僕は選挙の投票に行かない大人たちの意味がわかりません。

Pocket

今日は第101回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の沖縄県予選の決勝戦でした。
3連覇を目指す興南高校と沖縄尚学高校の組み合わせですが、強豪、名門、甲子園優勝経験高ということもあり、とても注目された決勝でしたが、沖縄尚学が8-7で興南を下し優勝!
沖縄尚学は5年ぶり8回目の夏の甲子園の切符をつかみました。
序盤の点の取り合いから延長13回までもつれる接戦の手に汗握る好ゲームでした。
所用があって外出していて車中で観戦していましたが、試合時間が約4時間におよぶ試合で、用事をなかなか済ませることができずに、少し困りました(笑)
でも、なかなか観れない試合で、歴史に残る沖縄予選の試合だったのではないでしょうか。
個人的には、長男坊の母校興南を応援していて、力投するエース宮城くんに甲子園に行ってもらいたかったので、試合が終わったときには脱力感でいっぱいでした。
しかし、試合は両校の選手が最後まであきらめない高校生らしい試合をみせてくれてとてもすがすがしかったですね。
「あきらめない」ことは本当に大事だと思います。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

夏の甲子園沖縄県予選 決勝 沖縄尚学vs.興南 結果

政治に諦めてはいけない

今日はもう一つ大きなイベントがありました。
参議院議員通常選挙。
高校野球の観戦が終わり、用事を済ませた後に那覇市役所の投票所で出かけてきました。

参議院選挙は関心が低いのか、恐ろしく投票率が低い。
今回の選挙も40%台半ばと予想されています。

参議院議員通常選挙 那覇市役所 投票所案内

僕からすると、なんで選挙に行かないの?と意味がわかりません。
もちろん、体調の悪い人や選挙にいけない深刻な状況の人もいるかもしれないけど、行ける人が行かないと言うのは、意味がわかりません。

幸い僕の周りには選挙に行かないことを公言する人はいませんが、行かない人の理由の中に、誰が議員になっても、政権を取っても何も変わらない、と諦めている方が多いことにびっくりしました。

「政治を諦める。」
僕には良くわかりません。
もちろん、そういう方は政治や世の中に不満なんかないんですよね?
選挙には僕は行くべきだと思う。
選挙に行かない理由が、100歩譲って、不満が何もなくて、今がとても良くて、何も問題ないのならいいかもしれない。
しかし、不満があるのに、選挙に行かない人がいるとすれば、いい大人が何をしているの?と思う。

選挙を通じて国民の代表である議員に国政を任せること、それが嫌なら自分が政治家になって不満に思っていることを変えていけばいい。

政治を諦めちゃいけないですよ。
諦めた時点で、日本はゲームセットになってしまう。

皆が、よりよい幸せな未来を願うのであれば、投票には行くべきだと僕は考えます。
選挙に行かないことを肯定化することはできないと思います。

ただ、政治家にもお願いしたいことはある。
公約に掲げたことを実現することは絶対に諦めないで欲しい。
その姿勢を忘れた瞬間に、政治家ではなくなるはずですから。
今回の選挙で当選した政治家の皆さん、よろしくお願いします。

今日の夏の甲子園沖縄県予選決勝で沖縄尚学と興南の試合を見ていて、最後まで諦めずに一心に白球を追う姿を観ていたら、政治を諦めているいい大人がかっこ悪く見えます。

政治を諦めてはいけない、と思います。

今日のJAZZ

日曜日の蒸し暑い夜にジャズを聴きながらブログを書いてますが、まとわり付く湿気を含んだ空気が不快です。
ジャズを聴き始めた頃にピアニスト、セロニアス・モンクの演奏を聴いたとき位に不快です。
ちょっと例えが失礼かもしれないけど、モンクの演奏を初めて聴いたときには「このスッキリしないピアニストは何なんだ?」と思いました。
でも、ジャズを聴き続け、モンクの演奏を色々聴いているとそれも耳に慣れてきた。
スッキリしないのは変わらないのだけど、なんとも個性的な演奏です。
今日はモンクの『Underground』を紹介します。
モンクのすっきりしない演奏がここに極まれり!と僕は感じてますが、聴き続けるとその素晴らしさに気付くかも。
また、このアルバムのジャケットは好きなんですよね。

【相続セミナー・説明会情報】

中学生でもわかるやさしい相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年7月30日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「7/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください