色はジャズに彩を与える

ジャズはリズムセクションと言われる、ピアノ、ベースとドラムが入るバンドが多いように思う。
リズムセクションだけのトリオも多いですね。
ビル・エヴァンスはピアノ・トリオを好んでいたと聞きますしし、多くの名演を残しています。

実際にピアノが入らないジャズは物足りなさを感じる気もしますね。
僕もライブを聴きに行ったときにはピアノの音に集中してしまうこともあります。
手の動きを見ていても面白い。
こんなにも滑らかに良く動くもんだな、と感心することも忘れません。
男性のピアニストの大きなゴツゴツとした手で奏でられる音もギャップを感じて、感動すら覚えます。

ジャズ界には沢山の名ピアニストがいますね。
バンド・リーダーを務めるピアニストも多い。

ジャズを聴き始めの頃はジャズ=ピアノだと思っていたくらいです。

那覇市久茂地のジャズ・クラブ「Parker' Mood Jazz Club」のステージ。

那覇市久茂地のジャズ・クラブ「Parker’ Mood Jazz Club」のステージ。

僕はピアノの音色が入るととても落ち着きますし、ジャズらしさを感じることができます。
ピアノ・レスのバンドや演奏もあるようですが、何かが足りないと感じます。
例えるなら、ポークおにぎりに、卵焼が入っていないような感じでしょうか・・・

言い方はおかしいかもしれないけど、ピアノの音色は演奏に彩を与えてくれます。

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です
振り返ってみてもいいジャズを聴いてます。
リーダーがピアニストの演奏を中心に聴いてますし、リーダーがピアニストでない演奏もピアニストの存在感がある。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

エディ・ヒギンズ《Beautiful Love》

タイトルで選んで聴くジャズもある。
ピアニスト、エディ・ヒギンズの《Beautiful Love》が目についた。
恋はほとんどが美しいのだと思うけど、世の中色々ですからね。
エディ・ヒギンズの演奏はアグレッシブで情熱的な恋のようです。

ソニー・クラーク《Cool Struttin’》

昨日(3/17)、急に思い出したのがピアニスト、ソニー・クラークです。
なんでかというとソニーやクラークと言った名前がジャズメンに多くて二つを組み合わせた名前が思い浮かんだのです。
ソニー・クラークと言えば代表作《Cool Struttin’》があります。
アメリカではそんなに売れ行きが芳しくなかったのに日本のジャズ喫茶で頻繁に流れていて日本ではレコードがいいセールスを記録したそうですね。
演奏スタイルもさることながら、もしかしいたらハイヒールの女性の足元のアルバム・ジャケットが日本人に好かれたのかもしれないですね。

ビル・エヴァンス《My Foolish Heart》

事務所の窓を開けて雨音を聴きながらジャズを聴いています。
雨音とジャズってとてもマッチする感じがします。
しっとりとしたジャズがいい。
選曲したのはピアニスト、ビル・エヴァンスの《My Foolish Heart》です。
そういえば、先日たまたま観ていたTVドラマでも一瞬この曲が流れていました。
静かだけど印象的なフレーズなんですね。

マッコイ・タイナー《Star Eyes》

今月の初めに亡くなったピアニスト、マッコイ・タイナーの《Star Eyes》を聴きながらブログを書いていました。
弾むような感じと力強さも感じる演奏です。
ピアノ、ベースとドラムのトリオによる演奏はいいですね。

チェット・ベイカー《Everytime We Say Goodbye》

三連休の中日、自宅のダイニングでブログを書きながら聴いているのはトランぺッター、チェット・ベイカーの《Everytime We Say Goodbye》です。
曲のタイトルと言い、チェットの演奏と言い、寂し気なものです。
しかし、この感じがチェットなんですね。
土曜日のゆったりした朝を彩ってくれます。

マイルス・デイヴィス《It Never Entered My Mind》

バラードが聴きたくてトランぺッター、マイルス・デイヴィスの《It Never Entered My Mind》をBGMにブログを書いてます。
マイルスのミュートの効いたトランペットが心地いい。
マイルスはバラードを「厄介な演奏だ」と思っていたようです。
マイルスもかなり難しさを感じていたのでしょうね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催年月日:令和2年3月26日(木)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。
お申込みいただきました皆様、大変申し訳ございません。
次回開催は4月28日(火)の予定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大予防の観点から中止することもありますので、ご了承ください。(令和2年3月11日決定)

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください