遺産分割事件の約76%が遺産価額5,000万円以下。大金持ちの家庭で事件は起きているわけではないのです。

Pocket

曇り空でなんともはっきりしない天気の沖縄県那覇市です。
スカッと晴れないかな?(笑)
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

財産が少しでもあれば遺言書は書くべきです

相続争いは金持ちの問題だと思っていませんか?
実はそれは間違いなのです。
家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割事件の約76%が遺産額5,000万円いかとなっており、なかには100万円ほどの遺産を巡って争っている事例もあるようです。

平成29年度遺産分割事件 遺産価格割合

5,000万円の遺産といえば自宅の不動産があり、預貯金が幾ばくかあればそれくらいの評価になると思います。
僕にとって見たら高額ですが、恐らく大金持ちの家庭であるということにはならないでしょう。
一般的な家庭だと思います。

では、一般の家庭がなぜ遺産を巡る争いを起こしてしまうのでしょうか?
僕なりに考えてみますと、相続人はお金に関して様々な事情を抱えている上に、相続人同士での感情的な問題があるからだと思います。

お金の問題は人の目を曇らせることもあります。
人は様々な事情でお金が必要です。
住宅ローンの返済、子供の教育費、遊行費、将来の貯蓄、お金に目がない人もいるでしょう。

また、人間関係においては家族だからこそ積年の恨みが相続の時に吹き出してしまうこともあるのです。

相続は、世の中の争いごとの2大要素である人間関係とお金が絡んできます。
ですから、一般の家庭でも争いは起きやすいのだと思います。

僕は相続争いを予防する方法として、遺言書を書くことをお勧めしています。
遺言書は故人の最終意思ですから、ご家族も尊重してくれるでしょう。

もちろん、遺言書が万能で完全だとはいいませんが、あるのとないのとでは違ってくると思います。
遺言書があれば、基本的にはその方向で相続することが話し合われるでしょう。

ただ、遺言書がないと全くゼロから話し合いをしないといけないために、家族と言えどもお金の話をするのは案外大変です。
皆が何を考えているのかわからず、探り合いになったり。
逆に自分の主張を強硬にする人がいたり。
全く話し合いの土俵に乗ってこない方もいたりします。

財産を築いた人、または財産をご先祖様から承継してきた方々には、相続のことも考える責任もあるのではないかと思います。

自分の築いた財産で家族が争うようなことがあってはならないですよね。
円満かつ円滑な相続のためにも、なにより大事なご家族のためにも遺言書を書いてくださいね。

今日のJAZZ

ジャズはバラードに限ると思って聴いていた時もありました。
実際、ジャズのバラードはとても心地よい。
今日はピアニストのレッド・ガーランドが演奏するジャズスタンダードとして定着している《Since I Fell for You》を紹介します。
ベースのポール・チェンバースとドラムスのアート・テイラーとのトリオによる演奏。
心にしみますね。

【相続セミナー・説明会情報】

誰でも取り組める終活と相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成31年1月30日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「1/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です