【秋の夜長に聴くジャズ6選】自宅で読書をしながらのBGMにジャズを選ぶなら参考にして下さい!

Pocket

海洋博公園 オキちゃんショー

今日は神奈川県茅ケ崎市に住む弟と姪っ子が帰省してまして、本部町の海洋博公園に遊びに行ってきました。
海洋博公園と言えば美ら海水族館とオキちゃんショーが有名かな。
僕もどちらも好きですが、姪っ子と次男坊がとても喜んでくれてよかった。
冒頭の写真はオキちゃんショーでの一枚ですが、雲の少ない青空が広がっていて、夏の空ではないですね。
空も高くなったような気がします。
沖縄は朝晩は涼しく、日中も木陰にいるととても過ごしやすい気持ちのいい季節です。
沖縄の秋なんでしょうね。
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

秋の夜長に聴くジャズ

日も暮れるのが早くなった沖縄で、夜が長い感じがします(実際長いですけどね)。
長くなった夜を過ごすのに時間を持て余していませんか?

僕は読書をする時間が増えたように思います。
読書をするときに欠かせないのがBGMで、もちろん僕の場合はジャズです。

この一週間の間に照会したジャズを振り返ってみると、秋の夜長に聴くいいジャズを選曲しているように思います。
ということで、毎週月曜日恒例の過去6日間に紹介したジャズを一挙に公開します。

秋の夜長を自宅で楽しむ方にお勧めのジャズです。
ちなみに《》内は曲名で、『』内はアルバム・レコード名です。

マイルス・デイヴィス『Relaxin’

僕が音楽を聴くのはリラックスしたいからだと思います。
身も心も癒されたいと感じているような気もします。
ジャズを聴いているととても落ち着くし、リラックスできる。
だからどこにいてもジャズを聴いてます。
そんな癒しのリラックスできるジャズにアルバム名もリラックスできるのがある。
トランペッターのマイルス・デイヴィスがプレステッジとの契約で最後に制作したマラソンセッション4部作の一つ『Relaxin’』。
その名の通り、リラックスできるジャズが聴ける。
ジョン・コルトレーンも参加しているマイルスの黄金のクインテットによる作品です。

マイルス・デイヴィス《My Funny Valentine

トランペッターで帝王と呼ばれたマイルス・デイヴィスは過去を振りかえらないことで有名でした。
今やっている音楽、未来に作り出したい音楽に集中していたようです。
ファンの中には昔の演奏も聴きたい人もいて、そんな声が聞こえてきたのかマイルスはこういいます。
「My Funny Valentine が聴きたいなら、俺の昔のレコードを聴いてくれ。」
なんともカッコいいですね(笑)
My Funny Valentine》はマイルスの名演の一つで、とても美しい演奏です。
ということで、僕も昔の《My Funny Valentine》の音源を聴いて楽しみたいと思います。
とても綺麗な演奏なので、皆さんにもご紹介しますね。
今の時代はCD、レコードだけでなくネットで往年のミュージシャンの演奏が聴けるんだからいい時代ですよ。

ビル・エヴァンス《My Prince Will Come

ジャズにはさまざまなジャンルの音楽をアレンジしてスタンダードになっているのもあります。
ディズニー映画の主題歌や挿入歌などもジャズアレンジされて多くのジャズメンに演奏されているのもあります。
ディズニー映画「白雪姫」の挿入歌《My Prince Will Come》(いつか王子様が)もその一つです。
大人から子供まで聞いたことのある曲ではないかと思いますが、ジャズアレンジされるとカッコよく演奏されます。
今日(10/4)はピアニストのビル・エヴァンスの《My Prince Will Come》を紹介します。
エヴァンス、スコット・ラファロ(ベース)とポール・モチアン(ドラムス)のトリオによる演奏です。

チャーリー・パーカー『Charlie Parker With Strings

僕が通う那覇市久茂地のジャズクラブ「Parker’s Mood Jazz Club」のオーナー城間巧介さんは店名からもわかる通りサックス奏者バードことチャーリー・パーカーをこよなく愛するギタリストです。
数年前に城間巧介さんにお勧めのアルバムを聞いたところ即答で帰ってきたのが『Charlie Parker With Strings』でした。
早速、アルバムを買って何度も聴いてますが、バードと管弦楽団とのハーモニーがあ凄く綺麗なアルバムです。
クラッシックとジャズの融合といった感じで、バードもゆったりとのびのびとサックスを奏でています。
バードが熱望して作成したアルバムと聞きますから、熱の入れようも違ったのでしょうね。

ビル・エヴァンス《Waltz for Debby

ピアニストのビル・エヴァンスといえば繊細で美しい演奏が印象的ですが、実は凄く力強さも感じるのです。
静かなだけでなく、激しさもあります。
今日(10/6)紹介するのはエヴァンスの代表作《Waltz for Debby》です。
最初のテーマこそ静かに入りますが、ソロパートなどはとても熱のこもった演奏が聴けます。
繊細な中にも力強さを感じます。
抑揚の効いた演奏は印象的ですね。
ちなみに《Waltz for Debby》はエヴァンスの姪っこデビィのために作曲した曲だそうです。

チャーリー・パーカー《Now’s The Time

サックス奏者バードことチャーリー・パーカーの閃きに満ちたアドリブの凄さは、誰もが認める唯一無二の存在です。
楽器の素人の僕が聴いていてもあのスピード感と切れ切れでまろやかな音色には圧倒されます。
今日(10/7)はバードの演奏でも評価の高い《Now’s The Time》を紹介します。
ピアノトリオをバックにバードのアルトサックスが気持ちよさそうに”歌って”います。

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年10月30日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「10/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です